2015年11月26日

パナソニックの次世代バッテリー

パナソニック社から、2016年モデルの一部
電動アシスト自転車において
次世代バッテリーを採用される事が発表されました。

・・と書きましたが実を言うと
担当のセールスが来店していないため
一般向けHPから内容を知るという
お恥ずかしい状況なのですが

(メーカー様、その辺頼みますよほんと・・)

こちら↓のメーカーHPによりますと
http://cycle.panasonic.jp/news/re20151120.pdf

どうやら新型のビビ・EX
新たに発売になるギュット・ミニ・EX
この上位グレード2車種において採用されるようです。

共に13.2Ahという、従来の最大容量のバッテリー
(※回生充電モデルは除く)が採用されていたモデルですが
最上級モデルとして次世代バッテリーが採用されるようです。

やはり最大のポイントは
バッテリー容量が21%増加したにも関わらず
バッテリーサイズが約23%小型化した
事でしょう!

これにより一番注目される点は
子乗せ自転車や、小口径自転車における
適正身長の引き下げと、それに伴う
自転車本体の若干の小型化&軽量化だと私は思います。


バッテリー自体の性能が上がり
走行距離が増えることは当然ですが
いずれこのバッテリーが他のモデルにも広がれば
多少なりとも小型化&軽量化という部分につながり
より性能が上がるのではないかと期待が出来ます。

勿論、次世代バッテリーそのものが
どういう仕組みで出来上がったかによっては
バッテリー自体の価格低下への期待
25Vという部分から、従来のバッテリーと
併用できるかどうかという期待
もありますが
現状ではまた未確認の部分が多い為(汗)
12月に行われる発表会が楽しみです。

なおプレスリリースからお解りいただけると思いますが
ギュット・ミニ・EXはコラボモデルのようです。たぶん。笑
通常通りのギュット・ミニ・DXも
ラインナップされると思われます(予想)

ビビ・EXに関しては価格が5000円ほど上昇しますが
ギュットアニーズの特設サイトを見ると
8.9Ah搭載のアニーズは価格が変わっていないので
ギュット・ミニ・DXの価格も
そこまで大幅に変わらないかもしれません。
(あくまでリリースがあれば、という上での予測です)

以上、わかっている範囲での情報と
サイクルショップシンワとしての見解でした。

12月に発表会が行われますので
詳細はそれまでお待ちください。
posted by シンワ店長 at 14:57| 日記