2015年12月10日

パナソニック展示会レポ 2015冬 その5

パナソニック発表会レポ その5
最後は一般車をご紹介します。

やはり一番最初にご紹介したいのはシナモンJPですね。



以前の記事でもかなり細かくご紹介しましたが
現状、最高品質のママチャリと言っても過言ではありません。

詳細については既にお伝え済みなので
今回は書きませんが、バスケットに関しては
詳細がこちらにありますのでご覧ください。

電動アシストでも20インチモデルが発表されましたが
一般車の方にも20インチの新型が登場します。



シンフォニー・C・ツインロック
20インチと24インチがラインナップされますが
重量も20インチモデルで17.0kgということで
取り扱いもしやすい設計となっています。

サイクルショップシンワでも最近は
子乗せ電動アシスト自転車の主流が
20インチになってきている事もあってか
ご年配の方々に20インチが認識され始めております。

シンフォニーはギヤなし、オートライトモデルのみですが
ステンレスパーツを多く使った上位モデルとして
お勧めの一台となっていきそうです。


通学用として人気のカラーズF
モデルチェンジでカラーラインナップも変わりました。



合わせて価格も上がってしまいましたが
対抗馬とされるブリヂストンのカジュナより
価格帯は低いので、購入を検討する価値は
十分ある自転車といえますね。

もう一台、ちょっと私のほうで見落としたかもしれませんが
ヴェロスターという通勤通学向けスポーツモデルが出ます。
写真を撮れなかったのでお見せできませんが
詳しくはメーカーサイトなどでご覧ください。
いずれ店頭展示としても入れる予定です。

以上が発表会で私が気になったモデルの紹介です。
レポートで紹介しなかったモデルや
紹介したものに関しましても
まだまだ語れることは沢山ありますが
長くなりすぎるのでこのあたりにします。

詳しく知りたい方は店頭のほうでお気軽にお尋ねください。
語りだすと長いのでお時間に余裕のある時をお勧めします。笑


ブリヂストンのレポートの時にも書きましたが
メーカーがどういう方向に向かっているのか
パナソニック社の場合は、発表会や説明会に行くことで
賛同できる部分、そうでない部分が仮にあったとしても
そこが明確になるため、商品販売や説明もしやすくなります。

さすがに大きな企業は違うなと、いつも思います。

今回も技術部の方に色々とお話を伺うことができて
時に鋭い質問をぶつけたりもしてしまいましたが
真剣に説明していただいたり、快くお答えいただいたり
或いはこちらの意見なども、今後の参考にと留めて頂いたりと
より良いものを作るために本気で取り組んでいる事は
それだけでも伝わってきました。

正直、ブリヂストンの発表会ではこれが全くありません。
ただ、発表されたことを、マニュアルどおりに話すだけで
本気度があまり伝わってこないというのが
一番大きな違いかなと、今回行って改めて思いました。

去年同様、OGKの方ともお話をする機会があり
その方とも色々な話が出来たことは
とても有意義な時間でした。
本ブログを探し当ててご覧頂いていたら
この場で改めて御礼申し上げます。ありがとうございます。

サイクルショップシンワでは近年
電動アシスト自転車の販売は殆ど
パナソニック製品になっています。

メーカーが真剣に作っているのは当たり前として
そのこだわりやプライドがきちんと伝わる上に
ユーザーや販売店の意見もしっかり拾ってくれる。
だからこそ売りたいと思える自転車であること。


それが全てではないかと思います。

2016年もいいものが沢山登場しますし
新しいバッテリーにも期待しています。
今後も電動アシスト業界のトップとして
牽引し続けていただきたいと思います。

以上、パナソニック展示会レポートでした。
posted by シンワ店長 at 18:57| 日記