2015年09月29日

もったいない

前回の記事で、新しいタイヤを
潰して壊してしまった事例を載せましたが
同じような修理がまたありました。



見た目はそんなに悪くないのですが・・



中がガサガサになってしまっていますね。
このように、タイヤの内側のサイド側に
2本の線(オレンジ色になっている部分)が見えるのは
空気を入れてない自転車の特徴です。


なぜ2本の線が入るかというと
リム(車輪)が地面に接してしまい
タイヤの内側から傷を入れているからです。
その間に挟まるチューブがすり潰され穴があきます。



前回記事の傷とはまた違ったパターンになります。
ここまで剥離してしまうのは相当です。

本来はタイヤを形成する際の布の部分が
本来ゴムのコーティングで覆われていますが
まったく別のものになっていますね。
これがチューブに常時当たっているわけですから
穴が開かない方がおかしいですね。



勿論外側からも傷が入っていきます。

こうなるともう、タイヤの寿命は短いです。
もったいないです。


空気を入れるだけでこのような事態にはなりません。

空気を入れる人と入れない人の差が
どのくらい出るかは想像できますね。
posted by シンワ店長 at 18:29| 修理