2016年03月04日

またですよ〜

先日、点検を全然しなかった自転車で
チェーンがきしんでいるのに乗り続けた結果
悲惨な状態になったチェーンをご紹介しましたが
またまた同じ症状の方がみえました。



先日の記事の自転車は、3月購入で2月修理。
今回は去年の3月3日にご購入で丸一年ですね。
早すぎますよ。

ちなみにこの二人の間にもう一人
やっぱり4月にご購入で一度も点検をしていなかった方が
かなり似た症状で持って来られました。

チェーンの交換はしませんでしたが
空気を入れないで乗り回したために
タイヤが致命傷で、たぶん長く持たないでしょう。

そして後輪のスタンド側のネジがゆるゆるになっており
おそらく後輪のハブにダメージを受けている為
後に大きな修理が早く来てしまう可能性があります。

正直いいますと、がっかりです。

チェーン交換なんて一般車では殆どありません。
一番ありえるケースでも
チェーン調整をしないまま伸びたまま乗って
外れたりした際に(つまりこの時点で回避可能)
運悪く引っかかってねじ切ってしまって
それをそのまま捨ててしまったりした場合のみ

仕方なく交換という事はありますが
相当な条件が整わないとありえませんね。

なので、そういうわけでもなく
一年で交換なんて
本当にありえない事で残念です。


いつもここで書いていますが
安い自転車でも高い自転車でも
使い方が悪ければすぐに壊れます。


今回の3台はいずれも定価で37,000円以上の
ミドルクラスの自転車でした。

三人ともほぼ点検をせず
二人は空気もろくに入れず乗り回し
そのうち一人はタイヤ交換になっています。


自転車を壊すのはたいてい、お客さん自身です。
壊れたのではなく、壊したというケースの方が多いのです。


原因は自分にあると気づいて欲しいものです。
posted by シンワ店長 at 11:11| 修理