2016年07月19日

パナソニック展示会レポ 2016夏 その1

三連休でバタバタしている間に一週間近く経ってしまいましたが
先週の水曜に、パナソニックの展示会に行ってきました。
というわけでいつも通り、レポートをお伝えしていきます。



今回の目玉はやはり、ギュット・ステージ・22です!



以前よりこのブログでもご紹介しておりますが、
ギュット・ステージ・22はギュットシリーズの新型で
従来の後部26インチタイプや、一般的な20インチ小口径とは異なる
22インチという新たなスタイル
を提案したモデルです。

実はサイクルショップシンワでも最近は
ギュットシリーズの中でも、前部子乗せがついていない
アニーズの方が人気なのですが
最近の市場傾向としても、ブリヂストンのbikkeや
同フレームを使ったヤマハのバビーなど
小口径&コンパクトタイプが人気のように思えます。

ギュット・ステージ・22は、アニーズと違い
ファットタイヤを使用せず
スタイル的にも細身にデザインされていることから
より多くの人にフィットする自転車ではないかと思っています。



22インチという事でやはりご夫婦で乗る際に
男性にも乗りやすい形という事が上げられると思いますが
カラーも男性が乗っても違和感がないものが
多くラインナップされています
ね。
やっぱりマットカーキがカッコイイ!



サイズとしては、アニーズよりコンパクトに設計されており
よく言われる「車体が長すぎる」という部分を
タイヤの口径が大きくなったにも関わらず解消
しております。

また、ペダルの軸から前輪の軸までの距離は
アニーズで682mmだったものが
ギュット・ステージ・22は693mmとなっているので
コンパクトになっていますがスペース確保により
子供を乗せた時にも狭さを感じさせません


ギュット・ステージ・22のキャッチコピーとして
「ちょうどいい」という事場が使われておりますが
私個人的には、なんて”ちょうどいい”コピーなんだろう!
と感心してしまいました。笑

大きすぎず、小さすぎず、太すぎず細すぎず。
チャイルドシートも別売りとしての自転車なので
様々なスタイルに最初から対応できる。
まさに、今までになかった、ちょうどいい自転車。

・・と思っていたら、実はこの「ちょうどいい」が
関西方面では不評だという裏話も頂きました。笑

地域性の違いという事だそうですが
言い換えれば中途半端・特徴がない、という事になってしまうとかで
そのハッキリしない辺りが関西では不人気だそうです。
・・確かに納得^^;

でも、ちょうどいいと思うんですけどねー!

ちなみにギュット・ステージ・22は
5月中〜下旬に発表され、6月頭にはリリースされていたのですが
この時期に新型の子乗せを出すって
凄いなと思ってしまったのは私だけでしょうか?

子乗せタイプの自転車の需要は
ピークを春としてどのメーカーも出しますし
実際2-5月を境に明らかに動きが減るので
正直話を聞いた時には驚きました。

ただ内容を見て、これは売れると確信しましたけどね。笑

実際サイクルショップシンワでも、6月頭にご注文の方が
未だに在庫待ちという状態になっている程です。
(大変お待たせして申し訳ございません。もう少々お待ちくださいねー!><)

<その2に続く>
posted by シンワ店長 at 11:14| パナソニック展示会