2016年03月31日

愚か

以前、毎月大幅値引きの電動自転車を販売していた頃
ある団体(ある会社)のお客様でが
毎月立て続けにご購入頂いたのですが
サイクルショップシンワとしては
個人に買って頂く為のセールなので
以降、お断り致したという事がありました。

その会社なのですが、かなりの台数を
かなりの人数で乗り回しているらしく
毎回酷い壊れ方をして持ってきます。

基本的に自転車は点検をしなければ
どんな高級なものでもあっという間にガタガタに壊れます。

まして距離を走る方はそれだけ点検頻度も必要です。

しかしこの会社、点検を全くしないまま
おかしい部分があっても次に伝えず
「壊れた奴が鬼」くらいの感覚で
いつもババを引いた方が仕方なく持ってきます。

社員にも意識が全くないのだと思います。
教育が出来ていないと言ってもいいでしょう。

(あえてこういう書き方をさせて頂きます。)


そんな中、パンク修理で持ってこられた自転車が
大分県の防犯登録のほぼ新車。
要するに、うちで買えないから
ネットで安く買ったんですね。

しかし、壊れてくる理由は毎回同じ、乗り方の問題で
空気を入れないで、或いは足りない状態で
乗り回してリム打ちという、情けない壊れ方

「何でこんなに新しい自転車が壊れるのよ」
と思ったら、その会社の名前のシールが
貼ってあるのを見て、ある意味納得した次第です。


毎回、リム打ちとか、タイヤを潰してパンクからの
タイヤ交換で、一体いくらかかっているか
この会社の上部の方たちはわかっているのでしょうか?

乗り方だけで言えば、何も考えないで壊しまくる
いや、壊れてても乗りまくって廃車を量産するような
残念な学生さんレベルの最低な乗り方です。


自分のものではないから、いい加減に使うのでしょうが
こういう乗り方はそれだけで起こるわけではなく
当然ながら自身の自転車もガタガタなはずです。
ちゃんと乗ろうという意識のある方は
絶対にそんな乗り方はできませんからね。

失礼な意味ではなく、そんなに大きな会社ではありません。
目に見える範囲で起きていることなのに
目先の値段だけを追いかけて
後から払う金額でマイナスになっていることに
全く気づいていないのは愚かとしか思えません。


オマケに・・



電動スイッチの取り付けが無茶苦茶で
今にも壊れそうです。
ネットで買ったから配送の間に壊れかけたのか
自分で取り付ける方式で上手く出来ていないのか
最初からこの状態で取り付けてあったのか
解りませんが、現状はこういう事です。
壊れたら4,000円以上かかりますよ。

お次に↓



これは量販店やネット販売あるあるの
パナソニックのベルの取り付け位置間違い。

答えは載せません。

これを見て、自分の自転車を確かめてください。
この形になっていたらダメなお店です。
(※当店で買って頂いた方の中にも
自分で変えてしまう方も多いですが
これは間違いですので戻してあげてくださいね)

これを見ている量販店の店員や
その他、これをやってるダメなお店の方々。

腕がないなら、まず説明書を100回読みなさい。

ちなみにライトの角度も上を向いていたので
目の前を全く照らせていないはずです。
そして正面から来る方にとても迷惑な自転車です。
他にも細かい部分はあるのですが
面倒くさいのでここでは控えます。


私からすれば、こんな初歩的な事すら
出来ていないお店の自転車が
まともに動くと思う方が不思議ですが
残念ながら最初の値段だけで吊られる片が多いので
そういうお店が一向になくならないわけです。

それが本当に安いと思っているならば、愚かですね。

なお、今回の記事はおそらく
本人或いは関係者がご覧になっていると思います。
(理由はセール車情報はネットでしか出していないからです。)
ですので名前は出てきませんが、ご本人には伝わると思い
あえて厳しい書き方をさせて頂きました。
続かないことを願っております。
posted by シンワ店長 at 12:18| 日記