2016年02月06日

スマートコントロールブレーキは欠陥品

これまでもさんざん書いてきましたが
ブリヂストンのスマートコントロールブレーキは
とんでもない欠陥商品である
ことをまた再確認しました。

ハッキリ言って、構造的にかなり疑問符のつくものでありますので
昨年10月頃に新型に改良されたというリリースがあったものの
私は100%信じておりません。

今回の事例は旧タイプでありますが
新型と旧型、どっちが世に出回っているかなんて
小学生でもわかる話です。



ネジが緩んでガタガタになっていました。



裏のナットが抜け落ちています。
こんなの普通のブレーキじゃありえません。

本当にこのスマートコントロールブレーキは
場所をあげたらきりがないほど調整のオンパレードで
スマート(賢い)どころか大バカ野郎なので
スマートコントロールという名前ですら
ギャグでつけているんじゃないかと思うほどです。


きっと他の部分を調整してやると
他の部分に負担がかかるんでしょうね。

こんな欠陥品が、アンジェリーノに搭載されているなんて
どれ程多くの方が知って乗っているのでしょうか?

他にも、多くのブリヂストン製品の電動アシストに
この大バカ野郎ブレーキがついているのです

なんと恐ろしいことでしょう!!


私がアンジェリーノを売りたくない
現段階では最大の理由です。

一番重要な前輪ブレーキというパーツが
とんでもない大欠陥商品で
それが子乗せをする自転車についている。

なんと恐ろしいことでしょう!!


構造的に明らかに無理があるものを
平然と生産している挙句
全く根本的な問題を解決しないまま
新しくなりましたなどと言っているのを見ると

ああ、ブリヂストンの
技術開発部は無能なんだな


と、つくづく実感します。

おそらくですがこのブレーキは
かなりの頻度で調整をしなければ
すぐに効かなくなる可能性もありながら、
それ以外にも普通は必要ない部分に手を入れたり
定期的な注油(2ヶ月以内おきくらい?)も必須になります。


既にこのブレーキを搭載した自転車をお持ちの方は
入念な手入れが必要になりますので
その旨念頭に入れてお使いいただく必要があります。

非常に残念なことは、このブレーキ用に
フロントフォークの穴位置が決めてあるため
他のブレーキに交換することが不可能なのです。

ですから、スマートコントロールブレーキと
ずっと付き合わなくてはならなくなります。

私は販売した責任を感じてしまうので
ご購入のお客様には入念なチェックをお奨めし
その都度ほぼ無料で調整をしておりますが
他のお店ではそうはいかない可能性が高いです。

個人店でご購入の方は、一度ご相談いただくといいかもしれません。

<過去の記事>
BS製品のスマートコントロールブレーキについて
http://cs-shinwa.sblo.jp/article/113700356.html

パナソニック展示会レポ 2015冬 その4
http://cs-shinwa.sblo.jp/article/169625694.html?1454726096
posted by シンワ店長 at 11:46| 日記