2016年04月27日

連休中の営業について

5月1日(日)〜5日(木)は休業となります。
予めご了承ください。
posted by シンワ店長 at 00:00| お知らせ

2016年04月26日

サイテー

相変らず自己中心的で身勝手な人が多くて困ります。

「変な音がする」

と来店された方の自転車を拝見した所
後輪ハブ軸から異音が出ており
内部のベアリングが崩壊寸前。


加えてペダルの軸であるクランクも
ガタガタに歪んでいました。


1万円くらいの安い自転車だったので
「もうこれはやめたほうがいい」と奨めました。
直すにもお金がかかりすぎるし
そもそもまともに直るかどうかも解らない。

聞けば僅か4年しか乗っていないそうで
よくもまあ、たった4年でここまで壊したなと
逆に感心してしまうくらいでした。



さてこの方。

「じゃあ、新しいの買う事にしますが
このまましばらく乗ってても大丈夫ですよね」


と、意味不明なことを言い始めました。


またこのパターンですか。
いい加減疲れますね。

・・例えばですよ

貴方が体の調子が悪く
自ら病院へ赴き、医者が診断した結果
「無理してはいけません安静にしていてください」
と言われたのも関わらず

走って帰るバカはどこにいるでしょう?

そもそも自分で異変に気づいておきながら
専門家の所に持ってきておいて
そのプロが言うことを全く無視して

「乗っても大丈夫ですよね」

なんて言葉が出てくるのは理解不能です。

大丈夫なわけねーだろバカヤロウが!呆

何しにお店に来たんでしょうこの人は。
そして日本語が通じないんでしょうか?

「いや・・でもちょっとだけなら」
「ちょっと、遠いんで」

私には関係ありませんそんな事。

距離が遠ければ?
ちょっとだけなら?
車検を通らないようなクルマを
壊れるまで乗り回していいんですか?


クルマの例えを出すと我が物顔で
「車と自転車は違う!」なんていう人がいますが
ではそういう方に質問です。

貴方がクルマに撥ねられて重症になったとします。
貴方が自転車に撥ねられて重症になったとします。
それも整備不良でかなり危険な状態で乗り回していたもので。

自転車なら許せるんですか?

そんなバカな話はありません。
非常識すぎる愚考です。
子供でもわかります。

こういう人間が事故を起こすんですが
そういう人間が事故を起こした時
間違いなく人のせいにしたり責任逃れをします。

もう、最低ですね。
あえて書くなら、サイテー。

正しく自転車に乗っている方にどれ程迷惑がかかるのか
そんな事すらどうでもいいんでしょう。

自分だけ勝手にどこかに激突して
事故にあって一人で死ぬぶんにはいいですよ。
それだって誰かしらに迷惑がかかるわけです。

考えてみてください、自分の家の壁に激突して
人が死んだら、良い思いをする人間はいません。

死んでから後悔したって遅いですし
死なれて困る人だって沢山出てきます。

そういうことが解らない人間は
自転車に乗るのはやめて下さい。

迷惑だから。
posted by シンワ店長 at 15:02| 日記

2016年04月22日

締めればいいってもんじゃない

本日はこちらです



前輪のタイヤ交換をしようとしたら
ハブナットが外れづらく
また、外した所、シャフトが曲がっていました。

これは初歩的なミスで
ハブナットを固定する時の締め付けが
基準以上に強すぎることで起こります。


私がこの仕事を最初に教わった時
トルクレンチをしばらく使っていました。
トルクレンチは、締め付けトルクを制御できるもので
不慣れな人間ならばこれほど心強いものはありません。


まずトルクレンチを使って
締め付けの度合いを体に覚えさせるというのは
基礎中の基礎といったところでしょうか。

勿論、プロとして作業を行う中でも
間違いなくしっかりとした締め付けをするために
今でもよく使うものです。
特に点検の時には必須アイテムではないでしょうか。

締め付けすぎることでシャフトが曲がり
更に注油もせずナットを締めたことで
ダブルパンチで外しづらい状況でした。

勿論初めてのタイヤ交換ですから
組み立てた人間の失態といえます。

ネジはなんでもかんでも
締めればいいってもんじゃないんです。

締め付け強度の大切さは
資格を持っていれば嫌でも知っている事です。
posted by シンワ店長 at 11:48| 修理

2016年04月19日

カラーズ入荷!

パナソニックのお洒落自転車
カラーズ・ツインロック
特別価格で緊急入荷致しました!



カラーは今年登場のイエロー
サイズは26インチ
内装3段変速、オートライト仕様
3年盗難保証もついております。

この自転車は今年初めに入荷しましたが
店内でもとても目を引くお洒落な自転車で
あっという間に売れてしまいました。

本来、税別定価で49,000円という高価な自転車です。
なかなか手の届かない自転車なのですが
今回も大特価でご提供いたします!
勿論一台のみの早い者勝ちです。


なお、価格につきましては
電話などでのお問い合わせは受けておりません。
店頭でのみお答え致します。
posted by シンワ店長 at 00:00| セール情報

2016年04月17日

スマートコントロールブレーキの欠陥について

今日のお題はこちら

s160417a.JPG

スマートコントロールブレーキです。

以前から何度か書いていますが
この時期、意図せず・・というか、知らないまま
このブレーキがついた自転車を手にしてしまった方が
沢山いると思われますので
このブレーキの欠陥や危険性について書きたいと思います。

<過去の記事>
BS製品のスマートコントロールブレーキについて
スマートコントロールブレーキは欠陥品

さてこのスマートという名を冠した
大馬鹿ノーコントロールブレーキですが



カバーをつけた状態で裏から見るとこんな感じ。
でも解りづらいのでカバーを外した正面を見てみます。
(じゃあ何の為に見せたというツッコミはなしで。笑)



このような形になっています。
この写真ではワイヤーなどは取り付けてありませんが
ギミックとしては、ブレーキレバーを握ると
ワイヤーが引っ張られて
真ん中の口のように開いた部分が
お互いに引き寄せられる形になります。



こういう感じですね。
閉じることで、両サイドの黒いバーの部分の
中心からの距離が遠ざかりますので
結果的にゴムのついた下部が閉じて
ブレーキがかかるという仕組み
です。

かなり面倒くさい仕組みということは
これだけでも解ると思います。




これは横からみたものですが
中心にガイドになる棒があり
表のスライドするパーツの裏にある
ナイロンを使った支えの部分が
そこを通ることで、まっすぐに動くようにしてある

つもりのようです。

まず、ガイドの棒ですが
ナイロンパーツをスライドさせるのは悪くないです。
しかし自転車のブレーキを理解している人間なら
この構造が欠陥だとすぐに解ります


なぜなら、前輪ブレーキはフレーム側に設置しますので
ブレーキをかける際に毎回引っ張られる力が加わり
その力で歪んでいくのが普通です。

通常の一点留めのキャリパーブレーキや
Wピボット式でも、長く使っていくとズレが起きて
増し締めなどの必要が出てくるものです。

つまり、フレーム側で一点留めしてあるこのブレーキも
下部のブレーキゴム側がブレーキの度に引っ張られれば
下側のスライドパーツに浮きが出来ますから
ガイド通りにスライドしなくなる可能性は
十分考えうることですね。


更に上部が押し付けられて、ガイドの棒ですら
曲がっていくことは普通に考えたらわかります。

技術者なら常識ですよ?
というか力学が解れば誰でも理解できますから
こんな構造自体がそもそも欠陥と解ります。
メーカーはそんな事も解らないんですね。


そしてもう一つの欠陥としては
スライドさせるナイロンパーツとの間に
ホコリなどが溜まって、よく、動きが鈍くなります。
そこに「まめに注油してください」と言ってますが
(※ユーザーに責任丸投げですよねーこれ)
油を塗ればそれだけホコリは溜まり易くなり
結果的にやっぱり動きがおかしくなります。


そして先に書いたことと同様に
ガイドがあるくせに、実際にはこれが外れたり

してしまい、正常に作動しなくなります。

もう一度見てみます



左右に、かしめてある丸いものが
動く部分になりますが、6箇所もあります。

つまり通常の一点留めで動かすキャリパーブレーキや
Wピボット式ブレーキに比べると
単純に3〜6倍壊れやすいということです。

いつも私が書いておりますように
パーツが多ければ多いほど壊れる可能性はあがるのです。
シンプルイズベストが全てに当てはまるとは言いませんが
このパーツには堂々と突きつけたい言葉ですね。

これらは連動式ですので一箇所でも鈍くなると



この正常な状態のように
綺麗なひし形状に閉じることが出来なくなり
片側によってしまって、たいていは
平行四辺形のようないびつな形になったりします。

勿論ブレーキは正常にかかかりません。
かかっても力は弱く、まともに走行できる状態とは言えません。

みんなそうやって、修理に来るわけですから
どれ程多いかは想像できると思います。

この6箇所動く構造のせいで不具合が多くなり
更には無駄にガイドもつけなくてはならず
元々不安定なパーツを補うはずが
さらに不具合を引き起こす
という
本末転倒なおバカ構造なんですね。

パーツも無駄に巨大化していますし
そもそもなんでこの形にしたいのかが謎です。失笑
普通のブレーキでも十分なはずな事は
他のメーカーを見れば明らかな事ですから。



そしてもう一つ、最大の欠陥がカバーです。

もう一度正常な状態を見ます。



カバーをつけます。



解りますかね?
カバーが、閉じるのを邪魔しています。
完全に挟まっています
ね。

これが何を意味するか。

ブレーキをかけると、ゴムが減ります。
ゴムが減るとワイヤーを引っ張る距離が変わるので
(握りが甘くなるのはそのせいです)
ワイヤーを引っ張って調節する必要があります。


ここまでは普通の自転車のブレーキと同じです。
しかしワイヤーの張りを強くするということは
このブレーキの場合



このように開放状態で距離が空いていたものを



この閉じた状態ように(勿論いきなりではなく徐々に)
距離をつめていくという
調整が必要である
ということです。

そして、そこにカバーがあることで
閉じることが出来なくなります。

ブレーキレバーの握りはしっかり硬いのに
ブレーキゴムが車輪に届かず
ブレーキが全く利かない
、という状況が生まれます。

なんという欠陥品!

ブリヂストンの開発者には
バカな人しかいないんですか?


これだけの欠陥が実際に起きていて
何度いじっても直らないのに
リコールするどころか
「改良型が出ました!(キリッ」と
全然関係ない場所(カバーとか)を
リニューアルさせる
という
予想の斜め上を超える愚かさ。

脱帽ですね。
ここまで頭が悪いのは逆に凄いです。

自らの欠陥を放置して
一枚ぺら紙を入れて「メンテナンスしてください」で
責任をユーザーや販売店に丸投げ。

考えてみてください。
ものすごい頻度で調整が必要な自転車と
普通の頻度で乗れる自転車
どっちに乗りたいですか?
どっちを売りたいと思いますか?


子供でも解る話ですよね?

そして説明書の最後に書いてある事にも衝撃を受けます。

「ブレーキシュー(ゴム)が磨耗して
溝の残りが1mmになっていたら
ブレーキシューを交換してください」

構造的欠陥のせいで
ブレーキシューが届かなくなるので
1mmまで使えないんですが(゚Д゚)


ギャグですよね?
もはやギャグなんですよね?

冗談で作っちゃったんですよね?
フランク三浦みたいな感じでいいんですよね?
縮れ毛が入ってるみたいな感じで捉えていいんすよね?


いいわけないだろボケが!


一番安全性に関わる所で
ギャグやってる場合じゃないですよ。
まして、子乗せ自転車に搭載されてるわけで
最も安全性を考えなくてはいけない
のに
本当にブリヂストンの開発者は
頭がおかしいとしか思えません。


いい加減胡坐をかくのを辞めないと大変なことになりますよ。

今までメーカー自身が隠したり見ないふりしたり
こっそりサイレント修正してきた
アンジェリーノアシスタの初期のスタンドの構造欠陥とか
ハイディーの劣悪タイヤ、折れるシートポスト、
現行でも使われてる手元ロックの脆弱性なんていう
そんな甘いレベルの話じゃないですよ?

ブレーキは一発で命を奪うことになりますから!

お店の意見をいい加減聞いてください。
セールスの話をちゃんと上に通してください。
セールスの方は、あなた達の無能さを
みんな解って失笑してますよ?
(少なくともウチに来る方々はまともです)

無能な自分達の作った駄作に
惚れて夢見るのは
いい加減やめて下さい。


それとも何ですか?
私がレポートをまとめて
しかるべき所に提出した方がいいですかね?

それは困ると思いますので
早くこの欠陥品をリコールして
他社のまともなブレーキを使ってください。

切実なお願いです。

これがある限り、私は恐ろしくて
ブリヂストンの電動自転車は販売できません。
(勿論一部の一般車も)


ちなみにブリヂストンとヤマハは
電動自転車部門でお互い提携しており
基本的に同じものを作っていますので
ヤマハの製品でもこのブレーキがついているものがあります。
製品を選ぶポイントにして頂ければと思います。
posted by シンワ店長 at 09:00| 日記

2016年04月16日

謎のいかり肩

組み立てや修理が下手くそなお店が多いと
ブログのネタに困りません。

さて本日はこちらの自転車です。



タイヤ交換で来られたのですが
来店された瞬間から「ん?」と思って
気になって仕方ないのがハンドルの角度


【凄い、いかり肩】

よく解らない方もいると思いますが
グリップの位置(角度)が斜め上に向かっていますね。
これはサドルに座って手を伸ばした時
同様に小指側が上に向かう形で握ることになります。
ハンドルの中心からV字になると言えば解りやすいですかね。

本来は車体から出ているハンド(ポスト縦の棒)に対して
グリップは90度くらいが通常の位置となります。
組み立ての時には大体その辺りにあわせるのが常識

つまり、とても乗りづらい

と言うわけで修正します。



とりあえずハンドルバーを回転させました。
全然違いますね。
どのくらい回したかはブレーキレバーを見てください。



もの凄く上に向いてしまいました^^;
こんなんじゃ運転できませんので
ブレーキレバーとシフトレバーも
正しい位置に修正します。



どうでしょう



これなら普通に握れますね。

ハンドルバーは基本、メーカーの自転車でも
一般車で7分組の場合は取り付けられて来ますが
稀にハンドルが、今回のように
変な位置についていたりする事はあります。

ただ、それを修正できるのが個人店の技術であり
このようなものを、そのままお客さんに渡すのは
素人としか思えない、ホームセンターや
あさひなどの大型チェーン店の
アルバイトレベルの愚行です。


でもこれ残念ながら個人店なんですよね・・

昨日の話といい、どうなってるんですかね一体。
同じ小金井の自転車店として、恥ずかしく思います。

ちなみに補足ですが
ごくごく稀に、ハンドルの位置をわざと
今回のように上に向けるケースはあります。
本当に稀な話ですが。

どういう時かと言うと、かなり背の高い方の場合が多いです。
27インチでも車幅が短くなってしまう為
「背の高い方=座高も高く腕も長い」ので
やや上向きにして膝からハンドルの距離を空けたりします。


ちなみに今回の自転車は、写真を見て頂くと解りますが
サドルは一番下(車体は27インチです)。
つまりこの高さで乗る方が
最初のような位置にハンドルがあると
かなり乗りづらいのは明白ですね。
お客さんが要望して変えたとはとても思えません。

さらに言えば、サドルが一番下なのに
ハンドルポストは結構出ているので
サイズあわせを全くしないで
お客さんに丸投げした可能性は高い
です。

自転車店が出来ることって、調整だったり
細かい部分の知識を提供することだと私は思います。

ただ売るだけなら量販店と同じだし
お店をやる意味が全くありませんよね。
価格競争で勝てるわけ無いんですから。

なんか乗りやすいよね

それは、お客さんの体に合わせて
こういう細かい部分の調整が出来て
初めて出る言葉
だと私は思っています。

逆にそれができていなければ
メーカのハイグレード車だったとしても

高かったのに、なんか乗りにくいよね

と言われてしまいます。

私は同じものを売るなら
最高に乗りやすくしてお渡ししたい。

見えないところや細部までこだわる。
それが本当のプロではないでしょうか。
posted by シンワ店長 at 13:23| 修理

2016年04月15日

面倒でも仕事です

数年前から定期的に来ていただいているお客様の自転車が
前回の点検の時に、フォークに異常が見られました。

国内メーカーの自転車なのですが
特殊なパーツを使っている上に
当店で取り扱いの無いメーカーだった為
パーツを取り寄せることが出来ませんでした。

そこで、購入した店舗が近所でしたので
一度相談して頂く事をお奨めして
その時は点検をして、お返ししました。

そして今回受けた相談が・・・

購入したお店、ハッキリ書きますが
サイクルスポット武蔵小金井店です。

「直せる保障がない」

ときっぱり断られたそうです。

いったいどういうことですか?
フロントフォークの交換すら出来ないんですか?
何の為に自転車屋さんやってるんですか?


フォーク交換なんて、確かに手間はかかりますが
普通によくある修理ですよ。
それを「直せる保障が無い」なんて

「私は腕が無いので自信が無いです」

と言っているのと同じです。
よく恥ずかしくないですね。
呆れてものも言えない。

挙句、新しい自転車を奨められたとか。

お客さんは、当時、それなりの金額を払って
しっかりした国内メーカーの自転車に乗り換えたそうですよ。

おたくのお店で。

だけどメンテナンス等に不安があるからと
当店にずっと来てもらっています。
それなりの金額のしっかりした自転車です。
まだまだ、この先もしっかりメンテナンスすれば
10年位は平気で乗れるような良い自転車です。

それを

たかだかフォークが曲がっただけで
サイクルスポット武蔵小金井店は
廃車にして新車を奨めるんですね。


お客さんが言えないなら
私が代わって言いますよ。

いい加減にしろよオイ!怒


これがチェーン店の実態ですよ。

売るときだけご機嫌で、あとは知りません?
直せません?
新しいのどうですか?

ふざけんじゃないよ。

そんな腕の無い阿呆がやっているお店で売る自転車が
まともに出来上がっていると思いますか?

自転車屋ってのは、売るだけじゃないんですよ。
売る前の調整や、買って頂いた時の調整
そしてその後の調整、アフターケアが一番大事です。
だから他の仕事と比べると、凄く特殊な仕事です。

面倒くさかったらやめて下さい。迷惑だから。


ちなみにその後、市内のある個人のお店で
メーカー取り扱いのある場所に相談に行ったそうですが
曲がっていることを認識した上で面倒くさそうに
「このくらいなら大丈夫ですよ」と
半ば門前払いされたそうです。


・・こちらも呆れてものも言えない。

一体どうなってるの?
この小金井に、まともな自転車屋さんは無いんですか?

チェーン店ならまだしも(だめだけど)
曲がっていることを認識したにも関わらず
大丈夫ですよなんて、本当に整備士の資格取ったんですかね?
ちょっと怠慢すぎませんか?

それでもし何かあったら、お客さんの方が
整備不良で被害をこうむる可能性だってあるんですよ。
「大丈夫です」なんて軽い気持ちで、責任取れるんですか?

お客さんは困って来店したんじゃないんですか?
それを出来る腕があるから看板掲げてるんじゃないんですか?
何の為に資格を取って仕事してるんですか?


せっかく取り扱いがあって救えるものなのに
それではチェーン店と同じレベルです。
むしろ「出来ません」という方が潔いと思えるほど。

面倒でもね、仕事なんですよ。
むしろ、それが仕事ってものですよ。
面倒じゃない仕事なんて殆どありません。

少なくとも私は、可能性があるならば
最後まで絶対諦めたりはしません。
posted by シンワ店長 at 13:45| 日記

2016年04月11日

後悔してからじゃ遅いから

昨今は本当に危機管理が出来ない方が増えていて
困ってしまうくらいです。

自転車屋さんというのは、危険性を説明したり
安全に乗っていただくよう指導することも仕事です。

安全点検整備士という資格を持っている以上
いい加減な状態で乗ることは見過ごせません。

ただ、別に、「じゃあ直してやるから金くれよ」という訳ではなく
あくまでこうなると危ないよ、という話をしているだけです。
あとはお客さん自身の問題なので
それを無視して乗り回したとしても
その後はどうなろうと私は知りません。
説明はしたわけですから。


曲がっているのに乗り回したり
ブレーキが切れているのに平気な顔で乗ったり。

別にいいんですよ
勝手に事故って怪我すれば。


正直、私には関係ない話です。
そういう人は痛い思いをしないと解らない。

でも取り返しがつくレベルならいいですね。
死んだら終わりですし
誰かを殺しても人生終わりますよ。

そうなって欲しくないから私は
危険性をお客さんにしっかりと説明します。
私は関わった全ての人間に事故などあって欲しくないですから。


しかし、曲がっているのが何故危ないか
なんていう説明をしないと想像も出来ないくらい
危機管理能力が無い方が多いです。

曲がっていたら危ないに決まってるじゃないですか。
説明しなくても、そんなの解りますよね?


もし、車輪が元々曲がっていた車にはねられたら
あなたはどう思いますか?

何故こんな単純なことが解らないのでしょうか?
私には本当に理解不能すぎて
頭が痛くなることも最近は多いです。


バイト店員が冷蔵庫に入って、ツイッターに投稿して
自ら自分の首を絞める行為がありましたね。
ああいうの、私には理解不能です。
100歩譲って、楽しいからやるにしてもね、
自分で公開して自白したら
クビになるに決まってるじゃないですか。
顔まで晒して、本当にバカとしか言いようがありません。

そういう、「これをやったらこうなる」
みたいな事を想像するのが危機管理能力です。

曲がった自転車に乗ってたらどうなるかなんて
普通まともな人間なら解るはずです。


でもそれが出来ない人が沢山いるっていうことです。
残念ながら、本当にこの国の人々は
どんどんバカになっていっていると感じます。



自転車は行動を走る乗り物です。
「このくらいいいか」という軽い気持ちが
とんでもない事故になることは当然あります。
確立は相当低いですが
ジャンボ宝くじではなく、ロシアンルーレットです。
当たったら最後、人生の終わりかもしれません。

自転車に乗る、公道を走るということは
全ての人に責任が伴っています。


でも、何も難しいことではありません。
普通にルールを守って整備された自転車に乗るだけです。
当たり前すぎて書いている自分が恥ずかしいですが。

車だって同じですよね?
整備不良で乗り回してたら
「おいちょっと待てよ」となるでしょう?

自転車だって同じなんですよ。

何が違うんですか?

罰則が無いから?
値段が安いから?

じゃあ値段が安い自転車なのに
わざわざ何万かかけて免許を取ったり
車と同じような点数での罰則を付けられる
そんな世の中が来たとしら、あなたは嬉しいですか?


私は絶対嫌です。
そんな面倒くさい事はしたくない。


ぶつかって曲がったから持って来たのに
修理代金を伝えたら「まだ走れるだろう」とか
壊れてるからみてくださいと持ってきたのに
修理代金を伝えたら「学校があるから今度にします」とか

あんたら一体
何しにお店に来たんだよ。


と言いたくなります。

お金をかけたくないなら
乗るのをやめて下さい。


お金をかけなきゃ絶対乗れませんよ自転車は。
まして事故にあってるわけですから
お金がかかるのは当たり前の事です。

そして、何が大事かを履き違えている親御さんも多くて
本当に悲しく思います。お子さんが不幸です。

通学に自転車が使えなくなることより
子供が危険な状態であることを
危惧してください。



勿論、私が説明することは、絶対ではありませんが
私は仕事として、プロとして
交通安全の知識を持って、整備士の資格をもった人間として
「危ないですよ」と説明しているわけですから
それが理解出来ない人は、もう、知りません。

勝手に乗り回して痛い目に合えばいい。

でもそういう人って
自転車に乗る資格がないと思います。

私は、この様な自分勝手な人が
一人でも経ることを願うばかりです。
posted by シンワ店長 at 17:55| 日記

2016年04月08日

中身のお話

修理をしていると「この自転車出来が悪いな」と
思うものが結構あります。

どういうものがそうかというと
まず何より一番はっきり解るのが
構造を理解していないで組み立てたと思われるものです。
もっと言えば、設計段階から素人なんだな
解るものが結構あります。

それは安い自転車だけに当てはまるものではありません。
例えばブリヂストンのアンジェリーノアシスタが
普及し始めた頃はとても大変でした。

チェーンカバーの止めネジに
ネジロックが着いているため、外すことができず
後輪関係の修理が全く出来ないという
とんでもない事例が多発しました。


ブリヂストンというメーカーともあろう企業が
こんな初歩的なミスをやらかすのは、がっかりします。

自転車は、必ず修理をしないと乗れません。
ですから、ネジを固めるという発想は全くのナンセンス。
固まってしまったがために廃車になる事だってあるのです。

残念ですが、よくある事例としてはそのパターンが多いです。

では今回の事例を見てみましょう。



最近目にするようになってきた
カセット式のボトムブラケット。
要するにクランクシャフトとベアリング、受け皿が
一式セットで一体型になっているものです。

メリットとしては、最終的な微調整が要らないので
多少修理は早くなる・・と思います。
今ではブリヂストンなどでも
アルベルトなどに使われておりますが
採用されてまだそんなに経っていないので
アルベルトの修理はまだやったことがありません。

これが発表された時に私がまず思ったのは

「ああ、これで安物売ってる腕のない店でも
クランク修理やっちゃったりするのかな」


ということでしたが
やってみた所、結局道具があっても
知識と腕が無いと出来ませんし
最終調整以外はやっぱり手間がかかる作業ですから

もうダメだから新しいの買い替えましょう

みたいに言われると思います。
まともなお店じゃないとやらないでしょうね。笑


さて話を戻しますが

何がダメって、最初から読んでいたら気づくと思いますが
左右に思いっきりネジロックが塗ったくってありますねー。
クランクが外れちゃ困るのは当然なんですけどね。

でもクランクが壊れる時ってどうなるかというと
大体内部のベアリングが割れたりして
その、左右で止めてある部分の内川が壊れるんです。

一番の原因はチェーンをたるたるで乗っていることだと
私の個人的な考えとして、そこを指摘しています。

たるんでいれば歪みます。
クランクがまっすぐ回転したいのに
後輪から戻ってくるチェーンが暴れますから
必然的にクランクの軌道がおかしくなるはずです。
そしてベアリングに負担をかけてベアリングを割る。
隙間が出来てさらにガタガタになる。
という流れが一番多い気がします。
改めて、これはあくまで私見ですけれども。

本当は10年くらい乗って、磨耗してグリスが減った分だけ
隙間が出来て、それを壊れる前に補充してあげれば
基本的に壊れることは無いはずなんですけどね・・

この修理が沢山増えているのには
そういう背景があると私は思っています。
要するにいい加減に乗り回してるってだけですよ。

というわけで、それでも青いネジロックがついている
おわんの部分が緩むせいで壊れてしまう、というケースは
割合としてはそんなに多くないのは事実です。
(※安物自転車には少し多いですが。)

それ以上に、数年先に開ける場所なのに
ネジロックをかけてしまったら外れなくなる可能性
があり
そうなったら修理不能で一発廃車です。

実は今回もちょっとヤバかったんですが
何とか直すことが出来てほっとしています。

この部分はむしろ、そういう事にならないために
グリスを塗って閉めるくらいの場所
です。
次に作業する時に困らないようにということです。

ネジ締めが足りないのは腕の問題です。

もしこの先数年後、乗っている方が引っ越したりして
他の自転車屋さんがここを開ける
なんてことは普通にありえる話ですし
その時に「何だよ前やった奴、へたくそだな」
と言われたくないので、私はきちんとやります。

いや、別に自分凄いだろっていう自慢でも何でもなく
仕事ってそういうものですよね?
それって普通の事だと思います。
そういう基本が出来ない人は三流以下ですよね。

自分に腕があるか無いかは解りませんが
今できる最善をやっておくのは当たり前です。

しかし、そうしたくてもこのように
ロックで固められてしまって
手も足も出ないというケースが本当にあるんですね。
ハンドルの取り付けもそうだし
サドルの高さ調整もそうです。

組み立てする時に内側にグリスを塗らないと
後で高さを変えようとした時に
固まってしまって動かない場合があります。

主に量販店やネットショップなどに多いですが
特に子供車は、下の子の為に小さくしたいのに
固まって動かないから使えないので廃車なんてことは
結構日常茶飯事で起こっており、とても残念です。

外から見たら同じ自転車でも
実はそういう中身の部分が全然違うと
後で大変な差がついてきます。

それは、組み立てる人間の技術や知識
そして何より、その自転車を開発した人間の
知識と技術に100%依存するもの
だと私は思います。

例えメーカー車だったとしても、こういう部分で
「なんだこの程度か」と私達は思ってしまうわけですね。

ご理解いただけたでしょうか。
posted by シンワ店長 at 15:04| 日記

2016年04月04日

自覚が無いのが一番怖い

最近また、フロントフォーク交換が増えてきました。
毎年4月末〜5月くらいにかけて
新生活に慣れてきて気の抜けたところで
事故が多発するので、フォーク交換は増えますが
昨今は年間通して多くなっているように思えます。

しかも恐ろしいのは、4-5月の交換の場合は
明らかにぶつけたということで持ってきますが
年間通して増えているのは、自覚の無い方です。

全然違う修理で持ってこられたのに
「明らかにこれ、事故ってるよね?」というものです。
しかし大半が「え?そうですか?」とか
「まぁ乗れてるんで乗ってます」とか・・


いい加減すぎやしませんか?

事故がなくならないのは納得ですよね。
こういう人が沢山いるんですよ。
実際に事故にあったという報告件数の
100倍くらいいるんじゃないですかね。
まさに氷山の一角。

私の知る限りでは、学生さんは
5割以上の確立で事故っています。
なぜなら学生さんが来られると、関係ない修理でも
半分くらいの方が曲がってるんですよ、フォークが。


さてフォークの話は何度も書いているのですが
「フォークってなんじゃい」という方の為に少し詳しく書きます。

フロントフォークとは、ハンドルの下からフレームを通って
前輪の方に突き出している2本のパイプの部分です。
前輪を支えているパーツですので
正面からぶつかるとクッションの役割を果たして
しっかり曲がってくれることで緩衝材となり
衝撃で搭乗者が前に飛ぶことを防ぎます。


フレームの設計と同じように、
力学的にも計算されて作られていますので
フォークはしっかりとハンドルから
まっすぐ伸びるようにできています。



ハンドルの中心から一直線ですね。
これが”普通の自転車の形”です。

もしフォークが曲がったまま乗ると
乗りにくいのはさておき
前輪側のフレームに負担がかかってきますので
大きな損傷が出る可能性があります。


もっと恐ろしいのは
フォークは一度曲がったら次は折れます。
曲がった事で自分を助けてくれていますが
二度曲がってくれる強度はありません。

そもそも曲がったのに乗るなよ
という話なのですが

この当たり非常識な方がとても多いのが現状です。

では実際どんな感じなのか見て行きます。



曲がっていますね。
上の部分が丁度フレームに入る部分なので
そこから下が曲がっています。
上と下で、中心が明らかに
ズレているのがわかりますよね?



こちらも最初のほどではありませんが
同じ感じで曲がっていますね。

どちらも学生さんです。
しかも本人は全く気づいていないという事で
恐ろしいですねぇ・・

最初のパーツは以前記事にしたので
取り付けた状態だと、もっとわかりやすいです。


【曲がった状態】


【直したもの】

フォークの角度だけでなく
タイヤから車体の距離も変わっていますね。
とても大きな歪みです。

最後にもう一つ


【曲がったもの】

こちらは先の2つとは違い
下の部分で曲がったタイプです。


【交換したもの】

隙間が全然違いますね。
後ろに向かって、明らかにうねっています。
ぶつかり方にもよるですが
かなり大きな衝撃を受けると、このように曲がります。

曲がった衝撃で塗装にまでヒビが入っています。
表側も裏側も、どちらも衝撃で曲がることで
その部分の面の長さが変わりますので
塗装にヒビが入ることが多いです。

ですので、ここにヒビが入っている自転車は
フォークが曲がっている証拠です。



車や、明らかな接触事故にあった場合
すぐに持ってきますので
このような状態で乗る方は殆どいないのですが
単独で壁やガードレールなどにぶつかったり
ちょっと出会い頭にコツン、くらいで
フォークが曲がることは、実はとても多いのです。


しかしそれを事故だと認識せず

「何かおかしいんだけどまあいいか」

という方は、残念ながら沢山いて
とても危険な状態で今日もきっと乗り回しています。

そういう自転車がまた事故を起こすんです。

以前、単独でぶつけて曲がって持ってきた方に
修理代を伝えたら、高すぎてビビったのか
「ぶつけなきゃいいんだろ!」
と捨て台詞を吐いて帰られましたが

事故を起こしてる人間が
そんな台詞を吐いても
誰も信用なんてしませんよ



乗れるから乗る
乗れる限り乗る
これが一番危険です。

加えて「乗れれば何でもいい」なんていう人は最も危険です。
「自分が乗れれば誰かが死んでもいい」

ってことです

決して言い過ぎじゃありませんよ。
だってそういう人と話をしたらわかります。
本当に呆れるくらい何も考えていませんから。
無責任で自分勝手。最悪です。

イヤフォン
スマホ
傘さし
無灯火
二人乗り


これだけ言われているのに
そういう方が未だにとても多くて
そのために自転車が厳しい目で見られて
様々な法改正を経て、ついには切符制度と
罰金制度まで出来てしまいました。


上記の多くは学生さんですよ。
今の家庭は親が子供に指導も出来ないんですかね?

フォークが曲がっている自転車の修理をすると
親御さんからよく聞く話が
「言ってもきかないんですよ」という発言。

それは貴方の教育が出来てない証拠ですよ。

よくもまぁ、恥ずかしげも無く
他人にそんなことを言えるなと、感心します。


誰でも簡単に乗れる自転車ですが
誰でも簡単に守れるルールすら守れない
親がルールを教えることすら出来ない
事故を起こしているのに事故だと認識すらしていない
もし解っていても平気で乗り回してしまう


そんな悲しい現実が今の日本です。

例えばタバコも同じだと思います。
多くの自治体では、実際に徴収するケースは稀ですが
罰金を科されるケースが増えてきています。
ルールやマナーを守れば嫌われないのに
路上喫煙する迷惑喫煙者は未だに消えませんね。
だから肩身の狭い思いをするんですよ。

俺は私はやってない、なんて思うかもしれませんが
だったら喫煙者どうして注意をしたらいいじゃないですか。
それが一番効果的だと思いますよ?

そうやって結局みんな、自分で首を絞めているのです。
自覚の無い人に使う資格はありません。
権利とは、義務を果たして初めて言える事です。


おかしな状態で乗り回した結果
事故で相手を怪我させてしまった時
3,000万だの6,000万だの
当たり前の世の中になってきています。

自分の為に、しっかりルールを守って
正しい状態の自転車に乗るよう心がけてください。
posted by シンワ店長 at 13:08| 修理

2016年04月02日

チェーンそしてチェーン・・

最近、とても残念な自転車を良く見るようになりました。
2月の末頃から、チェーン交換が増えています。

2/20の記事 → こりゃ大変
3/4の記事 → またですよ〜

このように、以前にも書きましたが
交換した2人は11ヶ月しか乗っておらず
チェーン交換にはあまりに早すぎます。
他にも、3〜5年程度の自転車なのに
残念ながらチェーン交換というものが
なんと3月で6件と、立て続きに起きています。



チェーン交換なんて、滅多にありません。
なぜチェーン交換になるかというと
チェーンをいい加減な状態で使い倒すからです。



こんな状態で乗っていませんか?
きゅるきゅる、ガリガリ鳴っているのに
ほったらかして乗り回していませんか?




そのまま乗り続けるとこうなります。



チェーンが戻らなくなってしまいますので
一発で強制交換です。
4,000円前後の修理です。


きちんと調整をしていればお金はかかりません。

チェーンがきしみだしたら、注油をするだけなんです。

・・と書くと、クレ5-56とかをぶっかける人が現れるので
書いておきますが、チェーンにクレ5-56が効くのは一瞬だけです。
他の全ての油を洗い流すので、余計に錆びます。
絶対やめて下さいね。

チェーンに油が足りなくなってくると
きしみだして、きゅるきゅるという音が出ます。
それを放置すると、チェーンがスプロケット(歯)を回る際に
カーブから立ち上がる、またカーブに差し掛かる時に
上手く乗っからなくなり、踏み込みでガタガタしだします。

そのまま強引に乗ると、チェーンが無理やり引っ張られるので
チェーンが変な形で固まってしまって
まともに使えなくなります。それが上の写真です。

正直、あり得ないんです。

なぜ音がしているのに乗り回せるのか。
なぜ音が出た時点でおかしくなっていると思えないのか


何も考えないで乗っている人は
どんな高級車であろうと壊します。

ちなみに上の2つの写真は電動自転車のチェーンです。
10万円以上するパナソニックの国産の電動自転車です。

最近私が一番気になっているのは
電動自転車に乗っている人の無関心っぷりですが
まあ皆さん、呆れるくらい無関心です。
乗りっぱなし。そして壊す。
自分で壊しておいて高いとか言い出す。


・・バカじゃないの?

新車で買ったら壊れないとでも思っているんですか?
10万出せば乗り回しても平気だと思っているんですか?

みなさん、大丈夫ですか?
私はもう、がっかりするしかありません。

道具ってのは、大事にしなければ絶対に壊れるんですよ。
そもそも、自転車の乗り方も解らないことに驚きます。
一体どういう育ち方を下のでしょう。
最近は親が子供に家庭教育ろくにをしないくせに
学校に口を出すなんていうニュースも多く見て呆れますが
その親がその程度の知識なんですから
それも昨今始まった問題ではないんでしょうね。

「空気を入れないとダメですなんて誰も教えてくれなかった!」

なんていう女性をよく見ますが
それはご家庭を恨むしかないです。
一般常識は家庭教育で学ぶものですから
知らない=非常識という事です。

あまりに当たり前すぎるから
販売するお店でも言わないんです。
でも知らない人が多いと気づいたから、私は言うんです。

ですから、あっけらかんと「教わってない」
なんて言うのは、ただの赤っ恥なんですよ本来は。

家庭教育って、文化を守るためには必須なんです。
学校で習う事なんてたいした問題じゃありません。
当たり前の事を知らないのは、親の責任ですよ?

非常識な人が増えたのは、そういう事だと私は思っています。


話がそれましたが、とにかく
みんな10万も払って買い物をしたんだから
一回くらい説明書を読んでくださいよ。笑

2014年春に、消費増税があったので
それにあわせて大量の電動自転車が市場に出回りました。
多くの方が手にしたと思います。

ネットや量販店、電気店などの投売りのお店で買われた方は
そのまま何も説明を受けず売りつけられているはずです。
お客さんに知識がないの理由の一つとして
売る側にも問題があるのは事実です。

だから私は毎回、値段で探すのではなくて
ちゃんとしたお店で買わないとダメだと書いているのです。

そしてその時に買われたその多くの方が今
その2年間、ほったらかして乗り回しているんです。

だから街中で見ていても
きゅるきゅるきゅるきゅる
ガタガタガタガタ
ゴロゴロゴロゴロ


よく耳にしませんか?
そういう方が、凄く目立っています。

修理が増えるのはある意味納得ですが
そんな修理、誰も楽しくありませんよ。


ちなみにチェーンが外れるのは、チェーンが伸びているからです。
外装ギヤ以外でチェーンがよく外れるという方は
100%メンテナンス不足です。

きちんと張られたチェーンは外れる余地がありません。
チェーンは乗ったら乗っただけ伸びるのです。

安いからでもなく、古いからでもありません。
貴方自身の問題です。

チェーンが外れるのは
自分のダメさ加減が
露呈していると思ってください。


自転車のせいにしないでくださいね。
posted by シンワ店長 at 11:00| 修理