2014年12月15日

パナソニック展示会レポ 2014冬 その1

3週連続となった展示会
ラストレポートはパナソニックです。



パナソニックの展示会の場所はいつもと同じなのですが
今年は会場が少し開放的なイメージでした。

パナソニックの場合、他のメーカーと違い
新型の説明はもちろん、技術講習会、トラブルの事例、
また、今年の電動自転車の動向や今後の展開など
様々な情報がもらえる場となっており
毎年参考になる事も多く、期待をしています。

と言うわけで、自転車の紹介の前に
モデルチェンジで変わった点などをお伝えします。

141215i.jpg

まず2015年モデルの目玉とも言える部分ですが
駆動ユニットが新しくなります。(一部の商品を除く)

駆動ユニットは電動アシスト自転車の心臓部で
そこが新しくなる事は、大きな変化と言えるでしょう。
大まかには以下の3点

・スムーズなアシスト感
・パワーアップしたアシスト力
・剛性が73%UP


従来のモデルに比べ、平地走行時など
比較的ゆっくり走っている際に
アシストが弱まるような間隔が減り、
よりスムーズな乗り心地になります。

更にモータートルクも増やすことで
平均的なアシスト力が増しています。
一番驚きなのは、アシスト力が多くなったにも関わらず
バッテリーの消費が減る
ということでした。

そしてモーター自体の剛性(強度)が70%以上増えたことで
ハードな使用にもより耐えるものと進化するようです。

この他、チェーンカバーやバッテリーのデザイン変更、
カゴの大型化など、細かい部分もいろいろ変わったようです。

上の写真、右下ですが今回いくつかのモデルでは
サドルのマイナーチェンジが行われており
試乗?(笑)が出来てなかなか面白かったです。
個人的には後ほど紹介しますが
ビビ・ライトUやギュット・アニーズに採用される
ミニヒップアップサドルライトの座り心地が良かったです。

JIS規格改定に関するライトの仕様変更もありました、



従来はある程度バッテリー量が減ってきていても
(言い方は悪いですが)だらだらとライトを点灯していましたが
今後のモデルでは、明るさが極端に落ちた後
約1時間ほどで消えるようになるそうです。

やや早めのオフとなってしまうようなので
従来モデルから乗り換えなどの方は注意が必要です。

少し長くなってきたので、自転車の紹介は
その2以降に続きます。
posted by シンワ店長 at 14:40| パナソニック展示会