2014年06月23日

BS展示会レポ 2014夏 その1

さて今年も行ってきました夏の展示会。
6月はブリヂストンです。

夏のカタログ変更でもっとも注目すべきは
残念ながら価格の上昇です。
「またかよ!」という声が聞こえてきそうですが
仰るとおり私も思います。

またかよ!

さまざまな事情があるかと思いますが
正直これ以上の価格上昇は
販売促進の足かせにしかならないと思います。
メーカーは一体何を考えているのか
私にはさっぱり解りません。

さて、残念な話ばかりしていても進みませんので
発表会の内容を写真と共にお伝えします。

入り口を入っていきなり飛び込んできたのは
ホーム車の展示でした。


【アルミーユ】

まずはカルーサライトの後継車種のアルミーユ。
サイクルショップシンワでは
ぶっちぎりナンバーワンの人気を誇っていた
カルーサライトですが、残念ながら廃盤になりました。


軽くて安くて非常に使い勝手が良かったのですが
今度の自転車は軽いものの値段が上がっております。
今までの方がよっぽど良かったと思います。
何より、ハッキリいってアルミーユは格好悪い。


BSお得意の、ドロヨケとチェーンカバーが
車体と同じ色というセンスのなさ。
ある意味期待を裏切らないカラーチョイスには脱帽です。

ちなみに当店には、まだカルーサライトがあります。
生産終了前に何台か仕入れてありますので
少しでも価格を抑えたいお客様はカルーサライトをお勧めします。

お次はホーム車の上位車種である
カルクとジョブノ。


【カルク】


【ジョブノ】

この2車種に関しても価格が上がっております。
前モデルまではオートライト仕様しかなかったのですが
ダイナモ仕様が復活したため
価格を抑えたものが期待されていたのですが
なんとダイナモ仕様にしたのに価格が変わらないという
ビックリ価格です。

ちなみにダイナモ仕様とオートライト仕様では
普通は4000円ほどの価格差があります。
つまり実質4000円値上げしたことになります。

発表会で知ったわけではありませんが
これを知った時には、さすがに唖然としました。
26インチ3段変速つきダイナモライト仕様が
定価39,800円税別です。



さて、新型がいくつか発表された今回の展示会ですが
シティ車で目を引いたのはこちら


【エアルト】

カーボンソリッドドライブを採用した
通学・街乗り向け自転車のエアルト。

カゴがついたツウガクと、カゴのないマチノリの
2タイプがラインナップされます。

仕様としては内装5段変速、カーボンベルトドライブ、
クラス27対応フレームでチェーンケースは樹脂です。



ツウガクは27インちのみでオートライトが
マチノリは26-27インチの2ラインで
ライトは外付けとなっています。

なお、ブリヂストンは数年前より
スポーツライクに乗るベルトドライブを
何度かラインに投入しておりますが
当店の考えではスポーツライクに乗ろうとすると
車体の方にやや無理がたたってしまうのか
短命に終わってしまう事例が多発しており
特に坂の多い小金井においては
ガッツリ乗りたい方には
現行ラインのビレッタやシルヴァも合わせて
正直あまりお勧めしておりません。

(※あくまでこれは私の見てきた事例からの見解です。)

その2につづく。
posted by シンワ店長 at 17:28| BS展示会