2017年05月12日

またヨーカドー

久々にイトーヨーカドーの話です。
イトーヨーカドー武蔵小金井店
でやられた劣悪修理の話です。

もはやネタの宝庫になってますね(呆れ)

いっそのこと、ヨーカドーというカテゴリを作ってやろうかしら。

さて、スポークが折れたということで
修理に来た方のタイヤを外したところ・・


なんで2枚?

リムバンドの上にリムテープが貼られていました。

リムバンドは、スポークを止めるニップルが
チューブにあたって穴が空ないよう
リムの内側に巻いてあるもので
ゴムバンドやテープなど
種類的にはいくつかあります。

しかし、バンドの上からテープを貼るというのは
意味不明です。



なぜ意味不明かというと
上から貼る理由がないからです。
もしリムバンドが劣化していたなら
交換する際にバンドごと交換するのは
当たり前のことです(そこに料金なんてかかりません


例えば上から重ねたものが下の幅とサイズが違う場合
チューブを噛んでしまいパンクさせたり
今回の例で言えば、上に貼ったテープが劣化して
剥がれかけた時に硬化してチューブを傷つけたり
やはりチューブを噛んでしまったりすることで
内部からチューブに穴をあける可能性があるからです

そんなリスクを負う必要がどこにあるでしょう?

修理が終わり、引き渡しの際にお客さんに確認したところ
数か月前にヨーカドーでタイヤ交換してもらったとのことで
犯人がヨーカドーであると解りました。

過去にも書いたことがありますが
なぜ壊れたのかを考察できる能力や
そのパーツがどういう役割をして
どのような壊れ方をする可能性があるか、
壊れた時にどういう影響が出るのかなど
そういう事が解らなければ修理してはいけないと思うのです。


自分でいじるならいいですよ。
お金をもらって、やるわけですから。

素人みたいなことをやって
平気な顔してお金を請求できる神経が
私には理解できません。

そんなものは、もはや
修理ではなく破壊です。


イトーヨーカドーという看板を背負って。

少なくとも、残念ながら
武蔵小金井のイトーヨーカドー
は、そういうお店です。

センスがないやつは仕事を辞めてください。
100台、一から組み立ててから出直してください。

余計な事されると迷惑なんだよ。
posted by シンワ店長 at 15:31| 修理