2016年09月18日

それでいいの?

先日、ブレーキの調子がおかしいという方が来店され
見るとフロントフォークがかなり大きく曲がっていました。

フォークが曲がるということは
フォーク自体に取り付けてある
ブレーキの位置が変わります。


それによって、リムにブレーキが当たらず
タイヤに接触することにより
極端にブレーキがかかってしまったり
タイヤを削ってタイヤ交換になったりします。


そもそも曲がった状態で乗らないでほしいわけですが

その方にそれを伝えて
「交換するか、乗るのをやめるしかないです」と言うと

「解りました、じゃあ買い換えます。」と言った後に
「でもこれ、家まで乗れないと困るから乗って帰ります」
と言いって乗って帰られました。

信じられない光景でした。
いい大人が、曲がったのを理解したうえで
安全性がないですと伝えたうえで

仕方ないから乗って帰る?

こういう人が事故を起こします。
こういう人がいるから自転車が非難を浴びるのです。


考えてみてください

この人は、既に事故を起こしてるんです。

このような自分勝手な人たちが
一人でも減ってくれることを願っていますが
残念ながら自己中心的な大人は増える一方です。

また、こういった人たちが親として
子供にも何も教えずに育てますので
どんどんモラルが崩壊していくのですね。

ちなみに今回の自転車は
おそらく買って1年くらいしか乗ってないであろう
ブリヂストンのシティーノという自転車で
3万円くらいはしたはずです。

捨てるなんてもったいない。
でもその程度にしか思ってないから
そういう事故を起こしても平気で乗れるんですね。

非常に残念です。
posted by シンワ店長 at 12:48| 日記