2017年05月15日

"本当のプロは個人店"のはずが…

本日、修理に持ってこられた方の自転車で
あまりに酷いものを見たので
写真はありませんが、書いておきたいと思います。

お客さんは、状態を見てほしいという事で
ご来店いただいたのですが、話を伺うと
「チェーンあたりから何か音がする」という事でした。

チェーンのたるみか何かだろうと思って見たところ
後輪に油をかけた痕跡がありました。
それも、かなり雑に、べとべとした油がついていました。

更にお話を伺うと、最近、ある個人店(購入店)で
点検をお願いしてもらった
という事でした。

鍵や後輪のスプロケット(ギヤ部)に注油したと思われますが
鍵にオイルはナンセンスだし
スプロケットやハブ軸に油がついているのに
チェーンに全く油がついていない状態

一体何をしたのか?と目を疑うほどでした。

スプロケットに油をさすと
内部的に破壊される可能性があるという事は
ご行く最近の記事でもここで書いたばかりです。


しかも、”雑に”油をかけている為
スポークのあちこちが油まみれになっており
飛び地の様に油がまだらについていました。

どうやったら、こんなに
粗ぶった油のかけ方ができるのか
再現するのが逆に難しいレベルでした。


例えば、水鉄砲の様に、1mくらい離れた場所から
油を飛ばして狙い撃ちしたんじゃないか?
というくらいでした。
いやそんな事ありえない話ですが…とにかく呆れます。

もはや点検ではなく破壊しているわけですから
できそこないの量販店レベルの仕事です。

ちなみに小平のお店だそうです。

素人が勝手に油をさしたならまだしも
プロが、点検と称して1,000円も頂いて
こんなアホな事をやっているようでは
非常に悲しいことですが、個人店にお客さんが来なくなるのも
なんだか納得してしまいますね…。
posted by シンワ店長 at 11:49| 日記