2016年10月28日

違法電動アシスト

警察庁より、違法電動アシスト自転車についての公表がありました。

道路交通法の基準に適合しない
「電動アシスト自転車」と称する製品について
こちら PDF

だいぶ前ですが、AIRBIKE(エアバイク)という製品が
自動走行機能を持っていることで
(ハンドルをひねると勝手に走る、要するにバイクです)
完全に違反であることを書いたことがあります。

このメーカーは主にネットなどで販売されており
当店でも、持ち込まれたケースがありましたが
違法自転車なのでお断りしたことがあります。

電動アシスト自転車は、道路交通法で
アシスト比率が指定されており
その比率を超えるものは違法となります。

このような自転車は「ミニバイク」の扱いとなり
ヘルメット着用のうえ、方向指示機
ナンバープレート、バックミラーをつける必要があります。
一方通行も勿論通行不可ですし
当然ながら原付免許が必要になります。


つまりアシスト比率を超えている自転車に乗ると
道路交通法に違反し、上記の諸々の違反で捕まります。

よく、ユーザーの方から

「じゃあ何で売ってんだよ」
「販売してるんだから平気でしょ」

という声を聞いたり見たりしますが
そういう方は、頭の中がお花畑なんでしょうね。

テレビでやってたら全部間違ってない
量販店で売ってるんだから大丈夫だ


こういう人が増えてきていて世の中気持ち悪いのですが
自分の頭で考えられなくなったらおしまいです。

そういう人たちに漬け込むのが
こういう頭の悪い業者のやることです。
お金さえもらえれば何でもいいんです。

私の経験上の話ですが
お客さんのお話を伺ってみるとたいてい
ネットで買った場合はほとんど
泣き寝入りをしています。


メーカーのいいものを買っても
不具合などで送り返す事ができず
自己負担で大きな出費になったり
どうでもいいメーカーの
どうでもいい商品の場合

「安かったから」

と片付けてしまうケースがほとんどです。

4万くらい払ってると思うんですけどね・・

ちなみに今回、このエアバイク以外にも
違反となったものは沢山あります。

ハッキリ書かせていただきますと
電動アシスト自転車のモーターを
生産しているメーカーであるパナソニック、ヤマハと
そこから供給を受けて生産・販売している
ブリヂストン、ミヤタ、丸石以外の
電動アシスト自転車は、完全にお金の無駄遣いになります。


なぜなら、安く買っても、ろくでもないものしかないので
数万払った上に最後に10万払わないと
まともなものを手に入れられなくなるからです。

普通にメーカーのものを買うのに比べて
1.5倍は無駄遣いをします。



昨今、自転車は、なめられています。

特に右肩上がりの急成長を遂げた
電動アシスト自転車は狙いどころで
わけのわからないメーカーがこぞって参戦して
儲けることだけを考えて
、売り逃げしており
買ったあとにバッテリーがなくなっても
メーカーがなかったとか
20年前の仕組みを未だに使っていて

笑ってしまうくらい酷い商品だったりとか
そういうあまりに酷いものばかりです。

そしてそれはまた、ユーザーが無知であることが
そういう業者を助長しているのも事実で
逆に、せっかく国内の大手メーカー品を買ったのに
使い方すら教わらずに売りつけられて
いい加減な使い方で壊す方も非常に増えています。
(特に増税前に大型店で急いで買った方に多いです)

まずはユーザーの方々がしっかりと知識を身につけ
大前提として、安易に安いものに手を出さないとか
自転車店ではない大型店で購入しない
ネットでは買わないなどが常識的にならなければ
目の前の金額に踊らされ続ける
今の状況は変わらないでしょう。

意味不明なメーカーのものは
一般的なパーツを使っていないものが多く
普通の修理すら不可能なものも沢山あります

女性に人気の?「ノイズバイク」ですら
現在はヤマハから供給を受けていますが
無茶苦茶な商品を販売していたために
タイヤ交換すらまともにできずに
2年くらいで乗り捨てた方を多く見ています。


おもちゃじゃないんです。

命を乗せるものとして
もう少し、考えて購入してもらいたいものです。


【10/29追記】
電動アシスト自転車の7製品に基準違反
ペダル踏力の最大630倍で補助
http://blogs.yahoo.co.jp/zitensyaya/47739728.html
posted by シンワ店長 at 10:40| 日記