2016年05月27日

やっぱり酷かったサイクルスポット

パンク修理にこられた方のタイヤを見たところ
タイヤのサイド(横)に亀裂が入っており
それが原因だという事がわかりました。



激しいリム打ち(※空気が入っていない状態で
段差に思い切り乗る等で起こる)や
刃物で切り付けないと起こらないような傷。

どうして穴があいたかは解りません。
色々と考えられることはあるのですが
今回の問題はそこではないのです。


まず最初に、タイヤをあけてチューブを調べる時に
このようなタイヤが切れたケースには
特徴的な穴のあき方がある
ので
(処理してしまったので写真がお見せできなくて残念ですが)

見た瞬間に「タイヤに何か起きてるぞ」と
気づけるのがプロの仕事
だと私は思っています。

さて、気づいた方もいるかもしれませんが
タイヤはまだ、結構新しいのです。

実はこの方、以前当店でタイヤを交換しているのです。
そしておかしな点がありました。
それは開けてすぐに気づきましたが
チューブのサイズが本来のものではなかったのです。



タイヤのサイズ(太さ)は 1-3/8インチというものが
通常のタイヤとしては一般的ですが
このタイヤは 1-1/2という、少し太いものを使っています。
ですから、チューブも太くなければ
”膨らます量が増える=薄くなる”
という事で、チューブの強度が弱くなるだけでなく
中でズレが起きてしまったりと、色々と問題が起きます。


私が換えたタイヤですから、こんなミスは絶対しません。
・・絶対なんてありえないので、あまり使いたくないですが
これは普通にありえないミスなんです。
後述しますが、どうやっても気づけるはずだから。

どういう事だろうと思っていると、お客さんから一言。

「数日前にチューブ換えてもらったばっかりなんですよ」

納得。

要するに、どこか他のお店でチューブを変えて
その作業をした人間が阿呆だったという事
ですね。

とても納得。

チューブのサイズなんて、タイヤを診たら解るんですよ!



むしろ、見ないと解りませんから。
チューブを交換する時は100%、毎回サイズの確認をします。
そして間違っていれば、作業している時に
明らかに違和感がありますし
サイズが違うことが普通なら解るはずです
から
それすらも解らない素人がやったという事でしょう。

しかし、そうなるともう一つ、腑に落ちないことがあります。

それは、何故チューブを換える必要があったか、
その原因が何であったからそうしたのか。
これを理解して作業していたかどうか
ということ。

チューブ交換と言うのは、よほどじゃないとありません。
タイヤごとダメになるケースが半分くらいあると思います。
チューブだけに何かが起こるという方が難しいからです。

私が思うに、原因はこの切れたタイヤだったはずです。
それなのに、チューブだけを交換したというのは
どう考えてもおかしいし、阿呆だとしか思えません。

タイヤやチューブ交換の代金が高いのは
作業工賃が殆どだからです。
ホームセンターなどでタイヤを見に行けば解りますが
正直、そんなに高い金額ではありません。
サイクルショップシンワでも、タイヤだけ欲しいと言われたら
普通のタイヤなら、1,500円くらいでお渡し出来ます。
もちろんチューブ込みで。

チューブ交換で3,000円かかったそうですが(高いよ・・)
もしタイヤとチューブセットでも5,000円くらいだったと思います。
しかし、後でタイヤだけ換えると、3,000円はかかってしまいます。

作業工賃を二回もかけるようなことを、なぜしたのか。
原因がわかっていながら、なぜ取り除かないのか。
全く理解が出来ません。

修理というのは、どうしてそうなって
何が原因で、どう直して、どう対策するか
その全てが出来なければ修理とはいえません。


少なくとも私はそう思って作業していますから
壊れた可能性は一つでも多く探りますし
今後、再発しないための対策や乗り方を
お客さんに説明しています。


チューブの穴を貼ったけど
ガビョウは刺さったままで
また穴があきました。

なんて、素人作業はお金を貰えるはずがない。

しかし、そんな素人作業でも
平気でお金をもらえてしまうのがチェーン店や量販店。

既にタイトルに出ていますが、今回もまた
サイクルスポット武蔵小金井店です。

「また」と書いた理由は
先日の記事をお読み頂ければ解ります。

正直に言いますと、個人的には
サイクルスポット武蔵小金井店は
そこまで酷いお店という印象は
今まではなかったんです。

そこいらの、あさひや、ヨーカドーに比べたら
比較的ですが、まともな方かなと思っていました。

前回の件と今回の件、どうしても理解しがたかったのです。
しかし、今回のお客さんの話で、解ったことがあります。

お店の人が変わったそうです。

その一言で、全ての疑問も解決しました。
今のサイクルスポット武蔵小金井店は
相当酷い人間がやっている
という事です。

修理もロクにできず、判断も素人レベル。
挙句自分で壊したものを直せないと言い
3万円も吹っかけるような
ろくでもないお店に変貌したようです。


サイクルベースあさひ
ドン・キホーテ
オリンピック
ケーヨーデーツー
イトーヨーカドー武蔵小金井店

と同じように今後は
サイクルスポット武蔵小金井店も
自転車関係が酷いお店の一つに
加えなければならないようですね。
posted by シンワ店長 at 15:46| 修理

2016年05月23日

フォーク、そしてフォーク

5月に入って、フロントフォークの修理が増えています。



毎年この時期になると増えるのですが
理由は新生活に慣れてきて
ちょっと気が緩むことだと考えています。

特に学生さんは今くらいの時期から
突っ込んで壊してくるケースが多くなりますが
今年は主婦の方だったり、年齢層が比較的高いのが
気になる点ではあります。


うっかり壁にぶつかっても事故は事故です。
乗れるから乗ってしまうのが一番危険です。
当然、人とぶつかったりした時は
すぐに警察を呼んで事故の処理をしてもらいましょう。


ちなみに今月は既に4本のフォークを交換しました。
GWにお休みを頂いていたので営業は6日からです。
一ヶ月に3本換えたら多いかなと思いますが
2週間ほどで4本は、相当多いです。

気をつけてください。
posted by シンワ店長 at 00:00| 修理

2016年05月22日

失敗を認めない人は成長しない

あるパンク修理に来た方が
タイヤをあけたところ、見たことがないくらい
ぐちゃぐちゃのボロボロになっていたので
「タイヤ交換です」とお伝えしました。

原因は100%空気を入れずに乗り回したこと。
それを伝えると「東京にいないから」と言うので
じゃあ貴方の自転車じゃないんですね?と尋ねると
自分の自転車だし、自分以外乗らないと言われました。

という事は、貴方が壊したんですよね?
貴方が空気を入れずに乗ったから
こんな酷い状態になったんですよ?
それが解らなければ、タイヤを換えても
自転車を変えても、結果的にまた同じになりますから
しっかり空気を入れて乗ってあげてください。

そう伝えてる最中、逆ギレ状態になり、態度は急変。
「もういいよ、持って帰るから」と言われました。

とりあえずタイヤを戻しました。

作業工賃は400円かかりますと伝えると

「お金かかるのかよ」

耳を疑います。

「パンクかもしれないから見てください」と言われて
タイヤを開けて状態を見せて現状を伝えて

やっぱりやめます



お金がかかるのかって?

呆れますね。

作業させておいてお金がかからないと?
いったいどういう育ち方をしているのでしょうか。

慈善事業じゃないんですが

しぶしぶお金を払った挙句の果てに
帰り際に「もうきません」と捨て台詞。

いや、もう来なくていいですよ。失笑


当店で販売した自転車です。
それも、名車といえるような良い自転車。
きっと「親に」買ってもらったんだと思います。

大事にしないで自分でぶっ壊した挙句
サポート店に横暴な態度をとるなんて
残念以外にかける言葉がないです。

きっと頭の良い大学に通っているのでしょう、
見るからにお勉強は出来そうでしたが
お勉強だけじゃ世の中は生きていけません。

という良い例を見た気がします。

自分の失敗を認められない人は
一生同じ繰り返しをします。
空気を入れなかったことを認められないなら
一生パンクし続ける人生を歩むでしょう。

プロのアドバイスも邪険にするのですから
今後もどんな状況になるかは見なくとも解ります。

学生に限らずたまにいるこういう方。
特に男性に多いのですが
たまに女性でもこの手の方がいます。

よほどプライドが高いのでしょうか
私には何もすることが出来ないのですが
対話が出来ない人には苦労させられます。

「うちの子は学年委員だから!!!」と言われた時は
どう突っ込んでいいのかわかりませんでした。失笑

いやぁ、接客の仕事って大変ですね。
posted by シンワ店長 at 16:33| 日記

2016年05月21日

バカ親につける薬はない

先日、お店の前の道路を右側通行していた自転車が
トラックに撥ねられるという事故がありました。
自転車の方は亡くなったという話を聞いていますが
私からいわせれば

バカじゃないの?

という一言です。

バスが後ろから来ていて、トラックがそれをよけるために
歩道側に少し寄っただけだったそうです。
右側通行していた自転車は
その隙間を無理やり通り抜けようとして撥ねられたそうです。

死者を愚弄するつもりは毛頭ありませんが
残念ながら、バカとしかいいようがありません。

死んでから後悔しても遅いんです。


さて、人の親でもそういうバカな人は沢山います。

このような、歩道の僅か50センチ横をトラックが通ったり
バスがすれ違えないような道にも関わらず
子供を自転車に乗り降りさせる時に
未だによじ登ったり、飛び降りたりさせる親
です。

「危ないですよ」と注意しても
十中八九は「大丈夫だ」と言うんですね。

何がどう大丈夫なのか、解らないし
何もどうも大丈夫じゃない場合に限って
「大丈夫だ」と言う方が殆どなのはわかっていますが。

あ、付け加えると大体男性は突っかかってきますね。

昨日来た方は、また凄かったですね。

「そんなことやってたら子供死ぬよ」と注意したところ

「子供育てたことあるのかよ!」

ですって。

子供を育てたことがなくても
アンタの行為がどれ程危険かはよく知ってます。

私は安全整備士の資格も持っている
自転車のプロです。

私が子供の前で「死ぬよ」
という言葉を使ったことに腹を立てたらしいですが
自分がおかしている相当危険な行為に関してはどうでもいいようです。

危ないものを「危ないよ」って言われて
口答えする父親の姿の方が
よっぽど子供にとってよくないと私は思います。

まして子供の命を危険に晒しながらですから。

しかし本当に、男性に限って食って掛かる人が多いですね。

自分のお腹を痛めてないからでしょうか?
私は子供を育てたことがないですから
その辺りは確かに理解できませんが、
もしそんな理由で子供をどうでもよくなるなら
そんな気持ちは一生理解したくありません。

他人の子供でも、はたから見て
危険だと思うから注意しているのに
自分の子供の危険すらどうでもよくて
自分のプライドが一番大切な人が多いように思えます。
本当に自分の子供を愛しているのかすら疑問に感じます。

子供を軽視しているのはどちらなのか
よく考えてほしいですが
たぶん大怪我しないとわからないでしょうね。
子供がかわいそうです。

先日の国分寺で起きた自転車事故と同じです。
バカな親のせいで、子供は死にました。
本当に子供がかわいそうですね。

私は危ないものは危ないと言いますし
年上だろうがなんだろうが、注意はしますし
いう事を聞かない時には怒る事も多々あります。

私は嫌われようが別に構いません。
それで命が救われるならいくらでも嫌われます。
喜んで嫌われ役をやりますよ。

自転車屋が注意しないで誰が注意するの?
逆ギレするようなバカヤロウは
他の店で表面だけの付き合いで
危険な目に合えばいいんです。

親としてどうあるべきかじゃなくて
人としてどうあるべき科の方が重要です。
無理に取り繕って、NGワードを決めて
そんなのが親だとは私は思いません。

ゆとり世代だか何だかわかりませんが
怒られると逆ギレする人もしかり
一切危険なものを見せずに、危険な目にあわせずに
それが親としての教育だというなら、世も末ですね。

世の中のお父さんお母さん方。
その辺り、よく考えてくださいね。
posted by シンワ店長 at 11:00| 日記

2016年05月19日

新型ギュット登場!

パナソニックの人気子供乗せ電動アシスト自転車
ギュットシリーズに新たなモデルが追加されました。


ギュット・ステージ・22

http://cycle.panasonic.jp/special/gyutto_stage/#bagpresent

子乗せは前後共に別売りとなります
ギュットシリーズですので
前後同時乗せに対応したモデルです。

従来の20インチより一回り大きな
22インチというタイヤサイズを採用し
背の高い女性や男性にも乗りやすくなっているようです。

12Ahの新バッテリー搭載で走行距離も申し分なく
コンパクトながらも頼もしい一台です。

また、ギュット・アニーズと違い
後部子乗せが取り付けされておりませんので
お好みの子乗せを別途自由に取り付ける事が可能です。

価格は定価122,000円(税別)となり
サイクルショップシンワでは
税込 125,000円での販売を予定しております。

発売は6月上旬を予定しておりますが
ご予約は常時受け付けております。
(※店頭予約のみ、キャンセル不可)

パナソニック社ではこの自転車の発売を記念して
キャンペーンを行っております。
先着300名限定で(ご購入後にWeb申し込み)
バスケットインナーボックスもらえるチャンス!
posted by シンワ店長 at 18:00| お知らせ

2016年05月16日

ジョブノ入荷

ブリヂストンの上位グレード車
ジョブノが緊急入荷しました。



ジョブノは2015年までホーム車の上位グレードとして
主力といってもいい位置づけでしたが
2016年にキャスロングという自転車に統合され
現在は廃盤となってしまっています。

サイクルショップシンワでも
2006年頃から相当な台数を販売したのですが
価格上昇と共にその台数は減少し
2015では年間0という実績まで落ちてしまっていました。
品質は問題ないのですが
価格が高すぎるので誰も買わなかったわけです。

メーカー在庫がたまたま余っていたとのことで
旧モデルですが緊急入荷となりました。

上記の通り、品質はかなり良いです。
そして問題の価格も、廃盤のモデルという事で
大幅に値引きをして入荷することが出来ました。

仕様は、26インチ カラーはプレシャスアクア
内装3段変速、LEDダイナモライト、盗難保証付
きです。

1台しかないのですが、高品質の自転車を
是非お選びいただければと思っております。
posted by シンワ店長 at 14:23| お知らせ

2016年05月15日

久々のご紹介

このブログをご覧の方は
見飽きたと言うほど見たと思いますが
私自身もお店で一日に何回も話をするので
最近はここに登場することは減りましたが
相変らず空気を入れない人というのは多く
せっかく換えたタイヤをすぐにダメにされてしまいます。

今日は久々に空気とタイヤの話です。



パンク修理をしました。
このブログをよくご覧の方は
この写真だけで全て納得されると思います。

そうです
あくはずのない場所に穴があいていますね。

ちなみにタイヤはほぼ新品状態。



普通に日常的に乗っている方だとしたら
半年乗ったかな?くらいですね。

しかし・・



既に一度パンクをしています。
注目するべきはバルブの位置。
つまり、今日貼った場所の反対側ですね。

この近辺にダメージが多く集まっています。



次に穴があくとしたらこの辺りでしょうか。
とにかく酷い状況です。
次にパンクしたらチューブは100%ですが
最悪、タイヤ交換かもしれません。


原因はいうまでもなく
空気を入れないことです。


当たり前ですが、何も刺さっていません。

空気を入れないことでタイヤが潰れて
潰れたタイヤに挟まったチューブがすり潰されて
ぐちゃぐちゃになって穴が空きます。

一度ついた傷は消すことが出来ず
磨り減った部分も戻すことは出来ず
タイヤの周回、両サイド360度傷が残り
いつどこがあいてもおかしくない状況を作り上げます。




このように、タイヤの内側も磨り減り
なめらかでなくなりますから
チューブをこすりつける原因にもなります。

今から空気を入れて乗るようになっても
穴が開く状況が完全に出来上がっていますので
もう無理かもしれません。

少なくとも、一度でも空気を入れ忘れたたら
すぐに穴があく可能性が十分にあるという事です。

空気を入れない人は確実にパンクします。
パンクに来る人の7割はこの状況で
パンクしてくる人はほぼ
「空気を入れてない人」
といえます。


これは紛れもない事実です。

もしパンクばかりするという人
もし自転車がしょっちゅう壊れるという人は
それはほぼ100%、貴方の管理の問題です。
壊れるのは自転車のせいではありません。

自転車に、不要なお金(何千円単位)を
何度も何度も、一生、かけ続ける人生になるのか
殆どお金がかからずに長く乗ることが出来るのか。

全ては使う人次第という事です。
posted by シンワ店長 at 13:39| 修理

2016年05月14日

結果的に損をする

本日ご紹介するのはこちら。



タイヤ交換でお預かりしたのですが
なにやら色々おかしい・・

写真だとちょっとわかりづらいですが
左右のワイヤーのバランスがとてもおかしいです。

左から出ている後輪のブレーキワイヤーが
短すぎて突っ張ってしまっています。

そして右から出ている変速ワイヤーは
こちらは長すぎ
て変な感じ。



更に変速ワイヤーの取り回しも
おかしなことになっています。
左側から通すはずが右側に回りこんでいます。
長いからこうしたのでしょうか・・巻き込みすぎ。



後輪ブレーキワイヤーは留め金の部分でも
ちょっとおかしな感じになっていました。
ワイヤーが短いので全部取り替えたため
この後、全て元に戻しました。



こちらがちゃんとした状態。
変速ワイヤーは取り回しだけ戻しましたが
取り替えるのはもったいないので
何とか余りが出過ぎないようにしました。
若干左寄りになっていますが
先ほどの突っ張った状態よりはだいぶマシですね。

ちなみにこちらのお客さん
ブレーキもおかしいという話だったので
まとめて色々と見たのですが
明らかに素人作業をやった痕跡があり
どこかのお店でいい加減にやられたか
(ヨーカドーとか、チェーン店などではよくある話)
自分でいじったかどちらかだろうとすぐに解りました。


案の定、自分でいじったそうです。

ホームセンターでワイヤーを買ってくれば
かなり安い金額であることは
ホームセンターに行けば誰でもわかります。

しかし、ちゃんとつける事が出来なければ
結局その金額にプラスして
正規の修理代金がかかってしまうわけです。


買ってきたお金も
作業した時間も
頑張って作業して汚れた手も
全てが無駄になります。


何よりちゃんとできないということは
安全性も損なわれている可能性が高く
「ちょっと損したな」くらいじゃすまない
大変なことになる可能性もあるのです。


私が見る限りでは
自分でいじるケースは
9割おかしくなっています。


休日にご主人がいじった自転車を
平日に奥様が持ってこられるケースは
実は、かなりの数あります。

いじるのが好きでも、命にかかわることですから
無理にいじるのは止めていただきたいです。
posted by シンワ店長 at 20:00| 修理

2016年05月10日

サイクルスポット武蔵小金井店はボッタクリ

先日、こんな修理がありました。

お客さんが持って来られた自転車は
パナソニックのギュット(26インチタイプ)。
「後輪が何かおかしい」と仰るので見たところ
後輪の中心軸にガタが出てしまっていて
車輪が真っ直ぐ回っていませんでした。


子供を乗せる自転車ですからなお更危険ですね。
すぐに直さないと車軸が折れてしまう可能性があったので
急ぎで修理しました。

しかし話を聞いていくと色々解ったのは
どうやら最近、別のお店でタイヤの修理をしてから
おかしくなった
ということでした。

お客さんは預けたらしいので修理を見ていませんが
聞けば3,000円の修理だったということで
バルブの金具の新しさを見ても
間違いなく後輪のチューブを変えたと思われます。

つまり、そのお店がこの現状を引き起こしたのは確実です。

しかしお客さんは、おかしいとおもって
そのお店にまた持っていき、相談したそうです。
すると、とんでもない答えが返ってきたそうです。

車輪がダメなので、交換する必要がある。
修理代は3万円かかります。


さんまんえんかかります!?

思わず吹き出してしまいそうになります。
3万もかかる修理って一体どれ程でしょう

私自身、3万円もかかる修理なんて
過去に1度やったかやらないかくらいです。
それも、古い自転車を殆ど全てのパーツを交換して
蘇らせたという、私の中でもかなり記憶に残る
渾身の、会心の修理です。
それでも確か27,000円くらいでした。
(余談ですがお客さんは感謝の気持ちで、3万円置いていかれました。)

車軸が緩んでいるだけならば締めなおせば終わります。
その場で30分もかからない修理です。

後輪の内装3段ハブが壊れていたとしても
内部のギヤ本体を交換で7,000円くらいです。
車輪がダメなら、車輪交換で7,000円くらいです。
両方ダメでも15,000円あれば直ります。

3万円という金額はどう逆立ちしても
ボッタクリです。


しかも面白いことに、そのままヨーカドーに相談したら
前のお店を金額も伝えていないのに
3万円かかるという診断だったそうです。

いったいどうなってるんでしょうか!?

武蔵小金井駅北口にある
サイクルスポットと
武蔵小金井駅南口にあるヨーカドーは
ロクな診断も出来ずに
ボッタクリな金額をふっかけるようです。


量販店や大型店は酷いというのは理解していますが
ここまでいくと本当に怒りを覚えるレベルです。

結局、この自転車は一度タイヤを外し
内部のロックナットを締めなおして
しっかりと元に戻りました。

しかし、もしこのまま数日乗り続けてしまったら
ベアリングが抜け落ちたりして
本当にハブの破損に繋がっていました。
破損したベアリングでロックがかかって
事故にあっていた可能性もあります。


タイヤを外した作業をするなら
最低限の各部の注油と、ハブ軸の緩みくらい
合わせて見るのが当たり前です。
それもせずに3,000円もの金額を貰うなんて
本当にボッタクリとしか思えません。


ハブ軸の調整は修理代金が3,000円。
電動自転車など一部に限り+500円です。

これで3万円もらえたら城が立ちます。


さて、今回はここで終わりません。
量販店がどれ程いい加減か、ここでまた暴露します。

実はこの自転車、前のハンドルが曲がっていたので
後輪の修理の後に直そうと思っていたのですが・・



まず曲がっているハンドルを戻すために
子乗せの座面シートをはがして
止めている部分を見ようとした所
上の写真にあるネジがコロンと転がっていました。

このネジはシート自体をハンドルと固定するネジです。
ちなみにパナソニックの子乗せは
この底部と、左右の3点で固定しています。

そして



案の定、右側のこのネジも外れていました。
というか、いなくなっていました。

つまり、3点で止めているネジの
2つがついていない状態で乗っていた
ということです。
どれ程恐ろしいことか、理解できると思います。

ここで、曲がっていたのはハンドルではなく
子乗せのシートだったことに気づきました。


普通だったら、チューブ交換で預かった際に
前も何かおかしい事に気づくはずです。

気づいて、ネジの増し締めや
1本付け加えてあげるくらいしたって
たかだか数百円の追加にしかなりません。

というか、直さないと恐ろしく危険ですから
普通は相談せずともこのくらいは直します。

チューブ交換の際に
後輪をガタガタにした挙句
自分達の非を認めず3万という
明らかなボッタクリ金額をふっかけた上
危険な状態を見てみぬ振り
(或いは気づけない)。
こんなお店がまかり通ること自体
私は憤りを感じますし、理解不能です。


私は何も、自分の腕が凄いとか
他に比べて一番技術があるとか
そういう事を言いたいわけじゃありませんし
そんな事は微塵も思っていません。
うちの店に来てほしいから他の店を悪く言うとか
そんなことも一切ありません。

それが証拠に、駅前でパンクしたと電話があれば
駅前のお店を紹介しているくらいです。
その方がお客さんにとって早いですし
転がしてくるだけタイヤも痛みますから
自転車にとっても最良だと思うからです。


自転車はいつ壊れるか解りませんから
壊れた時に近くにお店があって
そこで直せるのが一番だというのが
私の根本的な考え方です。

だからどなたが来てもしっかり直せるよう
日々準備と技術向上を意識しているわけです。

しかし、最低限できるだろうと思うような修理で
このような素人以下の事をやられると
本当にがっかりしますし、怒りを覚えます。

同じ自転車店として恥ずかしい

いや、同じじゃないですね。
ただ売るだけ、いい加減な修理
アルバイトレベルの仕事じゃ
レベルが違いすぎます。

何の知識もないくせに
そこそこ売れるからって調子に乗って
出来もしない修理に手を出して
被害者を増やしているヨーカドーや
自転車専門店ぶってお粗末な修理をして
責任逃れしてボッタクるサイクルスポット!


いい加減にしろよ!
posted by シンワ店長 at 13:54| 修理

2016年05月09日

自業自得

先日、国分寺市内(府中街道)にて
生後7カ月の赤ちゃんが亡くなるという
痛ましい自転車の交通事故がありました。

【自転車事故でおんぶの赤ちゃん死亡 潜む危険を検証しました。】
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160507-00000959-fnn-soci


私が最初にこのニュースを見たときに思ったことは
なんて馬鹿なことをしたんだということです。

疑問は二つです。
一つ目は、子供を背負った母親が、何故
そこまで無理をして渡る必要があったのかということ。

二つ目は、何故、左を確認しないで出たのか。
これが全く理解が出来ません。

車道を横切る事は違反ではありません。
その道路は画像を見る限り、片側1車線。

自分は渋滞の車の間にいて
ある意味安全は確保されていますが
その先の対向車線からは車が来るわけです。

渋滞の間をすり抜けたなら
真っ先に確認しなくてはならないのは左側です。


この事故で、お子さんは亡くなってしまいましたが
車を運転していた方が逮捕されました。
一番の被害者はこの方ではないでしょうか。


車がいくら気をつけていたって
飛び出してくるものはよけられません。
これではまるで当たり屋か自殺行為です。

まして、子供を背負った母親ならば
その辺りは一番気を遣わなくてはいけない
はず。
渋滞の間をすり抜けなくたって
他にも道はあります。

そのくらいの余裕がほしいものです。

これは対車だけに限った話ではありません。
自転車が危険であるということは
こういう部分からも解りますが
曲がり角を一時停止せず飛び出してくる自転車なども
同じような危険をはらんだ行為だということです。

もう一つ付け加えるとすれば
このニュースは論点がずれています。

おんぶ紐の話ばかりに終始していますが
私の書いているような根本的な問題点は無死。
この記事の書き方だとまるで
おんぶ紐出なければ子供は死ななかったかのようです。


メディアがこんなバカな報道をしているから
本当に危険なのは何かが伝わらないわけですね。

むしろ、何かの誘導ではないかと思えるほど
滑稽で幼稚な報道内容に一番呆れました。
posted by シンワ店長 at 18:35| 日記