2015年12月10日

パナソニック展示会レポ 2015冬 その2

パナソニック発表会レポ その2です。

今回は新モデルについて書いていきたいと思います。
なお、一つ前の記事にて
新バッテリーの事を詳しく書きましたので
そちらをご覧頂いてからの方が解りやすいと思います。

実は今回の発表会は、エリアが従来よりも広域だったため
会場にいた人の数がいつもの2倍以上(3倍くらい?)でした。
その為、写真が思うように取れなかったので
今回の写真には期待しないでください^^;

あと、バッテリーの展示があった影響か
展示方法が少し変わっていて
一台ずつというものがあまり無かったので
更に個別での写真が上手く撮れませんでした。汗

という言い訳を先にしておいて(笑)



まずは最も広く普及しているビビシリーズです。
ここでは最上級モデルのビビ・EXと、ビビ・DX
そして専門店専用のカタログにないモデル
ビビ・PXが同時に展示されていました。

3車種共に、新バッテリー採用となり
合わせてスイッチやライトが変更になりましたが
そのほかはバスケットが大型化したことと
サドルに仕様変更があったことを覗いて変化はありません。
ここまで安定しているモデルですから
あまり大きな変化は必要ないという所まで来ていますね。

従来どおりですが、前輪のセンサーに車種で違いがあります。



このようにビビ・DXに関しては外付けのものです。
ここだけで言えば、超小型化をしたブリヂストンの方が
性能は上かな?と思います。



最上級モデルのEXと専門店モデルのPXは
ハブ内蔵型センサーとなっているので
駐輪時などに破損する可能性がほぼなくなっています。
(事故などでぶつけたりした時に心配ですが・・)



ビビ・PXという車種は量販店などでは手に入らない
しっかりと組み立てなどを行う専門店専用に
メーカーが生産してくれている自転車です。

ビビDXをベースに、ビビ・EXに使われる
ハイパワーのドライブユニットを搭載し
ワンランク上のアシスト力をもち
ハブ内蔵型センサーを搭載する
ことで
丁度、DXとEXの中間として位置づけられますが
価格差は3,000円なので大変お買い得と言えます。

サイクルショップシンワでも常設しており
今年の後半はDXが殆ど売れなくなった程です。
10万を超える商品ですから
安さに目を向けるよりも、より良いものを見た方が
先々まで考えて賢い買い物だと
言えるのではないでしょうか。


さて、バスケットですが・・

実は先日、シナモンJPに関しての記事
このバスケットの件を酷評しました^^;



上記のビビシリーズも、シナモンJP同様に
とても大きなバスケットになります。
おそらく誰もが見た瞬間にその大きさを実感できると思います。

先日の記事ではネガティヴなことを書いてしまいましたが
メーカーの説明を詳しく聞いたことで
私なりに納得のいく改良だと思いましたので
先日の記事は私の思い違いだと訂正させていただくと共に
ここでお詫び申し上げます。
(認識の違いを出すために、あえて記事の修正しません)

まずこの写真をご覧ください。

s151209n.JPG

トイレットペーパーとBOXティッシュが
同じスペースに入ってしまいます。

従来、大きなものは後ろに乗せるから
前はそんなに大きく無くても良い。

というお客様も実際に少なくなく
私もそういう考えの方が強く思っていましたが・・

トイレットペーパーやBOXティッシュは
重量が軽いため、後ろに乗せると
前に他の重たいものを乗せなくてはならず
ハンドルのバランスがとられたり
止めている時にひっくり返りやすくなる
など
全体としての重量バランスに難点があります(メーカー談)

他にもキッチンペーパーやおむつなど
同じケースは容易に想像できますね。

その他にも、10パック入りのたまごが
縦に3つ置けるほど大きい
事で
お弁当などもそのまま傾かず乗せられます。
揺れなどが気になるものほど
前にあった方が気を遣いやすい
(メーカー談)
というのは実際自分でも経験しているので
とても解りやすい説明でした。

お買い物メインで使われることの多い
このホームタイプのビビシリーズですから
確かにそれならば、大きい方がいいですね。
シナモンJPにも同じことが言えそうです。


さて、気になる新モデルの価格ですが
メーカーの方でとてもわかりやすい解説をして頂いたので
2015年モデルとの価格・容量の違いを載せておきます↓



値上がりに関しては、物価が変動(主に上昇)する中
一年間ずっと値上げをしないで頂いたパナソニックですので
3,000円という上昇幅はむしろ私の予想より低かったですね。
(4,000円くらいは覚悟していましたので・・)

なお、上の写真にあるTXというモデルに関しては
主に量販店などで売られるような廉価版なので
新モデルとして新バッテリーは採用されません。

その3へつづく。
posted by シンワ店長 at 14:09| パナソニック展示会