2016年10月30日

テープで止めないで

よく、パーツが外れたのに
テープで止めてそのまま乗っている人がいます。



お店に持ってくる間だけ引っ張ってくる間だけ
応急で、絡んだりするのを防ぐためならいいのですが
このまま乗っている人が結構いるので
恐ろしくて目を疑うことがよくあります。



折れてますから。

パーツが折れるということはどういうことなのか
よく考えてから乗ってほしいものです。


たとえばこのケースだと
前輪のカゴ足が折れたわけですが
折れたということは支えが効きません。
反対側だけで支えている状況ですから
確実に反対側も折れてしまいます。




このように、ネジ止めする部分だけ薄くなっていますから
ここに負荷がかかって、折れてしまいます。

しかも前輪のパーツが外れることは
命の危険に関わる大問題なのです。


前輪にロックがかかると
自転車が180度回転してしまう可能性があり
搭乗者は数メートル前に飛んでいきます。


想像してみてください。

下り坂でスピードが出ているときにそうなったら。

まるでスキーのジャンプになります。
K点超えも夢ではありませんね。

・・私は超えたくありませんが。


さて、もうひとつ、頭に入れてほしいことがあります。
それは、このパーツ、鉄のパーツが
いきなり折れるはずがないということです。

必ず原因があります。



カゴです。

カゴを支えているパーツが折れるということで
原因は大体その本体であるカゴにあります。

ネジの周りの部分が底抜けになってしまっていますね。
下から見てみましょう。



完全に外れて浮いています。

この状態では荷物を載せなくても
カゴがガタガタと余計に揺れることになりますから
当然、先の写真でわかるように
一番薄い部分が左右に動かされれば
簡単に折れてしまいますね。

カゴが壊れているのに平気で乗っている人をよく見ますが
私には自殺行為にしか見えないんです。

たかだがカゴくらいとか思ってるんでしょうが
たかだかカゴくらいで大怪我したらただの馬鹿ですね。

いらないパーツなんてひとつもありません。
「たかだかカゴのたかだかネジひとつ外れたくらい」
そういう気持ちで乗っている人が
このように足が折れてもさらにテープで止めて
街中を乗り回しているんですよ。
恐ろしいですね。事故なんて減るわけありません。

家の柱が折れて、テープで止める人がいますかね?
車のサスペンションが折れて、テープで止める人がいますかね?


直るはずないんですよ。

テープで止めて直るなら
パーツは全部テープで止めて
くっつけているはずです。


それなら自転車屋さんなんて要らないです。

異常を異常だと思わない
その思考が異常だと気づいてください。


特別難しくない、子供でもわかる簡単な話なんです。
常識的に、考えてもらいたいものです。


修理完了
posted by シンワ店長 at 13:59| 修理