2017年04月18日

品質とは



ブリヂストンから届いた自転車です。
角に凹みがありますね。



こちらは横から見た状態。

写真ではわかりづらくなってしまったのですが
下部に大きな凹みがあり
その衝撃の大きさから、縦に一本、折り目が入っています。

どんな輸送をしてきたのかわかりませんが
この状態で中身が不安じゃない人がいるでしょうか。

実際、ブリヂストンの自転車を組み立てる際に
傷が入っていたりすることは結構な頻度であ

お店に並んでいる商品や、お客さんが手にした商品では
全く知る由もないことですが
パーツ単位、あるいは酷い時は車体ごと
返品交換してしまうことも、多々ある
のです。

他のメーカーでは、そこまで多くありません。

私が思うに、ブリヂストンというメーカーは
自社の製品にプライドがないようです。

「いいもん作ってるんだから
 お前ら買えよ。売れよ。」


そういうものが伝わってくるのです。
しかし、実際はいいものでもなんでもなく
中国で作らせた普通の自転車で
それをどんどん値上げして高級車とか言っている
のです。

ちなみにこの自転車は現行で定価35,800円(税別)ですが
数年前までは29,800円(税込)ほどでした。

5月より、全体的な値上がりがまた行われます。
このクオリティで、3,000円も上げるとか
正気の沙汰ではありませんね。


先日、高級ブランド志向にシフトすると発表がありましたが
さぞかし高品質になる事でしょうね!期待してますよ!!!

もちろん皮肉です。

そんなにすぐに体質が変わるわけないじゃないですか。
腐ったリンゴを取り除かない限り変わりませんよ。

私は今のところ(というかここ数年ですが)
この会社には一切期待をしていません。

近い将来、お店からブリヂストンの自転車が
消える日がやってくるのではないでしょうか。
その前に街の自転車屋さんが無くなってしまう方が杞憂ですが。

トリクルダウンはいつ来るんですかね?
posted by シンワ店長 at 15:31| 日記

2017年04月11日

やっぱりダメ

本日はスマートコントロールブレーキの話題です。

<過去の記事>
BS製品のスマートコントロールブレーキについて
スマートコントロールブレーキは欠陥品
スマートコントロールブレーキの欠陥について
ダメなものはダメ

↑日に日に記事が増えてきています・・↑

ブリヂストンの子乗せ電動アシストでは
かなりの種類で使われています

このクソブレーキ(きっぱり)



今回は、以前販売したお客様ですが
実はこのお客様に販売した頃が
スマートコントロールブレーキが
使われ始めた初期の頃でした。

その時点で既に、いかに酷いパーツかを
組み立てている時に気づいた
ため
それ以降、ブリヂストンの子乗せアシスト自転車は
一度も在庫してきませんでした。
(ビッケポーラーはブレーキ交換して在庫しています)

この自転車は、販売当時から、申し訳ない気持ちでしたが
何度も調整を行ったにもかかわらず(ほぼ無償)
殆ど効果が見られず、不具合を連発していました。


そして、ようやく昨年末に
別パーツに交換できる事が解ったので
お伝えして、持ってきて頂いたのですが
既に破損状態まで行っており
走行中にブレーキが全く利かない状態になったそうです。



動作だけでなく、強度にも
問題があると証明されました。


こんな壊れ方、普通しませんよ。
一般的なWピボット式ブレーキにも
接続部に似たようなパーツがついていますが
こんな壊れ方は普通はしません。

しかもこの事例は今回だけではなく
何度か他の方でも見られた症状です。
締めなおしても、また緩んできます


小金井は坂の町です。
しかし、坂のある町は小金井に限りません。

子供を乗せる自転車についているパーツが
こんな酷い状況でいいんでしょうか?


こちらが新しく変えたパーツです。



普通の、Wピボット式ブレーキです。
他のメーカーでは普通に使われているパーツです
しかも、ブリヂストンから取ったパーツなんです!

”普通の”と書きましたが、厳密に言うとちょっと違います。
実はこの自転車の場合、タイヤの厚みがあるため
アームの長さが特殊なものしか使えないのですが
なんと同じブリヂストンの自転車に使われていた
のです。
アシスタユニ・プレミアという自転車です。
笑い話ですね。

つけられるんです。
できるんです。


しかし、いくらクレームを出しても、変えてこないんです

過去にもそういうことはありましたが
いつの間にかこっそり変えてきて
「壊れたら今のパーツに変えてもらってください(有料)
とか、平然と言われたりしました。
(※アンジェリーノアシスタのスタンドなどがその例です)

それがブリヂストンです。
あまりに怠慢、あまりに酷いですね。

一日も早く、この不具合オンパレードの
スマートコントロールブレーキが
世の中から消滅することを願っておりますが
現状ではなかなか難しいでしょう。

メーカーは無能すぎて、
自分たちが開発した、このクソパーツが
素晴らしいと勘違いしていますから

皆様が声を上げていかないと
減るどころかどんどん増えていくでしょう。


事故が起きてからじゃ遅いんです。

なお、スマートコントロールブレーキを
通常の、普通のブレーキに交換する修理は
いつでも受け付けております。
posted by シンワ店長 at 14:45| 修理

2017年04月10日

最低の行為

ブレーキがおかしいという方が見えました。
見ると、後輪のブレーキ本体が壊れてしまい
握っても全く効かない状態でした。

長年使ったブレーキなので
内部的に壊れる可能性は十分あり
交換する必要があるわけですが
「交換するのにどのくらい時間がかかるか」
と聞かれたので、30分くらいあれば十分と答えました。

しかしその方は急いでいるらしく
「また後で来る」と言い、乗って行こうとしました

ブレーキが壊れている状態で乗ることは違反運転です。

気を付ければいいという問題ではありません。

ピストなどのブレーキなし自転車と同じです。
ブレーキを付けていないピストが
「気を付ければ大丈夫」と言っても
ばかじゃないの?という話で
ただの迷惑車両でしかないわけです。

ブレーキなし自転車は違反行為として
警察に逮捕された例もあります。

ブレーキが壊れていることを自覚していながら
ブレーキが利かない状態で乗ることは
ピストなどのブレーキを付けない自転車と同じです。


説明したうえで

「うん、でも急いでるから」
「これ届けないといけないから」

頭おかしいんじゃないの?

呆れますね。

ダメなものはダメなんです。
そういういい加減な人間がいる事で
事故が増えて、ルールが厳しくなっているのです。

自分だけは大丈夫とか思っているんでしょうね。

こういう子供でも分かりそうなことを
大の大人が平然とやってしまうことに
心底呆れております。

最終的に「急いでるからこれだけ」と言い放ち
乗って行ってしまうわけですから。
70歳過ぎた人間がね・・。

自己中心的でルールやマナーを守れない人間がいる限り
自転車の肩身が狭くなることを止められないでしょう。
posted by シンワ店長 at 10:35| 日記