2015年12月10日

パナソニック展示会レポ 2015冬 その3

パナソニック発表会レポ その3です。

まずはビビ・ライトUと、新しく出るライト20です。



ライトUに関しては、前の記事でも書いたように
新バッテリーが採用されておりません。
また、新しく出るライト20の方でも
ライトUと同じ6.6Ahの旧バッテリーが採用されます。


もちろん、性能としては申し分なく
このモデルを購入されるユーザー層には
むしろそこまで容量が必要とされていないので
あまり影響は無いかと思います。

なお、メーカーの方では仮に
旧バッテリーの新モデルがなくなったとしても
バッテリーの生産は継続します
ので
ご安心してお求めいただけます。
逆にメリットとしては
ご家族で現行のモデルをお持ちであれば
バッテリーの併用が可能です
ので汎用性は高いです。

サイクルショップシンワでも一番売れているのが
このビビ・ライトUという軽量モデルですが
26インチだけでなく、24インチも同じ位需要が高く
今後、20インチが登場するということで
ご年配の方にも、より安心して
お乗り頂けるのではないかと思います。


ビビ・ライト20は重量21.7kgという
電動自転車とは思えないほどの軽量です。
(※一般的な26インチのママチャリと同じくらい)

価格はビビ・ライトU、ビビ・ライト20共に
税別102,000円となっております。


次にシティタイプについてご紹介します。



今回一番ビックリしたモデルがこちらの
ビビ・SX・シティでした。

従来、シティモデルといえば
いわゆる、横に真っ直ぐのハンドルです。
最近の需要として、後部にキャリアがついたり
スタンドが両立てになることは理解できますが
まさかのアップハンドル、しかも昔で言う
カマキリタイプに近い形
ということで
かなり大胆なモデルチェンジだなと感じました。

上位モデルのビビ・DX・シティビビ・DX・シティでは
従来どおりの仕様となっているだけに
余計に驚きがあった自転車でした。

あえて書きますが
もはやシティ車ではない!

・・立派なママチャリですね。笑

次にご紹介する自転車も合わせていえることですが
今回の発表会で一番強く感じたことが
メーカーの意向として、通学需要を増やしたいという事でした。
ただ、私個人の意見としては通学に電動アシストは反対です。
地方ではまた別の話ですが、こと特に東京では
殆ど必要がないものであると考えています。

自転車事故を起こしている大半が
高校生か大学生
だということを考えても
高すぎるオモチャに他なりません。

・・そういう話はさておき。

通学向けにはデザインとしては
昨今の男の子にはママチャリが主流ですから
そういう視点で見ればターゲットは間違っていません。

個人的にはU型フレーム(一本パイプ)の
ビビ・DXがデザイン的に嫌だという方には
このタイプを進められるかな?とも思いますし
男性でも乗れるカラーやデザインと考えると
ある程度需要やターゲット層も見えてくる気がします。

シティタイプは、メーカー問わず
全電動アシスト自転車の中でも割合はかなり少ないですが
もしかしたらこれは通勤向けとして
新たな路線を開拓する自転車になるかもしれない
と感じました。

ビビ(ホームタイプ)シリーズ同様
ビビ・シティシリーズも
新バッテリーを搭載したものとなります。


次は新型のグリッター・Aです。



グリッターといえば20インチ小口径の
お洒落なデザイン路線だったと思いますが・・

これまた全くイメージ路線からズレてると
突っ込みたくなりますが
Aガールズの後継車種と考えれば
名前はどうあれ(笑)作った理由は理解できます。
電動自転車の場合、特にシティ車に関しては
なかなかお洒落なデザインモデルが少ないので
シンプルでスッキリしたデザインは魅力ですね。

グリッターは20インチのグリッター・EB
継続してラインナップされますが
グリッター・Aは新バッテリー搭載
グリッター・EBは旧6.6Ahのものとなります。

通学向けとしては、カラーズ・EBも新型として
新バッテリー搭載で登場します。

その4へつづく。
posted by シンワ店長 at 15:35| パナソニック展示会