2017年10月30日

ベアリングが・・

本日のびっくり修理はこちら



ベアリングが一つもありません。
前輪の、左右両側。

「車輪がガタガタする」というお話でしたが
ガタガタしてたのはどれ程前からでしょうね・・

ここまで行くにはそこそこの時間
或いは距離を乗らないとなりません。

まず、がたつきが出る前に音が出ます。
ベアリングの周りのグリスが切れて
金属同士がこすれてキュルキュルなっている時期が
しばらくあるはずです。

その後、ベアリングが砕けたり
グリスが無くなった隙間からがたつきが大きくなり
ベアリングが脱落します。



こちらがベアリングです。

この金属の球が砕けるというのは
丁度コーヒー豆をひいてる状態だと思ってください。
高回転する中で、がたつきがありますと
軸が乱雑に回転し、豆をひくようにベアリングが砕けます。

おそらく、最初の音が出てからこの状態になるまで
雨の時期が重なれば一か月くらいでしょう。


一か月も異常な状態で乗っていたことが異常です。

ベアリングに異常が出れば抵抗が増えますから
走っていても重いとか、音がでるとか
体感として、明らかな違和感があるはず。

そんな状態で乗っていれば壊れるのは当然です。
我慢して直るとか、自転車が壊れないと
思っている人がいたら大間違いです。




ベアリングを入れなおして、グリスを塗った状態です。
厳密にはグリスを塗ってベアリングを入れて
最後にまたグリスを塗った状態です。

こうすることで内部の密着度が上がり
防水効果も高くなります。

今回はベアリングの脱落だけで済みましたが
かなりのがたつきを起こしていたため
その状態で放置していたら車軸が折れて
前輪が飛んで行って大事故につながった恐れもあります。


前輪が脱落すると、大体30cmくらいハンドルが落ちますので
あごや鼻をハンドルに叩きつけて骨折したりします。

更に、前輪が無い状態で前に進もうとしているので
フロントフォークが地面に突き刺さって止まり
走行速度のまま、前方に吹っ飛んでしまう
などが考えられます。


もしそれが、下りの坂道だったら更に勢いが増します。

無茶苦茶恐ろしいですね。

実際、外す前に、軸が折れてる可能性もあるかと
少し不安になったくらいです。

何かしらの異変や音などの症状がでた自転車は
非常に危険な状態になっていることもありますので
乗れるうちに点検に行くことをお勧めします。
posted by シンワ店長 at 11:38| 修理

2017年10月28日

TB1入荷!

ブリヂストンサイクルが提案する
通学通勤向けのクロスバイク
TB1の2018年モデルが入荷しました!



TB1は、主に通学や通勤向けに開発されたクロスバイク
従来のクロスバイクというスポーツに特化したカテゴリから
日常的に乗る自転車という部分に重点を置きながら
クロスバイクの使い勝手の悪さをカバーし
より実用的にした画期的なクロスバイクと言えるでしょう。

「こういうの欲しかった」というご意見が沢山あるように
発売以降、人気は高く、新しいスタンダードとなりつつあります。

ドロヨケ標準装備、クロスバイクにしてオートライト搭載
ロックキーも車体に固定のタイプで
後輪はローラーブレーキを採用していますので
メンテナンスの頻度も多少減らすことが出来ます。

本格クロスバイクを乗っている方に言わせると
邪道とか、蛇足というご意見があると思いますが
通勤や通学に乗るには最適と言えるでしょう。
日本の生活にマッチしたクロスバイクですね。

店頭在庫のカラーは人気のマットグレー
フレームサイズは480mmとなります。

勿論、他のサイズやカラーもご注文承ります。
posted by シンワ店長 at 16:22| お知らせ

2017年10月24日

新型シルヴァ入荷!

ブリヂストンサイクルの人気スポーツ車
シルヴァの2018年モデルが入荷しました!

s171024a.jpg

シルヴァF24はシルヴァの中でもエントリー車種ですが
軽量11.7kgと非常に取り扱いやすく
24段変速ギヤで軽快に走る事が出来ます。

また、2018年モデルからはスタンドが標準装備となり
ワイヤー錠、や外付けランプも従来通り付属しますので
気軽に始められるスポーツ車としてお薦めの一台です。

店頭在庫のカラーはヨークオレンジで
フレームサイズは490mmとなります。

勿論、他のサイズやカラーもご注文承ります。
posted by シンワ店長 at 18:23| お知らせ

2017年10月16日

在庫一掃セール

2017年も残り3か月を切りましたが
今年は各メーカーから、例年より早く
新モデルのリリース情報があり
早ければ今月中にも2018年モデルが登場します。

そんなわけで、サイクルショップシンワでは
子乗せ対応電動アシスト自転車の
在庫一掃セールを行います!


現在店頭在庫の商品が対象となりますが


ブリヂストン・ビッケ・ポーラー(ダークグレー)
定価 税別132,800円(税込143,424円)
 → 特価 120,000円(税込)




パナソニック・ギュット・ミニ・DX(マットダークグリーン)
定価 税別142,000円(税込153,360円)
 → 特価 129,800円(税込)



パナソニック・ギュット・ステージ22(マットカーキ)
定価 税別122,000円(税込131,760円)
 → 特価 111,000円(税込)


全て1台限りとなります。

なお、当店では地域密着型の店舗として
遠方の方への販売は行っておらず
商品の発送も一切行っておりません。

サポートの関係上、基本的に市内および近隣の方が対象
店頭販売のみ、お支払いは現金での対応となっております。
posted by シンワ店長 at 23:59| セール情報

2017年10月13日

フレッシュタウン入荷!

丸石サイクルより低価格帯のシティサイクル
フレッシュタウンが入荷しました!



先日お伝えした通り、あっと驚くシリーズ第一弾。

こちらは外装6段ギヤ、LEDオートライト
ステンレスバスケット、ステンレスドロヨケ

驚きの価格、2万台前半でのご提供となります。

従来、サイクルショップシンワでは
低価格帯の自転車を在庫しませんでした

昨今、車体価格が暴騰していく自転車業界の中で
生き残る術として来季に向けて
オープン価格帯の自転車も積極的に在庫していく予定です。

最低限、メーカー製品に限ります
当店クオリティでの最低限ですので
ご安心頂ける内容となっております。
勿論、BAAもついています。

「メーカーの自転車に乗りたいけれど高くて手が出ない」
「安い自転車でいいんだけど変なのは心配」


という方にはとっておきかと思います。

量販店で売られるようなモデルより、少し上のグレードで
量販店でも売られていることがあると思いますが
その道のプロとして、同じ商品でも
組み立てや整備がしっかりしている事や
お客様にしっかり合わせた状態でお渡しできる
事で

「安物がすぐ壊れる、使い捨てる」
というイメージを全力で
ぶち壊していければ
と思っております。

本当のプロがいるお店で買えば
仮に少し安い自転車でも長持ちしますし
長持ちさせる秘訣を伝授できます。

本物の自転車屋さんの”意地”をお見せします。
posted by シンワ店長 at 11:55| お知らせ

ブリヂストン展示会レポ 2017秋 その2

ブリヂストン展示会レポ その2です。

一般車についてご紹介していきますが
その前に、前回書ききれなかった部分の補足です。



充電時にボタンを長押しすることで
70-80%充電という機能が付いたそうです。


これは回生モデルにおいて、満充電の状態だと
過充電になってしまう事を防ぐため
バッテリーが8割くらいからでないと回生しない
という事で
最初から回生機能を使える状態をキープする為だそうです。

回生充電がやみつきの方へと書いてありましたが
ちょっとこの辺りについては、私にはよく解りません。
そもそも「回生充電は使えない」
というのが個人的な評価ですので・・。

さて、デュアルドライブの話はこの辺で
一般車の方を見ていきましょう。

トップモデルのアルベルト
ロイヤルモデルにL型が追加され
カラーバリエーションも増えたようです。
(写真を撮り忘れました)
価格が1,000円上がって77,800円税別。
なんと税込8万4,000円!
凡人には手が出ないですね。失笑

グリーンレーベルはオルディナを除いて価格変更はありません。



マークローザに関しては全体的に
ソフトなカラーイメージになった印象。

オルディナはチェーンモデルが無くなります。
シルヴァのベルトモデルと統一して
オルディナでベルトを展開する
ようですね。
5段と8段のモデルが登場します。

スポーツモデルと言えば人気のTB1もモデルチェンジ。



クロスバイクにしてドロヨケ・オートライト搭載で
ロックキーも固定になっている為使いやすさが魅力。
価格が1,000円上がってしまいますが
税別46,800円という価格帯も魅力の一つでしょう。

2018年モデルはカラー展開も増えて
より選びやすくなるため
ユーザーが増えるのではないでしょうか。

チェーンが外れやすいという問題を解消したそうです



以前のモデルは欠陥という事ではないですよね・・・??

キャスロングシリーズ、スクリッジシリーズ
カジュナステップクルーズロペタなども
1,000円ほどの価格上昇をするようです。



そういえばロペタは130cm台から乗れる26インチとして
主に小学校高学年の女の子に買っていただいていましたが
ここ数年問い合わせすらない状況です。

それもそのはず、6-7年前までは29,800円程度だったものが
とうとう5万円に突入してしまいましたからね・・
今回、ステップクルーズがダイナモモデルを廃止しましたが
それに伴い価格帯も一気に上昇してしまいました。
(実際の値上げは1,000円ですが
 36,800円のモデルが無くなったので最低40,800円になりました)


実際、坂のある小金井のような場所では従来
ギヤが必須の為、少しでも価格を抑える手段として
オートライトにしないという選択肢
がありました。
そして、坂のない隣町小平のような場所では
ギヤは要らないけどオートライトが欲しいそうです。

しかし担当セールスなどの話によると
「オートライトはギヤ付き、ギヤなしはダイナモしかない」
という今のラインナップ状況にしてしまった事で
どの町でも全体的に売れなくなったという話です。

当たり前ですね


昨今のブリヂストンは、市場を読めない能力が
脱帽するレベルの空振りっぷりをみせています。

作りたい商品を作るのではなく
ユーザーが本当に求める商品を作らなければ
どんどんシェアが減っていくのは目に見えています。


ヤマハに喧嘩を売った挙句
苦戦を強いられているアシスト事業
にしても
今回の展示会を見た感想で言えば、
他社にリードする部分は一つもありませんでした。

ヤマハと丸被りしたら完全に喧嘩売るから
どのメーカーもやっていないベルトドライブにして
フロントモーターだから大丈夫だよね。

という、センターモーターを使わざるを得ない状況から
スタートした事がそもそも間違いだと私は思っていますが
結果的にヤマハはおろか、パナソニックからも
システムを借りてこないと展開できない
のであれば
いっそ諦めて電動部門から撤退した方が
いいのではないでしょうか?

毎回、レポートのたびに書いていますが
今のブリヂストンの上層部は無能としか思えないほど
スタンドプレイに走っているようにしか見えません。

ちなみに今回一番シュールだったのは
ご年配のお店の方が3割くらい居たセミナー会場で
自信満々に2040年頃の話をしていた事でした。

以上、ブリヂストン展示会レポでした。

TB1とシルヴァの新モデルは
11月頃には店頭在庫される予定です。
posted by シンワ店長 at 11:54| BS展示会

ブリヂストン展示会レポ 2017秋 その1

先日、都内で行われました
ブリヂストンの展示会に行ってきました。



全体としては、ブリヂストンが打ち出している
アシスト自転車・デュアルドライブが新しくなる
という事が大きく打ち出された発表会でした。



一般車の方はマイナーチェンジが殆どで
全体的にやや値上げといった所でしょうか。
毎回展示会の度に値上げしているので
さらっと書いてしまう自分が怖いですね。
一般車は後程その2でご紹介していきます。

という事で、その1では
デュアルドライブのモデルについて書いていきます。

今回の目玉は、デュアルドライブの性能が上がった事で
スイッチパネルの刷新による説明も受けてきました



メーカー曰く
「昨今の手元スイッチは表示が複雑になりすぎている」
という話で、シンプルかつ
スタイリッシュなものを目指したそうです。

残量表示がデジタルで見られるという事でしたが
他のメーカーは何年か前から搭載しているので
今更感はやはり、ありました。

デザインもシンプルという事でしたが
文字表記が少なすぎて逆に
解りづらくなったのではないかと心配
もしています。

たとえるならば、某リンゴマークのスマートフォンは
「考えるな感じろ」というデザインだそうですが
世の中、感じられない人の方が大半ですので
逆にボタンが少なすぎて使い方が解らない
という話をよく聞きます
が、それに似てる気がします。

”イケてる人”には問題ないかもしれませんが
使いづらいというアンケート結果は
ご年配や女性に多かったと言っていたので
その辺りのミスマッチはどういう評価になるのでしょう。

それともう一つ、やはり気になったのは坂道発進です。
坂下の店として、一番重要な部分として見ているので
これははっきりと書いた方がいいでしょう。



従来と比べて変わった点は
・前輪が回転しなくてもモーターが動き出せる
・ブレーキを握っていてもモーターが動き出す


という仕様になったそうです。
実際に坂道で止まった際には後ろに下がってしまう為
ブレーキを全て離した状態でこぎ出す事は稀です。
そして、少しでも前に進まないとモーターが動かなかったことも
坂道発進での困難を解消したとのことでした。

このようにより現実的なデータを元に改善されたのですが
逆に言えば、従来のモデルは
このような状況に対応できなかったという事
であり
坂道の途中で止まってしまった場合
再始動することがかなり困難であることを
自ら証明する形
になっていた事に違和感を覚えました。

実際デュアルドライブのモデルは全てにおいて
坂道での再発進にかなり難があるというイメージが
私個人としてはありました。
そこに関しては他社のセンタードライブのモデルが
数歩リードしているという事は
ブリヂストンの社員も認めています。


また、自由が丘で行われた試乗イベントでは
アシストに乗った事がない人を例に挙げて
「とても軽かった」というVTRも出ましたが
乗った事がない人ではなく
乗った事がある人に聞いてみた方がいいと思います。



激坂での発進能力が30%増した
と、うたっていますが
会場の、そこまで急ではない坂道で試したところ
子供が乗っていない自転車にも拘らず
アシスト力が2以上の時、ギヤ2以上から
発進がやや困難になる
ことが解りました。

小金井では細い道も多いため、通学路や車との兼ね合いで
坂の途中で止まらざるを得ない状況は普通です。
デュアルドライブでは、そのような状況に
対応できない事が改めて解った
ので
サイクルショップシンワでは、やはりお薦めしづらい製品です。

確かに、ビッケシリーズのデザインは秀逸ですし
とにかく見た目がカッコイイ、オシャレなのですが
実用性で言うと、まだまだという感じでした。
バッテリーも新しくなりましたが容量は他社に劣ります

まだ改善の余地はありますね。

「電動アシスト、初めて乗るなら両輪駆動」

というキャッチコピーがありましたが
初めて乗るならセンター駆動を強くお勧めします。


もし初めて乗って試してみたアシスト車が
デュアルドライブという方ならば尚更
他社のセンタードライブのモデルも
試してみる事を私は強くお勧めします。


いつもの様に辛辣に書きましたが、これは事実です。

オシャレにはデメリットが伴う事が多いです。
格好いい自転車を選ぶ代わりに
犠牲になるものがあっても構わないならばアリだと思いますが
内容を知ってから選ぶことが一番賢いと思いますので
私は、ユーザーの皆様に、事実をしっかりとお伝えしています。



バッテリーですが、従来のB300からB400という型になり
容量は14.3Ahになるそうです
参考までにパナソニックは16〜20Ahです。

その他、デュアルドライブ搭載のビッケシリーズに関しては
バスケットが大型化して使いやすくなるようです。
ようやくと言ったところですが・・・。



問題のスマートコントロールブレーキは相変わらず搭載しており
新モデルからブレーキゴムが最後まで使えない
という問題は解消される
とのことでした。

はっきり言いますが、ブリヂストンは新型が出るたびに
ある問題を解消しましたと言いますが
その問題があるものに関しては完全スルーが多いので
買ったユーザーが結局被害者で終わるのは納得がいきません。

せめて無償で新しいものに
変えるくらいしてほしいものです。


なお、スマートコントロールブレーキは
基本的な構造が変わらない為
他社のブレーキと比べて制動性能が2倍
うといううたい文句は大いに結構なのですが
他社のブレーキと比べて故障する確率が2倍以上
という問題点には相変わらず触れたくないようです



その2へつづく。
posted by シンワ店長 at 11:02| BS展示会

2017年10月05日

丸石展示会レポ 2017秋

丸石サイクルの展示会に行ってきました。



2017年は電動アシスト自転車を生産しておりませんでしたが
2018年より、従来のものとは全く異なる形で
新たな電動アシスト自転車をリリース
するようです。

ふらっかーずは従来のような柔らかなデザインではなく
男性的な、スタイリッシュなものになるようで
2017年に参考展示していたデザインが継承されていますね。

ふらっかーずタイプ、ココッティタイプ(前後子乗せ対応)
アパッシュタイプ(クロスバイク系)
プルミエールタイプ(通学向け)など
数日前に申請が通ったもの、これから通る予定のものが
参考展示としてディスプレイされていました。

他社で言うビビDXや、アシスタDXのような
一般的なホーム車をあえて外してくるところが
さすがの丸石らしさと思いました。
この独自路線が個人的にはとても好きです!




基本的にはブリヂストンのデュアルドライブと似ております
全く新しい、サンツアー製のシステムとのことです。
サンツアー社は、海外ではビアンキと提携して
電動アシスト自転車を制作している為
完全新規というわけではなく、
日本市場初参加という事になるそうです。

前輪部にフリー機構を搭載することにより
ブレーキング時にアシストをカットし
エンジンブレーキのような感覚がない状態に出来るそうで
検査をしている人に「普通のハブと抵抗がほとんど変わらない
と言われたとのことでした。凄いですね。

正式リリースはまだ先とのことですが
春に向けて情報が入り次第またお伝えします。


さて、一般車ですが、丸石サイクルは全体として
ブリヂストンほど価格が高騰していなかったのですが
2018年モデルは少し値段が上がってしまうようです。

世界的に言われている、中国のCO2規制に対応する為
工場設備の投資などによるコストアップが原因だとかで
12月くらいから順次中国製品が
(ブリヂストン・パナソニックなど
大手メーカーもパーツ等は大体中国です)
他のメーカーも値上がりすると思われます。

という、恐ろしい話を聞いてしまいました・・・
9-10月にブリヂストンのパーツ価格が
一気に値上げしたのはそういう理由があったんですね



サイクルショップシンワ、イチオシのティータイム
4,000円近く値上がりしてしまう予定です。

とはいえ、価格がそこまで上がらないものもある為
全体的に見ればまだ、ブリヂストンよりは
お求めやすいのかもしれません。



当店でも人気のあるプルミエールは2,000円値上がりします。
こちらは12月頃に26インチと27インチで
新型が入荷する予定です。


高い高いと嘆いてばかりもいられませんが
丸石サイクルはオープン価格帯の自転車があります。
ブリヂストンが一斉にその生産を辞めてしまった事で
ぽっかり空いた部分の穴埋め

来年も丸石サイクルが孤軍奮闘してくれそうです。



2年前に「マツコの知らない世界」で話題になった
ポートレート・ウェーブ
よりスタイリッシュに、ポップなカラーになるようです。
インパクトはかなりありますね!
こちらも12月頃に新型が入荷する予定です

その他、定番としては、アルミのホーム車「カール
サイクルショップシンワでは、夏以降に台数が伸びてきた
フォーメーション」シリーズなども店頭展示在庫がございます。

その他にも、従来展示していなかったような
あっと驚くような商品が入荷予定です。

今年に引き続き、2018年も
丸石サイクルに期待がかかりますね!
posted by シンワ店長 at 11:10| 丸石展示会