ブリヂストン製品のリコールのご案内詳細
 
コロナウイルスの影響による納期遅延について詳細


2020年06月05日

ビビ・L 入荷

本日は、パナソニックの電動アシスト自転車
ビビ・L が入荷いたしました。





先日納車させて頂きました、24・26インチで
共に店頭在庫カラーとしても同じ商品となります。

一部の商品は時間のかかるものがあるものの
メーカー在庫も多少安定してきているようで
入荷が早いのはとても助かりますね。

これから暑くなる時期になりますが
ここ数年は異常な熱波の影響でか
夏に電動自転車をご購入される方も増えており

コロナウイルスの影響もまだ続く為
メーカー在庫が安定する事は
多くの方の安心材料になるのではないでしょうか。
posted by シンワ店長 at 12:35| お知らせ

2020年06月02日

ピーク 納車

本日は丸石サイクルのホーム型自転車
ピークの納車がありました。



ピークは主に量販店向けのカタログ外自転車です。
低価格帯の自転車はさびなどが出やすい事もあり
「長く安心してお乗り頂く」という当店の理念外になるため
基本的には店頭在庫としての取り扱いはしておりません

取り扱い自体はしておりますので
ご要望があればご紹介しております

あまり高い自転車には手が出せないけれど
よく解らない物を買うよりはメーカーの物に乗りたい
という方にはお薦めの自転車かもしれません、
必要最低限は揃っております。

ローラーブレーキを採用しているので
いわゆる、後輪がキーキーいうような事はなく
雨の心配さえケアできれば長くお乗り頂けます。

よく「雨ざらしになるから安い自転車でいい」
という方がいますが、安いほどに気を使わないと
あっという間に錆びたり動かなくなる
ので
雨ざらしの方はそれなりの金額の自転車を
ご購入すると、気を遣わず長くお乗り頂けます


高い自転車が絶対的に良いという事はありませんが
気になるポイントが人によって違いますので
そこをケアする事で、どんな自転車でも
長くお乗りいただく事が出来ると私は考えております。
posted by シンワ店長 at 18:22| 日記

2020年05月31日

ビビ・L 納車

昨日は二台目のパナソニックの電動アシスト自転車
ビビ・Lの納車がありました。



ビビ・Lは軽量アルミフレームを採用し
車輪やキャリアなどもアルミを使う事で
24インチの車体では22.5kgと更に軽量となっております。

昨日の記事でも、その使い勝手から
とても人気がありオススメとご紹介しましたが
今回納車した24インチについては
特にご高齢の方や背の低い方にはお勧めです。


車体の軽さは操作性のしやすさに大きく影響します
何より24インチでは全体的なサイズが小さくなり
特に全長がコンパクトになった事で
小回りのききやすさもぐっと上がります

これはお買い物などで狭い場所で出し入れする際には
特に真価を発揮してくれることでしょう。

実は電動アシスト自転車の場合、センターモーターと
バッテリーの高さが決まっている為
サドルの最低地上高があまり下がらな
いという難点があります。

実際にビビ・Lの場合、26インチで最低適正身長が140cmに対し
24インチでも139cmと、たった1cmしか変わらない

どちらを選んでも、足つきに関しては殆ど差が無いと言えます

しかし、24インチの場合「小さい人が乗る」
という事を前提に設計されている

ハンドルまでの距離が26インチより狭くなり
体のサイズに合ったスケールになっております

※逆に適正身長以上の方が乗ると、かなり小さく感じるかもしれません。

また、ビビ・Lの場合、24インチの車体は
クランク(ペダルがついているアームのような部分)の長さが
若干短くできているのも特徴

身長が低い=足の長さも短くなるという事で
より、こぎやすく設計されております

なお、既にお伝えしておりますように
コロナウイルスの影響で、自転車のパーツ等も
国内に入ってきづらい状況になっており
自転車の生産なども送れる状況が相次いでおります。
店頭在庫以外の物は、納車までに
一か月以上かかるものもございますので予めご了承ください。


ビビ・Lに関しましては、現時点では
メーカー在庫は回復しているようです。

なお、昨日は立て続けに店頭在庫車が納車となった為
現在ビビ・Lの在庫が切れている状況です。
次回の店頭在庫の入荷は6月4日頃を予定しております。
posted by シンワ店長 at 10:45| 日記

2020年05月30日

ビビ・L 納車

本日は、パナソニックの電動アシスト自転車
ビビ・Lの納車がありました。



ビビ・Lは軽量アルミフレームを採用し
車輪やキャリアなどもアルミを使う事で
22.8kg(26インチ)という驚きの軽さを実現し
その使い勝手から、当店では圧倒的人気です。

DXに比べるとバッテリー容量は少ないものの
近所のお買い物に使う程度であれば
12Ah(最大78km走行可能)は十分な容量
お買い物時に自転車を含めた総重量も軽減される為
主婦の方には特にお薦めしております。


なお、既にお伝えしておりますように
コロナウイルスの影響で、自転車のパーツ等も
国内に入ってきづらい状況になっており
自転車の生産なども送れる状況が相次いでおります。
店頭在庫以外の物は、納車までに
一か月以上かかるものもございますので予めご了承ください。


ビビ・Lに関しましては、現時点では
メーカー在庫は回復しているようです。
posted by シンワ店長 at 18:23| 日記

2020年05月29日

ロマンス 納車

本日は、丸石サイクルの軽量ホーム車
ロマンスの納車がありました。



ロマンスはアルミフレーム採用で
車輪やハンドル等もアルミを使っており
軽量に特化したホーム(ママチャリ)型自転車です。

最近は電動自転車以外のご購入をご検討の方は
かなりの割合でロマンスをお選びいただく事が増えていますが
やはり車体の軽さは大きな魅力の一つとなっています。

ちみに今回のギヤなしの場合
3万円を大幅に下回るご予算でご購入頂けます。


なお、既にお伝えしておりますように
コロナウイルスの影響で、自転車のパーツ等も
国内に入ってきづらい状況になっており
自転車の生産なども送れる状況が相次いでおります。
店頭在庫以外の物は、納車までに
一か月以上かかるものもございますので予めご了承ください。
posted by シンワ店長 at 12:19| 日記

2020年05月28日

ティモ・S 入荷

パナソニックの電動アシスト自転車
ティモ・S が入荷しました。



ティモ・Sは主に通学シリーズとして
ラインナップされていますが
主婦の方にも大人気の自転車

そのスタイリッシュさが人気の秘訣です。

なお、既にお伝えしておりますように
コロナウイルスの影響で、自転車のパーツ等も
国内に入ってきづらい状況になっており
自転車の生産なども送れる状況が相次いでおります。
店頭在庫以外の物は、納車までに
一か月以上かかるものもございますので予めご了承ください。


現時点でティモ・Sのメーカー在庫はなく
どのカラーも次回入荷は未定となっております。
posted by シンワ店長 at 18:12| お知らせ

2020年05月25日

ロマンス 納車

昨日は丸石サイクルの軽量ホーム車
ロマンスの納車がありました。



ここの所よくご購入頂いておりますロマンスですが
やはり何と言ってもその軽さが魅力で
軽量アルミフレームで26インチギヤ付きでも18kgを切るので
対抗馬として登場したカルーサより軽く
価格は更にぐっと下がってくるという部分も
多くの方にお選び頂く大きなポイントになっています。

今回は24インチのギヤなしモデル。
ライトパープルは涼しげなカラーで
これからの時期にぴったりですね!

なお、既にお伝えしておりますように
コロナウイルスの影響で、自転車のパーツ等も
国内に入ってきづらい状況になっており
自転車の生産なども送れる状況が相次いでおります。
店頭在庫以外の物は、納車までに
一か月以上かかるものもございますので予めご了承ください。
posted by シンワ店長 at 11:09| 日記

2020年05月18日

TB1 納車

昨日はブリヂストンのクロスバイク
TB1 の納車がありました。



TB1はクロスバイクでありながら
ドロヨケ・後輪サークル錠を標準装備
前輪はオートライト仕様
日常遣いを意識した使い勝手の良いクロスバイクとなっており
後輪ブレーキもローラーブレーキを採用し
タイヤも一般車と同じものを採用
することで
ランニングコストも大幅に下げることが出来る
通勤や通学にお薦めの一台です。

なお、既にお伝えしておりますように
コロナウイルスの影響で、自転車のパーツ等も
国内に入ってきづらい状況になっており
自転車の生産なども送れる状況が相次いでおります。
店頭在庫以外の物は、納車までに
一か月以上かかるものもございますので予めご了承ください。


今回のTB1も、ご注文から一か月近くお待ち頂きましたが
本日時点では、メーカ在庫はかなり少ないようです。
posted by シンワ店長 at 12:28| 日記

2020年05月14日

失礼です

昨今、ネット販売やメルカリ等のオークションによる
購入パーツの持ち込み修理などが相次いでいます。

基本的に、持ち込み修理はお断りしております
この理由が分からない方は
常識的にちょっとヤバいかもしれません。

例えばスーパーで安売りしていたトマトを持って
イタリアンレストランに行って
「これで安く作ってくれ」と言う人はいるでしょうか?

そんな失礼な事を出来る人がいたら見てみたいです。
しかし自転車屋さんではそんな失礼な人が沢山みえます。

ネットやオークションで買う理由は簡単で
単純に安いからです。

しかし、何故安いのか考えた事があるでしょうか。
自分で組み立てなければならない
自分で取り付けなければならない

だから安いのです。つまり工賃が無い

では、工賃が無いから
工賃を払ってお店でつけてもらおうと考える訳です。
「ワンチャン安く上がるんじゃないか」
というスケベ根性が丸見えですね。

しかし、お店でも同じものを取り扱いし
同じものを販売している
としたら
その持ちこみ品は、お店にとって嫌がらせでしかなく
大変失礼な行為とみなされます。

たまにホームセンターのDIYコーナーで買ってきた
タイヤを取り付けてくれと言う人がいますが
DIYの意味を100万回調べた方が良いです。

例えば当店であれば原価からの利益分だけを乗せた価格に
工賃を足したものが修理代金
ですが
通常売価で手に入れたものに工賃を足したら
お店でやってもらうより高くなります。本末転倒です。

あっちのほうが安く買える
こっちのほうが安く取り付けられる。

貴方の都合が丸見えです。

当店ではもしそういうケースがあった場合
丁重にお断りしておりますが
少なくとも私ならば、「残念な人」
という印象が植え付けられてしまいます。

仮にどんなに常連のお客さんだったとしても
それまでしてきた様なサービスは見込めないと思ってください。

あまり気づいていない方が多いのですが
商売というのは信用で成り立っておりますので
当然ながらお客さん自信がお店に対して信用おける人なのか
という部分も普段から見られている
わけです。

お客様が神様だと思ったら大間違いです。

例えばパーツの注文をしたのに、その後の連絡もなく
支払いもせず、一か月以上たっても
全く取りにも来ない方がたまにいますが
そういう方は完全に信用を失います。

どの店に行っても、お店に対する失礼な行為は
”そういう人”というレッテルを貼られます


日本人は、感情を言葉にしない民族と言われますが
特に相手に対するネガティブな評価ほど、直接は言いません。

貴方が気づかないうちに、恥をかき
客としての信用を無くすのです。


私たちは商売をしています。
商売をして生活しています。

お客さんの利だけの為に
失礼な仕事をニコニコ受け入れる事はありません。
posted by シンワ店長 at 11:52| 日記

2020年05月11日

パーツから感じる人間の劣化

修理をやっていると、たまに凄く古いパーツを見る事がありますが
個人的に古いものが好きなのでとてもワクワクします。

そこまで古くなくても、ひと世代前のパーツを見て
今との違いを発見することも楽しみの一つだったりします。

今日ご紹介するのは内装3段変速レバー



現行の内装3段レバーが、かなりの遍歴がある為
これを”ひと世代前”と言っていいのか分りませんが
システムとしてはひと世代前のパーツになります。

何が変わったかと言うと、このパーツではなく
写真にない部分の、ギヤ本体が180度反対で
ベルクランクがスタンド側についているタイプで
レバーの操作も1〜3の上下が今と逆になっています

もう20年くらい前に切り替わったパーツです。

勿論この自転車は25年前の物ですし
当然ながら現役です。


しかしこのパーツを見ると毎度思うのが
昔のパーツはしっかりしていたという事です。

私の思う”しっかりしている”とは
パーツ自体のつくり(頑丈さ)もそうなのですが
それ以上に重要視しているのが、パーツ自体の扱いやすさで
主に修理のしやすさという点が大きいです。




このように、中央のレバーの軸となるパーツが
そのままネジ穴となっており
カバーを表から支え、取り外しできる機能になっている
ワイヤー交換が簡単に行える
わけですね。いたってシンプル。



そんなの当たり前のように思えるかもしれません。
でも最近のシマノのパーツは
ことごとくパーツ交換をしづらい設計
になっています。


例えば現行のこのパーツですと、ワイヤーを外すために
一度レバー自体をずらしたり、取り外さないといけません

何故なら、カバーを取り外すネジが、裏にあり
ハンドルに隠れてしまっている為です。手間がかかりますね。


ちなみに無理にプラスチックパーツを広げて
強引にワイヤーを交換しようとすると
当然ですが破損の恐れもありますし
勿論パーツ自体も昔より脆いので曲がったりします

しかしそれもまだ良い方で、ブレーキレバーを緩めたり
酷い場合はグリップを抜かなくてはいけなくなる
なんていうものもあり(大変不評で無くなりました)
作った人間の思考回路を疑う程です。

因みに作業が大変になればそれだけ工賃もかかります。
もう一つ言えば、これは毎度毎度言いますが
パーツ数が増えれば
壊れる可能性も増えます。


修理というのは、取り外す事を前提としているわけですから
それがやりづらい設計になる商品は設計不良
ハッキリ言って駄作
だと思っています。

構造を分かっていない人間が設計しているんでしょうね。
修理をやった事が無い人たちが開発してるんでしょうね。

最近はそういうものがとても増えたように思えます。



”品質”という面だけで見れば
大量生産・大量消費時代に合わせて
この写真の様に金属でできていた部分が
(金属ならばこのように、多少曲がっても戻せます)
現在ではプラスチックに変わってしまうなど
脆弱な素材を使い、壊れやすく作られる事が
当たり前の時代になってしまいました

これは単純にパーツの劣化と言えるものの
修理が出来ないような設計になるという事は
人間自体の劣化
なのではないかと思ってしまいます。

いま私たちは、昔よりも品質の悪いものを
昔より高い金額で買わされている
のです。
そして使い捨てた先に残されるのは、大量の廃棄物
果たしてこれは、本当に豊かになったと言えるでしょうか?

勿論、古いものが絶対的に良いというわけではなく
今の方がよくなったものも沢山ありますが、
「より良いものを作ろう」と
先人たちが日夜励んで積み上げてきたものが
利益重視という社会の風潮により壊され
忘れられていく
事は、私はとても残念に思います。
posted by シンワ店長 at 18:11| 日記