2017年08月28日

その後

前回の記事の続きです。

サイクルスポット武蔵小金井店で
壊されたパーツ
を交換しました。



アシスト用の内装三段変速強化ハブの
ベルクランクの一部が破損していました。



この部分ですね。

この半円の部分に、ギヤを調節する為に
ワイヤーの先端をひっかける必要があるのですが
ここを折られてしまった為に、外れてしまい
ギヤが機能しなくなっていました。



新しく交換したパーツです。
どのくらい欠落していたかがよく解りますね。

車輪を固定している周辺の他のパーツと比べ
この部分はプラスチックで比較的脆いのは事実ですが
外部的に何かが当たるとは考えづらい場所です。

車輪を外したりする際に強引に何かをひっかけたり
前回も書きましたが、外し方を知らない人間が
ドライバーなどを無理やりはめて外そうとすれば
おそらく、一番弱いこの部分が破損するのは予想できます。


その証拠に、ワイヤーの方のひっかける部分である
ナットの一部が削れていたわけですから。



これはもう、修理ではなく破壊です。

タイヤを外した際に「ギヤがおかしかったので直しておいた」
なんて言っているくらいですから
手を加えたことは100%間違いないわけです。

サイクルスポット武蔵小金井店の人間が手を加えると
大体このようにおかしくなっているのです。

タイヤ交換をすればブレーキが壊れ
チューブ交換をすれば車軸が歪み
タイヤを外せばギヤを破壊するわけです。


更にその修理を自分のミスだと認めず
万単位の法外な金額を請求するようなところです。

これは全部事実です。
嘘だた思う方は、記事を遡って見てください。

2016年の春以降、内部の人間が変わったという噂以降
特に今年の春以降、毎月の様に被害者が後を絶えません。

ヨーカドーの足元を見た強引なタイヤ交換や修理の下手くそさが
可愛く思えるほどです。

それには問題が一つ
多くのみなさんが理解できていない事があります。

チェーン店は自転車屋さんではありません。

サイクルスポットも
サイクルベースあさひも
ダイシャリンも
当然ヨーカドーもJマートも
その他もろもろ、量販店はすべて
自転車を商売の一つとして
ただ自転車で金儲けしようとしているだけ
たまたまそれが自転車だったというだけで
決して、「自転車屋さん」ではありません。

もちろん、私たち個人の自転車屋さんも
自転車を商売にしているだけかもしれませんが
私たちには仕事としてのプライドがあり
組み立てや修理をする際に必要な技術というものを
誇りに思っています。


それに引き換え、上記のような大型店は
まずそもそも学生アルバイトを雇ったり
全く知識のない人間でも売り場に投入し

技術は二の次、売ってナンボ

という商売をやっているだけですから
「壊れたものを直そう」という技術や
「より良くしよう」という
精神なんてものは最初からないのです。

それが解っていれば、こういう事態は避けられるのです。
ユーザーの見極めが出来なければ
今後も、被害者はどんどん増えるだけでしょう。
posted by シンワ店長 at 12:36| 修理

2017年08月20日

もうやめて

またまたまた(何回目?)です・・。
サイクルスポット武蔵小金井店壊されたお客さんです。

今回はチューブを交換するついでに
内装三段強化ハブを破壊されたようです。



ベルクランクの、ワイヤー先端のパーツをひっかける部分
爪が削れてしまい、引っ掛かりが甘くなってしまっていました。
写真ではちょっと解りにくいですが
もう少し長いんです。爪の部分が。

強化ハブの場合、旧4段変速と同じような構造になっており
そんな事は自転車を仕事にしていれば誰でも知っている事ですが
この取り外し方を知らずに無理した結果
プラスチックのパーツであるこの部分を破壊した
事は
容易に想像できる話ですね。



六角の一部だけが異常に削れていました。
”何か”をした痕跡です。

お客さんは預けた際に、そのような症状はなかったとのことで
引き取る際に「ギヤがおかしかったから直した」と言われたそうです。

しかし、乗ってみると前は何もなかったのに
突然空回りするような症状が出たそうです。
おかしいと思い、当店に持ち込んで頂いたわけですね。
チューブを変えた時、当店が休みであった為
仕方なくスポットへ向かったという事でしたが
このような酷い事をされるようなお店は
一日使えなくても我慢した方がいいですね。


チェーン店ではなくとも、同じ仕事をしている人間からすれば
どこで直してもある程度最低限は直してもらいたいものです。
まして、壊されるなんてありえない話です。
お金を払って壊してもらうって、
いったいどういう事でしょう。

ちなみに強化ハブの取扱説明書には
ワイヤーのセッティングをした後に一度変速させて
元に戻した時に、ずれがないかを確認する
という項目があります。
大抵の場合、一度外したりするとズレますが
何度か変えているうちに元の位置に戻る事もありますので
最初にずれていても調整せず直すことも可能です。

おそらくそういう事も全く知らず
最初にズレていたからいじった、
或いは、外す時に無茶をしておかしくして
更にそれを戻す方法も知らずに

一回確認しただけで直ったと思い込んで
ドヤ顔で「直しておきました」なんて言ったんでしょう。

素人すぎて笑えませんよ。

何度も書いていますが私は
サイクルスポットに潰れてほしい訳でもなく
私が凄腕だから当店に来てほしいとかいう訳でもなく
単純に、ちゃんと仕事しないと
修理に来る人が迷惑しているし、倍以上お金がかかって
被害者が続出している
という事を知ってほしいのです。

ただのヤブ医者ですよ。
修理に行ったことで、それ以上のお金がかかるんですから。
修理じゃなくて破壊です。

とんだ迷惑です。
posted by シンワ店長 at 15:56| 修理

2017年08月03日

多発しすぎる

8月になりましたが、7月中も二次修理が相次ぎました。
ここのところ何度も記事に書いていますが
やはりサイクルスポット武蔵小金井店
何かおかしな方向に向かっているようです。

月末には、とても理解不能な事がありました。

ご来店いただいたお客さんが
「ガタガタだから買い替えようと」とおっしゃるので
自転車を見てみると、結構綺麗に乗っていらっしゃるようで
ぱっと見た感じ「え?」というくらいでした。

そして実際見てみると、タイヤはまだ摩耗しておらず
車輪も歪みはなく、フォークが曲がってるわけでもなく
ペダルもしっかり動くし、カゴもハンドルも異常なし。

話を聞けば、サイクルスポットに持って行ったところ
「タイヤはもうだめだし、車輪もガタガタで
これはもう直すとお金がかかるから
買い替えた方がいい」


と言われたそうです。

お客さんは、音がするという事で持って行ったそうですが
その音の原因はチェーンのたるみによるもので
チェーン引きをすれば直ってしまうくらい
普通の調整で終わるもの
でした。
ちなみに500円です。

一体、どこをどう見て
タイヤがダメで、車輪がガタガタなのか
説明を願いたいと思うくらい意味不明

しかも、気けばその自転車は
サイクルスポットで購入していたもので
まだ2年しか乗っていないというじゃないですか!

どうりで、まだ新しい感じに見えたわけです。
十分まだ新しいじゃないですか!

理解不能すぎて呆れて言葉がでません。

自分のところで販売した自転車でも
どうでもいいと考えているんでしょう。
そこが量販店の特徴ですね。

販売した時の事なんて覚えていないでしょうし
人も変わってしまっていれば思い入れなどありません。
仮にお得意さんの相手でも誰だか解らないのでしょう。

そんなことより
来たお客さんからお金をいくらとれるか
買い替えさせて売り上げを上げるか

という事しか考えていなんでしょう。

別の、東小金井の方から来られたお客さんは
スポットがおかしいという記事を見て
はっと思い立ってわざわざ坂下の当店までいらっしゃいました。

点検をすると異常な場所が見つかり
その事を説明すると、なんと先日
その部分はサイクルスポットで直した場所だと解りました。


そんなにピンポイントで出るものかと私も驚きましたが
お客さんはわざわざ来てよかったと仰っていました。

当店でもこんなに来るわけですから
修理ミスはもっと多発していると
言えるでしょう。


本当に、被害者が出ない事を願うだけです。
posted by シンワ店長 at 15:05| 日記