2015年09月21日

典型的

パンク修理です。



まだまだ新しいタイヤですね。
換えて半年くらいでしょうか。



既に一度パンクをしています・・

今回貼ったのがこちら↓


原因はこれ↓


空気を全然入れないんでしょうね。
タイヤの横にヒビが入るのは
空気を入れない人の典型的なしるしです。




せっかく新しいタイヤなのに
内部的に、もう致命傷を負っています。
ここまで来ると時間の問題です。
次のパンクの時にはタイヤ交換になるでしょう。

しかも既に傷の入ったタイヤの中に
傷で磨り減ったチューブが入っていますから
次回のパンクは今回より早く来るでしょう。


このように、一年ほどで2〜3回パンクする方は
100%空気を入れないのが原因です。
それは、高い自転車であろうと安い自転車であろうと
全く関係なく、使用者の扱い方が全てです。
特に「安いから壊れるんだ」と思っている方は
自らの行為を見直した方がいいと思います。


考えてもみてください。

1年で2回もパンクしていたら
10年で20回もパンクするわけです。


異常ですよね?

私は一生かかっても20回もパンクする自信がありません。

このような扱い方をしてしまうと
タイヤを自ら傷つけて、穴を開けた挙句
タイヤ自体も壊してしまい、修理代がかさみます。

そうならないためにも
空気は毎月一回、こまめに入れましょう。
posted by シンワ店長 at 13:21| 修理