2016年12月25日

パナソニック展示会レポ 2016冬 その5

パナソニック展示会レポート、その5です。
引き続き、新モデルについて
ホーム車中心でご紹介していきますが
ここまでは昨年までと同様のご紹介でしたが
ここから少し趣向を変えて
もっと安いモデルを掘り下げたいと思います。


2017年、シンワは進化します。

既に先日の記事でも宣言している通り
店頭展示台数を大幅に増やす予定です。

既に入ってきているものもあるのですが
2017年は、従来のような、高性能で安全&安心
「これさえ買っておけば間違いない!」
というモデルだけでなく、ちょっと性能が落ちるけど
「ご予算的にこんなのどうでしょう?」
というようなものも、あえて展示して
その差を、実物をご覧頂きながら、ご説明をし
お選びいただける環境を作っていこうと考えています。


というわけでまず最初にご紹介しますのは
完全新型として登場したビビ・FXというモデル。
だいぶ前からFX、FXと引っ張りましたがようやく登場です。


<ビビ・FX>

こちらは価格が税別定価105,000円ということで
価格だけを見ると「そこまで安くないじゃないか!」
と思われると思いますが
軒並み11万円台になってしまった従来モデルを考えると
今後はこの価格で安い部類となってしまうようで
そこに関しては私も、どうしたものかと悩んでいます。。


個人的には、リリース情報を見ただけの時は
「これは来年の主力になる」と思いました。
理由は先の記事でお伝えしたように
DXが16Ahとなってしまったことで価格の高騰に加え
実際にそこまで使うか?という疑問と
前回お伝えしたようなデメリットが懸念されるからです。

ビビ・FXはDXの一つ下に位置づけられたモデルとして登場したため
バッテリーも12Ah(それでも今年のDXと同じ容量です!)ですし
価格帯も11万円以下でお求めいただけるのであれば
絶対的にお薦めできるという思いでいました。

しかし、実際にふたを開けてみると(実物を見てみると)
正直、がっかりしたという思いしかありませんでした。

車輪がアルミリムであること、スタンドがL字型でないこと、
手元スイッチがデジタル式でないこと。
気にしなければそこまでではありませんが
この価格帯でその仕様はちょっとどうだろう?と思ってしまいます。
現に2016年のDXが+4,000円とはいえ
しっかりしていたわけですから。

やはり気になりだすと悩ましい部分ではあります。

一体コイツは何が言いたいんだ?
薦めたいのか?薦められないのか?


そう思った方は多いと思います。
自分でも書いてて思います。汗

そのくらい悩ましいモデルである事は間違いないです・・

勿論メリットもあります。
車輪をアルミにすること、スタンドを通常型にすることで
軽量化をしているので、車体重量はそこそこ軽いです。


スペック的にそこまで求めないという方であれば
バッテリーも最新型を採用していますから
十分に実用できるものであるとは思います。

ただ、これにお子さんを乗せるのは、あまりお薦めしません
クラス27で、片側であれば対応していますが
アルミ車輪や、スタンドを考えると
もっと安定したものを買ったほうが絶対に良いです。


このように、価格が下がる事でのデメリットは確実に存在します。
昨今では8万円台の、よく解らないメーカーの
電動アシスト自転車が、量販店などで売られています

電動アシスト自転車に限って、間違いなく言えるのは

安いものにまともな商品は一切ない

ということです。

過去にも安い、よく解らないメーカーのものを
ネットなどで購入した方が
数え切れないほど修理などで来店されましたが
そのほとんどが、修理が出来ないのです。
(一般的なパーツを使ってないものが多い)

メーカーの1/3しか容量が無いのに
メーカーよりはるかにバッテリーが高かったり

バッテリーなどのシステム部が、数年で使い物にならなくなり
問い合わせようにも、もうお店がないとか
メーカーがないとかで、廃車になり泣き寝入り、
というパターンがほとんどです。
結局無駄にお金を捨てただけという結果になっています。

安物買いの銭失いといいますが
8万は決して安い金額ではありません。


電動アシスト自転車は10年スパンで見て
確実に10年近い年数を乗れなければ
ほぼ元が取れないものだと断言してもいいと私は思います。

ですから10年後にそのメーカーがあるのか
そのお店がサポートしているのか
そういう部分をしっかり考えて
購入しなければ確実に失敗します。


また、昨今では国土交通省から正式発表されたような
違法な電動アシスト自転車
も横行しております。
そういた類のものは一切、お断りしております。
犯罪幇助になってしまいますからね。


さて、少し話がそれましたが
パナソニックのビビシリーズの中でも
安いモデルは実はずっと前から存在しています。

ビビ・TXというモデルです。


<ビビ・TX>

いわゆる量販店向けモデルと言われるもので
恐らく安物を沢山売ってるようなお店では
これがよく売れるのではないかと思いますが
かなり性能的には劣ります。

・バッテリーが旧タイプの6.6Ah搭載
・手元スイッチもランプが3段階という数世代前のもの
・車輪がアルミリム
・アルミ、ステンレスパーツを鉄パーツに変更(錆びる)


など、上でお伝えしたFXよりさらに性能は落ちます。

とはいえ、ブリヂストンの最新型の
ビッケ・ポーラーはこのバッテリーを使っていますから
現役として全く問題ないことは私も保証します。


ちなみにクラス27採用ですので
片側だけですがチャイルドシートも搭載可能です。
ハンドルロック機能もしっかりついています。

なにより、価格は税別で定価85,000円という
メーカー車としては規格外の安さ
ですから
とにかく乗ってみたいというのであれば
わけのわからないメーカーを
選ぶより100万倍マシです。


こちらの2台は店頭展示をしていく予定ですので
比較して、どこが違うのか、よく吟味して
何を選ぶのかを判断して頂ければと思います。

その6へ続く
posted by シンワ店長 at 14:03| パナソニック展示会