2014年12月15日

パナソニック展示会レポ 2014冬 その4

パナソニック展示会レポート、その4。
最後は一般車の紹介です。

まずは何といってもこちら
良質な国産車として評価の高いシナモンJPです。



モデルチェンジはありません。
ただ、このブログを読んでいただいている方には
おそらく解ると思います・・右上の写真をご覧ください。
前回の発表会の時に、商品企画担当の方とお話させて頂き
その時にお願いしていたネジパーツが
しっかりステンレスのものに変更になりました!


素晴らしい対応です!!
そしてこの場を借りて、お礼を申し上げます。

ありがとうございます!!

ギュットアニーズの前輪ブレーキの変更も
後で知らされて驚きましたが
やっぱり現場の声が届くというのは嬉しいです。

モデルチェンジはないものの、これでまた一つ
非の打ち所のなさに磨きがかかった国産自転車シナモンJP。

正直、まだそこまで沢山は販売しておりませんが
ご購入いただいたお客様からは大満足、大絶賛の声を頂いており
展示車をご覧になって「次に乗り換えるならこれがいい」
という方も数人いらっしゃいます。
2015年もイチオシで店頭展示車を増やしていく予定です。

2015年モデルからは、通勤通学用自転車にも国産車が復活しました。
やはり良質な国産車をという声は多いようです。



パナソニックが奨める通勤通学自転車、タフリーズのうち
タフベルト・JP・ガチャリンコは国産の最高品質モデルで、
パナソニックの伝統”ガチャリンコ”機能を搭載した
内装5段、ベルト仕様のフルスペックモデルです。

タフベルト・ガチガチロックタフチェーン・ガチガチロック
シティタイプとWループ(ママチャリ型)タイプの2ラインがあります。

2014年にデビューして人気の女の子向け通学車
カラーズ・ツインロックはカラーラインが統一されました。



2014年にはカラーズ・Fとカラーズ・Bという展開でしたが
あわせてカラーズ・ツインロックになり
カラーラインナップは減ってしまいました。
オシャレなデザインは健在で
ブルーとブラウンがなくなり、新色としてパープルが登場。

サイクルショップシンワでは、いち早く
展示車として入荷しております!


展示会の内容は以上になりますが、
最後に、講習会の時にあった内容で
バッテリーについてここで書かせて頂きます。

数年前から当店でも見かけるのですが
使用済みバッテリーのリサイクル品が出回っています。

主にインターネットなどで、新品とうたって中古を売りつける
悪徳商売のものもいくつか見てきました

実際に安く買って、それなりに使えるものもあるそうです。

しかし、そういったものは大変危険が伴っており
場合によっては発火などの事例もあるそうです。



このように充電中に爆発したという写真を見せてもらいましたが
焼け焦げた跡を見ただけでも、恐ろしいです。

メーカーでは純正品以外のバッテリーの使用は
絶対にしないよう注意書きをしており
また、もしそういったものを使用した場合
サポートが一切受けられない旨も説明はされています。


パソコンや飛行機などでニュースになったように
リチウムイオンというものは意外と不安定なもので
正しい使い方をしなければ大変危険なものです。
一つ間違うと大惨事になりかねない為
パナソニック製品に限らず、電動自転車のバッテリーは
必ず純正品を使って頂きます様お願いします。



さて、長々と書いてきましたパナソニック展示会レポートですが
今回は結構内容が多かったので、
全て伝え切れていないものもあります。

今回の展示会で、一番共感出来たことは
展示会場のBGMがブルースだった事です。笑
実は今年一年60年代ブルースにはまっていた私としては
この自転車展示会場にBBキングという、
本来とてつもない違和感だと思うのですが、
全然違和感なかったのです・・
むしろ何というグッドチョイス!

なんて思ったのは私だけでしょうね^^;

という冗談はさておき。

パナソニックには、他のメーカーと比べると
やはり力の入れ方が違うと感じました。
電動アシスト車では、駆動ユニットの一新や
新たなコンセプトの提案など
電動アシスト車を牽引するメーカーとして
成熟している印象を受けました。

また、全体的には落ちていますが、一般車の方でも
国産モデルを軸に展開するなど、今後のヴィジョンが明確で
メーカーがどうしたいかという方向性が
解りやすかったという印象を受けました。

円安など、コストの暴騰で物価の上昇が進むわりに
品質の低下が進んでいるという現状は
今後もしばらく続くと思われますが、
やや身を切る形でも国産の良質なものを出すことで
それら品質低下したものとの差は大きくなり
より価値を増していくのではないかと私は思います。

最終的に残るのは安物ではなく、ホンモノということを
多分、今回見た3社の中では
一番理解しているメーカーだと思いました。


サイクルショップシンワではここ数年
特に電動アシスト自転車に関しては
ずっとパナソニック製品を奨めてきましたが
年数が経てば経つほど、その汎用性などを含め
やはり間違っていなかったと実感しています。

今後も期待しています!

以上、パナソニック展示会レポートでした!
posted by シンワ店長 at 18:20| パナソニック展示会