2017年09月15日

今月最初の

またまたご来店いただきました
サイクルスポットからの被害者

本日は、チェーンカバーが駐輪場などで
内側に凹んでしまっただけで
チェーンの音がするというもので
後輪側から特殊な工具を突っ込んで
広げて20秒くらいで終わる作業だったのですが



チェーンを外して、何やらやっていた(何をしたのか不明)らしく
クランク(ペダル軸部)のカバーがちゃんと取り付けられず戻され
後輪ハブナットの締め付けが緩く
スタンドもズレたままお返しされて



結局なにも直ってない上に重くなったというご相談でした。
3000円だったそうです。

音が消えないのはチェーンケースが凹んだままだからです。
チェーンをどうこうしても関係ありません。
カバーがチェーンの通り道をふさいで
当たって音が鳴っていたのですから。

更にクランク部のパーツを閉じた後のネジが
なくしたのか解りませんが、めちゃくちゃ長いものになっており
ペダルを回すたびに、大ギヤに接触するという・・
ちょっと考えられない事をやらかしていました。
ファンタジスタですね!

重くなったのはギヤの調整が出来ていないからです。
そもそもナットが緩いので調整出来るわけないんです。
基本が出来ていませんね。0点です。

開けなくてもいい場所を開けた上に
元に戻せず半開き
やらなくてもいい作業を大げさにやって
3000円も頂けるなら、私もやりたいですね。笑

サイクルスポット武蔵小金井店
下手くそ具合に磨きがかかってきたようです。

ちなみに当店に持ち込んでいたら
上記の様に一瞬で修理が完了しますので
500円くらい頂ければ十分です。


自分で勝手にぐちゃぐちゃにして
直すのに時間がかかったから3000円とか
ボッタクリにもほどがありますね。
posted by シンワ店長 at 15:57| 修理

2017年09月11日

ブリヂストン社、パーツ値上げのお知らせ

ブリヂストンより、パーツの値上げのお知らせがありました。
9月と10月に、2度にわたって値上げが行われるようです。

一度目が9月14日より、二度目が10月12日より
価格が改訂される模様です。

パーツにより価格の変更率は違うようですが
全体として平均で13%ほど値上げする
との案内を受けております。

ユーザーの皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが
何卒、ご理解いただければと思います。
posted by シンワ店長 at 11:00| お知らせ

2017年08月28日

その後

前回の記事の続きです。

サイクルスポット武蔵小金井店で
壊されたパーツ
を交換しました。



アシスト用の内装三段変速強化ハブの
ベルクランクの一部が破損していました。



この部分ですね。

この半円の部分に、ギヤを調節する為に
ワイヤーの先端をひっかける必要があるのですが
ここを折られてしまった為に、外れてしまい
ギヤが機能しなくなっていました。



新しく交換したパーツです。
どのくらい欠落していたかがよく解りますね。

車輪を固定している周辺の他のパーツと比べ
この部分はプラスチックで比較的脆いのは事実ですが
外部的に何かが当たるとは考えづらい場所です。

車輪を外したりする際に強引に何かをひっかけたり
前回も書きましたが、外し方を知らない人間が
ドライバーなどを無理やりはめて外そうとすれば
おそらく、一番弱いこの部分が破損するのは予想できます。


その証拠に、ワイヤーの方のひっかける部分である
ナットの一部が削れていたわけですから。



これはもう、修理ではなく破壊です。

タイヤを外した際に「ギヤがおかしかったので直しておいた」
なんて言っているくらいですから
手を加えたことは100%間違いないわけです。

サイクルスポット武蔵小金井店の人間が手を加えると
大体このようにおかしくなっているのです。

タイヤ交換をすればブレーキが壊れ
チューブ交換をすれば車軸が歪み
タイヤを外せばギヤを破壊するわけです。


更にその修理を自分のミスだと認めず
万単位の法外な金額を請求するようなところです。

これは全部事実です。
嘘だた思う方は、記事を遡って見てください。

2016年の春以降、内部の人間が変わったという噂以降
特に今年の春以降、毎月の様に被害者が後を絶えません。

ヨーカドーの足元を見た強引なタイヤ交換や修理の下手くそさが
可愛く思えるほどです。

それには問題が一つ
多くのみなさんが理解できていない事があります。

チェーン店は自転車屋さんではありません。

サイクルスポットも
サイクルベースあさひも
ダイシャリンも
当然ヨーカドーもJマートも
その他もろもろ、量販店はすべて
自転車を商売の一つとして
ただ自転車で金儲けしようとしているだけ
たまたまそれが自転車だったというだけで
決して、「自転車屋さん」ではありません。

もちろん、私たち個人の自転車屋さんも
自転車を商売にしているだけかもしれませんが
私たちには仕事としてのプライドがあり
組み立てや修理をする際に必要な技術というものを
誇りに思っています。


それに引き換え、上記のような大型店は
まずそもそも学生アルバイトを雇ったり
全く知識のない人間でも売り場に投入し

技術は二の次、売ってナンボ

という商売をやっているだけですから
「壊れたものを直そう」という技術や
「より良くしよう」という
精神なんてものは最初からないのです。

それが解っていれば、こういう事態は避けられるのです。
ユーザーの見極めが出来なければ
今後も、被害者はどんどん増えるだけでしょう。
posted by シンワ店長 at 12:36| 修理

2017年08月20日

もうやめて

またまたまた(何回目?)です・・。
サイクルスポット武蔵小金井店壊されたお客さんです。

今回はチューブを交換するついでに
内装三段強化ハブを破壊されたようです。



ベルクランクの、ワイヤー先端のパーツをひっかける部分
爪が削れてしまい、引っ掛かりが甘くなってしまっていました。
写真ではちょっと解りにくいですが
もう少し長いんです。爪の部分が。

強化ハブの場合、旧4段変速と同じような構造になっており
そんな事は自転車を仕事にしていれば誰でも知っている事ですが
この取り外し方を知らずに無理した結果
プラスチックのパーツであるこの部分を破壊した
事は
容易に想像できる話ですね。



六角の一部だけが異常に削れていました。
”何か”をした痕跡です。

お客さんは預けた際に、そのような症状はなかったとのことで
引き取る際に「ギヤがおかしかったから直した」と言われたそうです。

しかし、乗ってみると前は何もなかったのに
突然空回りするような症状が出たそうです。
おかしいと思い、当店に持ち込んで頂いたわけですね。
チューブを変えた時、当店が休みであった為
仕方なくスポットへ向かったという事でしたが
このような酷い事をされるようなお店は
一日使えなくても我慢した方がいいですね。


チェーン店ではなくとも、同じ仕事をしている人間からすれば
どこで直してもある程度最低限は直してもらいたいものです。
まして、壊されるなんてありえない話です。
お金を払って壊してもらうって、
いったいどういう事でしょう。

ちなみに強化ハブの取扱説明書には
ワイヤーのセッティングをした後に一度変速させて
元に戻した時に、ずれがないかを確認する
という項目があります。
大抵の場合、一度外したりするとズレますが
何度か変えているうちに元の位置に戻る事もありますので
最初にずれていても調整せず直すことも可能です。

おそらくそういう事も全く知らず
最初にズレていたからいじった、
或いは、外す時に無茶をしておかしくして
更にそれを戻す方法も知らずに

一回確認しただけで直ったと思い込んで
ドヤ顔で「直しておきました」なんて言ったんでしょう。

素人すぎて笑えませんよ。

何度も書いていますが私は
サイクルスポットに潰れてほしい訳でもなく
私が凄腕だから当店に来てほしいとかいう訳でもなく
単純に、ちゃんと仕事しないと
修理に来る人が迷惑しているし、倍以上お金がかかって
被害者が続出している
という事を知ってほしいのです。

ただのヤブ医者ですよ。
修理に行ったことで、それ以上のお金がかかるんですから。
修理じゃなくて破壊です。

とんだ迷惑です。
posted by シンワ店長 at 15:56| 修理

2017年08月03日

多発しすぎる

8月になりましたが、7月中も二次修理が相次ぎました。
ここのところ何度も記事に書いていますが
やはりサイクルスポット武蔵小金井店
何かおかしな方向に向かっているようです。

月末には、とても理解不能な事がありました。

ご来店いただいたお客さんが
「ガタガタだから買い替えようと」とおっしゃるので
自転車を見てみると、結構綺麗に乗っていらっしゃるようで
ぱっと見た感じ「え?」というくらいでした。

そして実際見てみると、タイヤはまだ摩耗しておらず
車輪も歪みはなく、フォークが曲がってるわけでもなく
ペダルもしっかり動くし、カゴもハンドルも異常なし。

話を聞けば、サイクルスポットに持って行ったところ
「タイヤはもうだめだし、車輪もガタガタで
これはもう直すとお金がかかるから
買い替えた方がいい」


と言われたそうです。

お客さんは、音がするという事で持って行ったそうですが
その音の原因はチェーンのたるみによるもので
チェーン引きをすれば直ってしまうくらい
普通の調整で終わるもの
でした。
ちなみに500円です。

一体、どこをどう見て
タイヤがダメで、車輪がガタガタなのか
説明を願いたいと思うくらい意味不明

しかも、気けばその自転車は
サイクルスポットで購入していたもので
まだ2年しか乗っていないというじゃないですか!

どうりで、まだ新しい感じに見えたわけです。
十分まだ新しいじゃないですか!

理解不能すぎて呆れて言葉がでません。

自分のところで販売した自転車でも
どうでもいいと考えているんでしょう。
そこが量販店の特徴ですね。

販売した時の事なんて覚えていないでしょうし
人も変わってしまっていれば思い入れなどありません。
仮にお得意さんの相手でも誰だか解らないのでしょう。

そんなことより
来たお客さんからお金をいくらとれるか
買い替えさせて売り上げを上げるか

という事しか考えていなんでしょう。

別の、東小金井の方から来られたお客さんは
スポットがおかしいという記事を見て
はっと思い立ってわざわざ坂下の当店までいらっしゃいました。

点検をすると異常な場所が見つかり
その事を説明すると、なんと先日
その部分はサイクルスポットで直した場所だと解りました。


そんなにピンポイントで出るものかと私も驚きましたが
お客さんはわざわざ来てよかったと仰っていました。

当店でもこんなに来るわけですから
修理ミスはもっと多発していると
言えるでしょう。


本当に、被害者が出ない事を願うだけです。
posted by シンワ店長 at 15:05| 日記

2017年07月06日

Jコンセプト

パナソニックが提案する新たなシリーズ
Jコンセプトに、電動自転車が加わりました。

<Jコンセプト>特設サイト→こちら
<Jコンセプト>電動アシスト自転車→こちら


コンパクトな軽量電動アシストとしてリリースされた
今回のJコンセプト(名前ないんですかね?笑)。
手元スイッチの簡易化・文字の拡大などを含め
主にご年配向けのようなイメージとして紹介されていますが
バッテリー容量が12Ahでデザインもスタイリッシュの為
ご年配以外の層にもうけるのではないかと
個人的には思っています。
何よりやはり、とても軽いのが印象的ですね。



カラーは松葉(エバーグリーン)が一番人気だそうです。
渋くて格好いいですね!

サイクルショップシンワでも早速ご注文がありまして
ご購入いただいたのはご年配の方だったのですが
もともと折りたたみ自転車に乗っていたこともあり
違和感なく快適にお乗り頂けました。

ちょうどオプションパーツもセットでしたので
比較写真も載せておきたいと思います。



本当はスタンドも両足タイプでのご注文でしたが
メーカー欠品しているという事で
とりあえずこの状態で納車しました^^;
(ちなみに現在車体も含めかなり欠品しているそうです)

このようなコンパクトタイプの自転車で前にかごを付ける場合
フロントキャリアをオプションで取り付ける必要があり
その分重心やバランスが変わってくるので
個人的にも両足スタンドに変更することをお勧めします。


リアキャリアと専用バスケットを付けると
なかなかの容量になるので
意外と使い勝手はいいのかもしれませんね!
posted by シンワ店長 at 18:06| 日記

2017年07月03日

自転車屋さんの在り方

自転車屋さんとお医者さんは似ているところがあります。
お医者さんほど多くを学んでいませんし
お医者さんほど偉そうにはしませんが
命を預かるという部分でも共通点はありますね。

お医者さんに行くと、いろいろと聞かれると思います。
どんな症状ですか?
いつごろからですか?
などなど。

なぜこういう事を聞かれるのでしょう?

なんて、わざわざ言わなくとも、多くの方は解るはずです。
症状が解れば、対策が打てるからですね。
いつ頃から、どんな感じなのか
それが解らなければ薬も選べませんし
大きな病気かどうかの判断もできません。

では、自転車屋さんはどうでしょう?

いつ頃壊れましたか?
どのくらい前からおかしいですか?

お店の方は、ちゃんと聞かれているでしょうか?
少なくともサイクルショップシンワでは
この質問は必ずします。

私が他の仕事をしていて、この仕事に戻った時
自転車屋さんという業種はとても閉鎖的で
あまりこういう事を行っていないのが印象的だったのです。

お医者さんに行って
何も聞かれずに薬だけ出されて
安心してお金を払えるでしょうか?


私なら別の医者を探します。

自転車屋さんも、作業だけしてもらって
お金を払うだけというやり取りが
結構行われているのではないでしょうか?


物が壊れるというのは、必ず原因があります。
これは人間の体も同じです。
物と人間が違うのは、自己再生しない事です。
いずれにせよ、原因が解れば、対策ができます
ですから私は必ず、お客さんに尋ねるのです。

知ることはとても重要です。

いつからなのか
どんな状況なのか
どういう音なのか

それが解れば、早く修理を終わらすことも可能ですし
どうしてそうなったかを説明できます。

運が悪かったのか
扱いが悪かったのか
モノが悪かったのか

何が悪かったのかという事が解れば
次に壊れないようなアドバイスもできます。


これがあって、初めて
長く乗るという事につながると私は思っています。


しかし残念ながら、最近ブログでも書いていますが
ユーザーが解らないことを逆手にとって
見もせずに法外な金額を吹っ掛けたり
あろうことか、修理の際に自分でミスをしているのに
おかしいからと改めて持っていくと
多額の金額を請求されてしまうという
とんでもない事態が増えているのです。

こんなことをやっているようでは
自転車屋さんの未来はありません。

というか、こういう事をやっているのが
自転車屋さんではない
と、まず皆さんが理解することが大切です。

量販店は、自転車屋さんではありません。
ホームセンターは、自転車屋さんではありません。
ヨーカドーは、自転車屋さんではありません。
大型チェーン店は、自転車屋さんではありません。

これらのお店と、個人でしっかりやっているお店を
一緒くたに考えてしまう方が多い事がとても残念です。

大体、プロがやっていますとか
資格所有者がいますとか
そういう事が書いてあるようなお店ほど眉唾です。

プロがいるなんて当たり前じゃないですか?
あなたは、食事に出かけた時に

「当店は資格を持ったコックがいます」

なんて書いてあるのを見た事がありますか?
ありませんよね。そんなの当たり前だからです。
勿論、全員が持ってなくても営業は可能なのですが。

表示するという事は、それだけ
自信がない、信頼がないという表れではないでしょうか?

出来て当たり前なんです。


もうひとつ、お医者さんと似ている部分のお話をお伝えします。

例えば事故にあったりしたケースの場合
どんな状況で、何とぶつかって
どっち方向にぶつかって
どっちがわに倒れたかなど
出来るだけの情報はお聞きします。

こういう話は、当然ですが当事者でなければわかりません
先に書いたように、原因や状況が解らなければ
しっかり直すことができない場合もあります。

お母さんが一人でお医者さんに行って
「娘が熱を出してしまって」と言ったら
間違いなく「本人を連れてきてください」
と言われるでしょうね。

必ずとは言いませんが
事故に限らず、壊れた場合において
状況が解らない第三者がお店に来ると
二度手間になってしまう事も結構あります。


自転車屋さんも、本人が持ってくるのが一番なのです。
posted by シンワ店長 at 12:09| 日記

2017年06月25日

サイクルスポット武蔵小金井店がヤバすぎる

先日から、サイクルスポット武蔵小金井店
ボッタクリのような被害にあっている方のお話を
いくつか載せていますが
ここ数日、被害者が後を絶えません。

どう聞いても、やらなくてもいい修理を強要され
金額も通常考えられるより1.3〜1.5倍くらい高い金額で
更に他の部分もダメだと言われる
など
ちょっと考えられないようなことをやっているようです。

昨今、景気が悪く、客足が減って
どのお店も苦しいのは事実ですが
ユーザーが知らないことを逆手にとって
更に、困っていることを逆手にとって
ふっかけてぼったくるような商売は許せません!

このボッタクリサイクルスポット武蔵小金井店
去年の4月から中の人が一部変わったと聞いています。
副店長さんが変わったとか、そういった事で
それ以前はそこそこ普通のお店だった印象だったのですが
2016年の4月以降の対応がとても酷く
更に今年度に入ってその酷さが増しているように思えます。

修理は下手
値段は高い
いらないところまで交換させられ
挙句の果てに直っておらず
それどころか余計壊されて
それをもっていくと
更に高い金額を請求されるようです。

(※実際に3万ふっかけらっれた方の話は以前書きました)

例えば本日あった事例ですと
チェーンを交換したという話でしたが
チェーンはよほどのことがなければ換えません。
チェーンが外れただけだったら調整で済むのです。

もし換えなくてはいけなかったとして
その換えたチェーンがきちんと採寸されておらず
換えたばかりなのにたるんでいました。ありえません。
好感した場合、チェーンはやや短くなるはずなのに
チェーン調整をするパーツ(チェーン引き)も
最初から結構引っ張っているという状態。
つまり伸びた長さに合わせてチェーンを付け替えたという事です。
これでは全然意味がありません
以前より早くチェーンが伸びて
調整できないところに来てしまいます。

こんなの100%素人作業です。

しかも3500円くらいで出来るのに5000円も取られ
挙句、壊れていないライトまで壊れていると言われ
2000円程度で直るものなのに3000円かかると言われ
お客さんは納得いかないので断ったそうです。

こんな事が平然と行われているのは異常ではないでしょうか?
真面目に消費者センターに通報しようと思います。

これ以上被害者が出ない事を願うだけです。
posted by シンワ店長 at 12:12| 日記

2017年06月20日

ぼったくりが主流?

昨今、駅前のヨーカドーやサイクルスポットなどで
ちょっと耳を疑うような酷い対応をされている事が増えています。

本日も、パンクをしたという方が
駅の方からわざわざ修理に来ていただいた際に
サイクルスポットに持っていったら
さわりもせずに「もうこれはダメだ」と言われたらしく
「タイヤ交換で5000円、あるいはもう買い替えれば?」
と突き放されたそうです。


このお客さんは、いつも来られている常連の方で
緊急だったためにスポットに行ったそうですが
買い替えるならそんな訳のわからない店ではなく
当店でという事で、わざわざ暑い中
自転車を引っ張ってご来店いただきました。

しかし、どう見てもタイヤを交換するような状態ではなく
確かに空気の量が少なく乗られていたので
タイヤのサイドに傷は入っているものの
換えてまだ1年ちょっとしか経っていないため
パンク修理で十分対応できるものでした。

5000円どころか1000円で
10分足らずで直ってしまったのです。


冒頭で書いたように、先日もそうでしたが
量販店やチェーン店、ここではヨーカドー
サイクルスポットを挙げますが
お客さんが知らないことを逆手にとって
無理な金額を吹っ掛けたり
(実際、3万や5万という事例もありました)
換えなくてもいいのに交換させられたりと
やりたい放題されていることがとても気になります。


あまりにも酷く、詐欺まがいの事をしている為
消費者生活センターに
連絡した方がいいレベルかもしれません。


何ならいずれ私が通報します。

ユーザーの方々は
自転車を預けたり、修理に持って行った際には
必ずいくらまでの金額の範囲で直すかを伝えたり
実際にどうして交換になるのかという説明や
実物を見て本当に交換するべきだったか
ご自身で判断するような習慣
をつけた方がいいです。

以前も書きましたが、自転車業界というもの自体が
とても閉鎖的な文化ですので
丸投げ、言い値という印象が今でもとても強く
本当にぼったくりをやる個人店も実際にあります。

先日お客さんから、国分寺の方で
パンク修理で2900円取るお店があるという話も聞きました。
超ボッタクリですね。
できる事なら私もそのくらい頂きたいくらいです・・。

日本経済が沈み、景気が悪く、売り上げが落ちている昨今
量販店やチェーン店が売り上げを伸ばすために
強引な商法に走っている可能性
はとても高く
騙されないようにするためには
ユーザーも賢くなるべきだと私は思います。

サイクルショップシンワでは、修理前に説明をしますし
お預かりしたもので、途中で修理箇所が増えたりした場合
一度ご連絡を入れて確認をしたり
最悪、二度手間になってでも、お客さんが戻るまで
修理をいったん止めて相談するようにしております。


直そうと思えばいくらでも直せますが
それには料金が伴ってきますから
お客さんがそこまでかけるつもりでないものを勝手に直したら
大きな問題になるのは明白で
確認をするのは当たり前のことです。

このような当たり前のことをできなくなっているお店は
すぐに辞めていただくしかないのですが
こういうお店をなくすためにも
ユーザーの方々も目を厳しくもち
そういうお店を利用しないという選択をお勧めします。

毎週の様に被害者が訪れるこの状況
私はとても心が痛いです。
posted by シンワ店長 at 17:16| 日記

2017年06月18日

事故は減らせる

今月に入ってから、車輪の交換が相次いでいます。
オーバーホールや長年使った車軸の交換というのもありますが
大半が事故による交換です。

毎年こういった内容の記事を書いていますが
この時期、特に4月末頃から増えてくるのが
自転車の事故です。

新生活に慣れて、裏道を使ったり
ちょっと気が緩んで飛び出したり
そういった事が増える時期になるからですね。

中でもほとんどと言っていいのが
学生と衝突したというケース
です。

お客さんの話を聞いていると
曲がり角をブレーキをせず飛び出してきた
優先道路ではないのに飛び出て来た
など、出会い頭での事故がほとんど。

はっきり言ってしまえば
自転車の乗り方が一番酷いのは学生です。

これは、特定の層をターゲットして
悪い意味で言っているわけではありません。

若い故の無茶というものが多いかと思いますが
自転車のメンテナンスをしていても
学生の自転車というのは結構ガタガタになっており
力が有り余っているという事も含めると
やはり、どの方も、人生で最も激しく乗る時期が
学生時代ではないかと私は思っています。


しかし、学生が突っ込んでくるケースが最も多いという事は
逆に言えば、あなたのお子さんが
加害者になる可能性があるという事
です。

学生の事故が多い理由のもう一つは
ルールを知らないからという事があります。
しかしこれは学生に限った話ではありません。

大人でもルールを知らない人は沢山おり
自動車の免許を取っていない人間は
ほとんどの方が、ルールを理解できていない
と私は思っています。
ですから、学生が曲がり角を止まれない理由は
実はそういう部分にあると思っています。
(※勿論、止まれない大人もですよ!)

なぜ止まらないといけないのか
知らないんですね。

止まらなくても大丈夫だった事例が多すぎて
大丈夫だと勘違いして(というか考える事すらない)
普段から、かなり危険な運転をしているわけです。
しかし事故にあって初めて気づくのでは遅いのです。

ですから、ルールを知ることが
一番の事故防止策になるわけです。


自転車の乗り方は学校では教えてくれません
ご家族が教える、いわゆる家庭教育です。
合わせて、自転車を乗る時のルールも
ご家庭で教えるものではないでしょうか。

小学校で6年間の間にたった一回
自転車教室があったからって
その次の日から突然、お子さんが
ルールを全部理解して乗れると思いますか?


ありえない話です。

残念ながら日本の教育では学校教育として
交通ルールを学ぶことがほとんどないわけですから
少しずつでいいので、ご家族で普段からの会話などで
教えて覚えてもらうしかないわけです。

実際こういう事を怠ってきたツケが
今の日本の自転車問題に直結していると思います。

実際これを読んでいるあなた自身
どのような自転車教育を受けてきましたか?
ご家族でそういった事を話して教わりましたか?

あまり覚えがない方が大半だと思います。
そこが最も大きな問題なのです。

だからルールを守れない大人になってしまうわけです。
意識していない方がほとんどですが
その無意識=無関心という事です。

意識できなければ、興味がなければ
いいことも悪いことも全く気づけないままです。

意識が出来ていれば、右側通行することが
どれほど危険なのか知るでしょう

意識が出来ていれば曲がり角になぜ
止まれ表示がある方とない方があるのか
そしてなぜ街頭にミラーがあるのか
理解することができるでしょう


いきなり全部覚えろとは言いませんが
ほんの少しでも意識が出来れば
全く違う行動になるはずです。

そんなに難しいことではありません。
なぜなら自動車に乗る方は、それができているからです。
それを理解できていなければ免許は取れないからです。

知らなければ学べばいいのです。
ご家族などで普段から自転車のルールについて
今一度、再確認していただき
お子さんと、話しながら、考えながら
親も一緒に覚えていけばいいのです。


そうやって、少しでも
無駄な事故を減らせるような努力を
日頃より心がけていただきたく思います。
posted by シンワ店長 at 10:48| 日記