2016年11月17日

BS展示会レポ 2016冬 その4

BS展示会レポート、その4です。

前回までのビッケシリーズで
デュアルドライブの説明を書いてきたので
あまり書くことが無くなってしまいました。



フロンティアロング
前輪にモーターがついているのに
ステンレスバスケットということで
さらに前が重くなって駐輪所で止めづらそうです

フロンティアもステンレスバスケットでしたが
ステンレスバスケットの方が多分高いですし
重量もかなり重いはずで、さらに一番壊れやすいので
私は樹脂の方が絶対優秀だと思うのです



アシスタユニプレミアは唯一
これは売れるなっていう電動アシスト。
実際売れますし、展示もしたりします。
スマートコントロールブレーキじゃないのもポイント。



アシスタベーシックというパナソニックのユニット製品
こんなオープン価格を買うなら
正規のパナソニック製品を買いましょう。






ステップクルーズカジュナ
共にデュアルドライブになったので
全く興味が無くなりました。
このあたりをヤマハ製品で作っていたら
まだ決別しなかったのではないかと思います・・

電動はこのくらいでしょうか。

一般車でもいくつか新型が出ました。



新聞などにも掲載されていたTBIですが
学生向けクロスバイクです。

実際に行ったアンケートをもとに開発されたということで
リアルな高校生の理想がそのまま採用されているとの事です。

しかし理想はあくまで理想であって現実とは違うんですよね・・
現実は「やっぱりカゴがほしいです」「ライトが見えづらくて危ないです」
ということで結局ごてごてした形になり
元々スポーツ車にカゴ自体がコンセプトとして違うので
バランスも悪くなって事故などにつながったりするのが現状です。

安全性を重要視するほうが大事だと私は思っています。

ハッキリ言ってしまえば
そもそも通学にクロスバイクは向きません。


お子さんに自転車を購入する際には
デザインや流行だけでなく、その辺りをしっかり考えて
選んで頂きたいというのが私からのお願いです。


マークローザにはマークローザ3Sという内装モデルが加わりました。

s161116w.JPG



マークローザといえばややスポーツよりのコンセプト自転車。
その中に内装3段モデルを入れるというのが
私にはちょっと理解できなかったです。

これの登場で、何がしたいのか全然わからなくなってしまいました

もう一台、フェジリーナという自転車があったのですが
写真をとり忘れてしまいました・・
要するにこれのパーツを変えただけモデルなんですが
セブンティーンと共同開発みたいです。




人気の子供車シュラインはカラー変更と
ブレーキがローラーブレーキになりました。

ブリヂストンが10年以上使っていた自社製ブレーキは
数年前に欠陥の烙印を押されひっそり撤廃しましたが
その後に出てきたブリストブレーキもろくな物ではなく
結局ブリヂストンの作るパーツって
前述したハンドルロックやスマートコントロールしかり
ほとんどまともな製品がないっていう印象です。


これほど欠陥品を作るほうがある意味凄いと私は思いますが
いい加減、技術開発部の刷新をしたほうがいいんじゃないですか?



シルヴァはスポーツ車を始める方にお奨めの一台です。
価格帯もそこまで厳しくないですし
オプションパーツやカスタムパーツも豊富です。


最後に。

ブリヂストンは今回の展示会でいろいろと問題が露呈したのですが
あまりに電動部門の迷走が酷いことが気になります。
いっそのこと、電動を見切って、魅力ある商品を
一般車で開発してほしいと願うばかりです。
技術やノウハウは持っているわけですから
あとはそれを使う人間の能力次第なんです。

今のブリヂストンは、もったいないの一言です。

方向性も見えませんし何がしたいのかもわからない。
自分で作ったものを最高評価しすぎてふんぞり返り
現実で不具合がおきていても見向きもしない。
その体質を変えない限り、いいものは生まれません。


数年前から私はブリヂストンのことをコケにしていますが
別にブリヂストンに恨みがあるわけでもないし
嫌いなわけでもありません。
期待を裏切られ続けているからです。

トップブランドが迷走することで
業界全体の低迷に拍車をかけていることと
自分たちにその責任があるという自覚がないから
単純に怒っているだけです。


昔のように、もっとわくわくする様な展示会を
できるような体制作りをして頂きたいものです。
ユーザーは待ってくれませんよ。


以上、ブリヂストン展示会レポート 2016冬でした。
posted by シンワ店長 at 15:35| BS展示会

BS展示会レポ 2016冬 その3

BS展示会レポート、その3です。

前回は新しく出たモデル
ビッケポーラーについて詳しくお伝えしましたが
今回はビッケシリーズについて書いていきます。



何の説明もなく、その1から「ビッケシリーズ」と書いていますが
アンジェリーノが廃止になったことで
前子乗せ搭載モデルが従来のビッケに統合して
子乗せ=ビッケという形に転換していくようですね。

余談ですが、今回ハイディツーの影かかなり薄かったです。
新型が出たにも関わらず、ほとんど話題にも上がりませんでした。

まずご紹介するのは6月の展示会でも話題だった
(私は法事でいけなかったのでお伝えできませんでしたが)
ビッケグリーという新しいスタイルの子乗せ自転車です。



ビッケグリーの最大の特徴はタイヤのサイズです。
輪に24、後輪を20インチというサイズにすることで
子供を乗せやすく、小さすぎない自転車を実現しています。

どちらかと言えばママ向けではなく、パパ向けでしょうか。

6月に先立って、パナソニックが22インチの子乗せタイプ
ギュット・ステージ・22というものをリリースし
未だに一ヵ月半待ちという大ヒットを記録していますが
やはりこちらも従来のものよりやや大きいサイズということで
男性ターゲットとして人気があるそうです。
(ただに”ステージ”というのは、働く女性から子育て、そしてその後への
ライフステージの移行に対応できることからのネーミングなんですけどね。笑)


ステージの人気を見る限りでは
私もここで何度か取り上げて話題にしている通り
今後は20インチよりこういったモデルの方が
ユーザーに求められる部分になるのではないか
と思っています。

さて、ビッケグリーでもうひとつ注目する点は
自社開発の電動アシスト「デュアルドライブ」採用という部分です。

ブリヂストンがヤマハに喧嘩を売ったあげく
仲たがいするほどにまでなってしまったわけですが
他社にない機能としてベルトシステムを採用している事が
ひとつの特徴といえるでしょう。

デュアルドライブとは、従来のセンターユニット
(ペダル部にモーターがある)だと
ベルトドライブが使えないために
モーターユニットを前輪に持っていくことで
全く新しいシステムを開発したものです。


デュアルドライブというネーミングですが
べつにモーターが二つあるわけではなく
前輪にドライブユニット、後輪は自力でこぐから
二つドライブがありますという意味です。


ベルト自転車のメリットはチェーンのように
たるんだり錆びたりということがなく
磨耗も10倍長持ちするという事です。

ちなみにカーボンベルトは
車のエンジン部に使われるものを採用しているらしいです。
それだけ強いものであるということですね。

また前輪モーターの特徴として
他社でも採用されているような充電しながらの走行
独自開発したモーターブレーキ
(エンジンブレーキのようなもの)
があることも大きな特徴です。


----------------------------------------

ここからは私の本当に私的な意見です。
あくまで参考程度にしてください。

サイクルショップシンワのある小金井前原町は
坂の下にある土地で、駅や繁華街、近隣の市へ行くためには
必ず坂を上らないといけないすり鉢状の場所です。

そのため、販売車のほとんどがギヤつきで
かなり初期の頃から電動アシストも取り扱ってきました。

その中で、ベルトの自転車も多く販売してきたのですが
実はベルトの自転車を、この急坂の多い街で使うと
ベルトがスリップするようになってしまうという事例が
結構な割合で起こっているのです


これは、各メーカーの方々にお話をしても
皆一同に「そんなはずはない」というのですが
実際に乗っていただいてデータとして確実にあるのです。


勿論、極端な土地ですから
単純に小金井の坂下に、向かないだけだとは思います。
平坦な土地に住んでいる方にとっては
何も問題なく乗れるとは思います。


ですから、サイクルショップシンワでは
このデュアルドライブは、発表された当初から
一切取り扱うつもりがありません。
状、他のアシスト自転車でも十分機能しますし
これでなくてはいけない理由がないからです。


また、前輪モーターに関しても他社の展示会で
回生充電はほとんど意味がないという話を
直接、技術開発の方に伺ったことがあります。


これは私の持論ですが、沢山ブレーキをするということは
それだけ下り坂=上り坂ということですから
いずれかの片道で普通以上のパワーを必要とするわけですね。
仕様エネルギーを回復エネルギーが上回ることはないはずなので
結局再生能力はそれほどアテにならないと思っています。

ですから、パナソニック製の回生充電タイプも
一度も販売したことがありません。

----------------------------------------

ビッケグリーはデザイン的にも素晴らしいと思います
いわゆる”ただのママチャリ”から脱却した
おしゃれな自転車として、若い世代にも
共感してもらえるモデルだと思います。

ただ、サイクルショップシンワでは薦めません。

あとスマートコントロールブレーキですしね。


さて、ビッケシリーズですが
最後のひとつ、ビッケモブのご紹介です。

ビッケモブは、従来のビッケです。



ビッケj、ビッケmと共に
モブもアシストモデルと一般車モデルが
従来通りラインナップされています。

ちなみにこちらも従来通りですが
スマートコントロールブレーキ採用です。

ヤマハの新しいPass Babbyはブリヂストン製ではないので
ツーピボットブレーキになります。
安全性やメンテナンスの頻度が段違いに良いです。


何度も書きますが、
スマートコントロールブレーキは欠陥品です。

なお、前回の記事で少し触れましたがモブに関しては従来品
つまりヤマハ製のバッテリーシステムを採用していますが
スイッチやバッテリーは、先日発表された
ヤマハの新型のものとは異なるものとなります。

ここで少しまとめますと、ビッケシリーズといいながら

ポーラー:パナソニック製2015バッテリーシステム
グリー:ブリヂストン製デュアルドライブシステム
モブ:ヤマハ製2016バッテリーシステム


という、何だかよく解らないことになっています。

今回、最も大々的に打ち出した発表が
この体たらく(あえて書きます)ですから
迷走っぷりに拍車をかけたことを露呈しただけかなというのは
きっと私個人の印象だけではないでしょう。


その4へ続く。
posted by シンワ店長 at 14:50| BS展示会

BS展示会レポ 2016冬 その2

BS展示会レポート、その2です。

今回はアンジェリーノから子乗せシステムを受け継いだ
ビッケポーラーについて詳しくお伝えしていきます。



さて、ビッケポーラーですが
パナソニック製モーターや
バッテリーシステムであることはさておき
ユーザー視点で何が変わったかといえば
やはり一番大きいのは、前部チャイルドシートでしょう。



従来の形状とは全く違う、新しいものとなっております。
見た感じもシンプルで、軽量化もされていて
これについては「やっと」良くなったという印象です。

正直従来のものは組み立ても大変なくらいパーツが多く
そのため重量も重たくなっていたり
無駄な機能がついていた
ために
個人的には好きではありませんでした。

パナソニックが昨年から採用しているものを見れば
その違いは一目瞭然ですが
今回はそれにかなり近づいたと言えるでしょう。

デザインは近未来的というか
やわらかいイメージを打ち出しているにしては
宇宙船的なデザインなので、賛否はあるかもしれません。



全体的に「片手で操作できる」ことを重視した設計のようで
ヘッドレストやフットレストのスライド、グリップバーも
片手で操作できる機構を取り入れたようです。

ただ、個人的にはちょっと硬いイメージがあったので
特にフットレストは「これ本当に5段階に片手で微調整できるかな?」
という感じでした。
今後改良されることを願います。


さて、チャイルドシートですが、ビッケシリーズということで
とても残念なのがクッションが別売りという事です。


「そのままではすぐ使えない」

価格設定としては、従来のアンジェリーノの価格よりやや安く
クッションを含めて同等の価格になるようにしてある
そうですが
クッション別売りというのは実はユーザーにとって
不便な点になりかねない
ので、ある意味不満ではあります。

店頭展示する商品が、すぐにお渡しできる状態にするためには
私たちが任意でクッションを選んで展示することになりますが
ユーザーの方が欲しい色ではなかった場合
改めてその部分だけ注文となると、お待たせさせてしまいます。
しかし私たちがクッションだけ在庫を抱えるわけにも行かず
また、ピーク時の注文だと一ヶ月在庫待ちとなる恐れもあります。


ビッケシリーズは個人的にデザインは好きなのですが
チャイルドシートのこの酷い仕様によって
”売れるものも売れない”という事実もあります。

元々、専用チャイルドシートしか取り付けられない上に
そのチャイルドシートがクッション別売りで
他社のチャイルドシートより高い価格設定
だからです。

従来のbikkeシリーズでも、チャイルドシートだけでも
前部チャイルドシートで定価12,980円にクッションが+5,060円で
合計すると前のチャイルドシートだけで2万円近い出費になります。
さらに後ろでも2万円ほどかかりますので
前後で乗せようとすると4万の出費がユーザーにかかってきます。

たとえばOGKなどですと、前部で12,000円以内
後部だとチョイスによれば10,000円以下で十分収まります。
BS製のハイバックスタイルの後部チャイルドシートでも
9,800円ほどでつけられます。

ビッケシリーズの最大の魅力はカスタマイズ性ですが
本来変更可能な部分にまで縛りをつけて販売するやり方は
正直、賢いとは思えませんし
実際この当りは、同じ車体を使っていた
ヤマハのPAS Babbyが人気な理由にもなっていました。

(後部チャイルドシートが自由に変更できるため)

ちなみにビッケポーラーの後部チャイルドシートは
従来のものとは別の専用品ができるようなので
従来のビッケからの取り付け替えは出来ないと思われます。
(※正式な情報が入り次第改めてお伝えします。)


チャイルドシート以外にも目を向けてみましょう。



フレーム、モーターユニットを別のメーカーにした為
一から設計し直すことで細かい部分が良くなりました。
低床フレームが一般的となりましたが
やはり跨ぎやすさは低い方が断然いいですね。
アンジェリーノプティットと比べて38mm低いそうです。

あと地味にワイヤーフックが使えるのではないかと期待しています。

これに関しては他社も外れることが多かったので
チャイルドシート依存ではなくハンドルバー依存のクリップは
他社のものにも流用できると思うので
補修パーツとして活躍してくれそうな気がします。


ブレーキは残念ながら相変わらず
スマートコントロールブレーキを採用しています。




もう本当に、これさえなければ十分
ギュットシリーズに対抗できると思う
だけに
非常に勿体無い部分ですね・・・

いい加減やめてくれませんか?
この欠陥商品を使うの。


欠陥商品といえばこちらも改良されないままですね。



パナソニック製品で採用されている”くるピタ”システムは
スタンドロックと連動させた”スタピタ”として非常に優秀で
固定した後にハンドルを動かしても
ロック機能自体の損傷が一切ない
というものですが
ブリヂストンのハンドルロックは動かすと損傷を与えてしまいます。
つまり動かすほどに壊れていき、最後は効かなくなります。

特に駐輪場などで移動させられた際に
知らない人に動かされてしまって
知らない間に破損というケースがほとんどです。

単純にくるピタを採用したらいいんじゃないですか?
スマートコントロールブレーキしかりですが
こういう無駄な自己満足のこだわりが
ユーザーに見えない部分で負担をかけていることに
気づけないようではブリヂストンの技術開発部門も
その技術レベルは、たかが知れています。


一度乗ってみたらいいんですよ、パナソニックのギュットに。
机上の空論で設計するからこういう粗末なものになるんです。




バッテリーは前述のとおりパナソニック製です。
バッテリーシステムは2015年までのモデルで主力だったものであり
パナソニックの現行のバッテリーシステムより劣ります。
写真を取り忘れましたが、スイッチパネルも
昨年までのモデルのものを流用していますので
(一応2016モデルにも一部はまだ採用されています)
いわゆる型落ち製品となっています。

隠してもバレますからね。先に書きますよ。

同じ製品を作ってるメーカーから供給されるんですから
メインで使ってるものなんて供給してくれるはずがないんです。

後に書きますが、従来のビッケも、ヤマハは新型をリリースしましたが
ブリヂストンは旧スイッチを使うことになっています。

つまり最新モデルですが、中身は最新型ではないんです。

それでもセールスの話だと
「パワーがぜんぜん違う、パナソニック凄い」
というくらいですから、まあパナソニック様々ですね。

・・それって敗北宣言なんですけどね。

最後に、ひとつ気になったのは後輪のハブでした。



内装3段ハブということ自体は従来製品と変わらないのですが
”強いモーター”という話からピンと来たのは
新たしいユニットがパナソニックで採用されている
パワーユニットではないかということです。

パナソニックの場合このパワーユニット搭載のものは
強化ハブを採用しているのですが
一般的なハブをつけたビッケポーラーの
強度が保てるのかという問題が出てくる
ため、やや心配ですね。

なお、ビッケシリーズとの統合に伴い
26インチサイズの子乗せは廃止となったようです。
結構需要あると思うんですけどね・・

以上、長くなりましたが
その2ではビッケポーラーについて詳しくお伝えしました。

その3へ続く。
posted by シンワ店長 at 13:47| BS展示会

BS展示会レポ 2016冬 その1

11月16日の水曜日に都内で行われた
ブリヂストンの展示会に行ってきました。



この発表会に先立ってヤマハから発表された
新たな電動アシストモデルのフレームが
ブリヂストン供給ではなくなった
ことで
(ジャイアント製になるそうです・・そこも微妙ですね)
ついにヤマハとブリヂストンの決別という
決定打が打たれたことを知り
個人的には、ある意味興味・関心の強い発表会でした。

ヤマハとの共同開発がなくなるブリヂストンが
今後の方向性として、どうしていくのか、どうしたいのか。
今回はそのあたりの展望も含めてレポートしていきます。

今回の発表会、来年モデルにおいて
おそらく多くの皆さまが驚くことは
アンジェリーノというブランドがなくなったことでしょう。



とはいえ、ご覧のとおり、ビッケシリーズに統合され
子乗せ電動アシストというもの自体は継続します。

見た感じもほとんど差はありません。
大きく変わったのはバッテリーシステムと
前部チャイルドシートの形くらい
でしょうか。

個人的な意見ですが、電動アシスト自転車が
今のように当たり前になったきっかけを作ったのが
2009年の法改正と共に登場した
新たなアンジェリーノアシスタだと思っています。

勿論その前からアンジェリーノ自体はありましたが
前後子乗せ対応電動アシスト自転車として
爆発的といっていいほどのヒットを飛ばし
それまで、高齢者向けのイメージだった電動自転車を
一躍、若いママ世代のマストアイテムに位置づけました。

そのアンジェリーノシリーズを撤廃したことは
ブリヂストンにとって大きな転換期だと私は思います。
これまでヤマハのモーターを採用し
二人三脚で発展してきたものを、ここで一度壊したわけです。


そして新たに登場したビッケポーラーというこのモデルは
パナソニック製のバッテリーシステムを採用しました。

自転車業界の中でツートップといえる
ブリヂストンとパナソニックですが
ブリヂストンがパナソニックのシステムを使うのです。

元々、ヤマハと共同で開発していたところで
自分たちでも作れると言い出し
デュアルドライブシステムを開発し
ヤマハに喧嘩を売ったあげく
結局子乗せ自転車を独自で開発できず
見限られた後に、ライバル会社から供給してもらう。


これを迷走といわず
何といいましょうか。


ユーザー視点で言えば、最終的によいものができれば
中身が何であろうと構わないとは思います。
しかし、一流メーカーとして、ブランドとしてどうなんでしょう?

正直、昨今は一般車ですらユーザーのニーズに
十分に応えられているとは言えず
ユーザーのメーカー離れがかなり増えている現状です。


独自の電動の開発に力を入れすぎて
自転車のトップブランドとしての地位が
本当に揺らいできている現状です。

こんな迷走をするくらいならいっそ
デュアルドライブなんか止めて、電動事業から撤退して
その予算すべてを一般車につぎ込んで
本当によい自転車を開発してもらいたいとすら思います。


かつてパナソニックがそうしたように
一般車を切り捨てて、渾身の電動アシストを作るというような
役割分担というか、住み分けがあってもいいと私は思います。


さて、レポートと言いながら
珍しく写真がほとんどでないまま
私の想いだけを載せて、ひとまずその1を締めたいと思います。

その2からは新商品の写真や解説をつけてお送りします。
posted by シンワ店長 at 13:46| BS展示会