2016年12月25日

パナソニック展示会レポ 2016冬 その6

パナソニック展示会レポート、その6です。
かなり長くなってきておりますが・・

今回は軽量モデルについてご紹介します。


<ビビ・LU>

先の記事でも書いたように
2016年もかなりの台数が出ましたビビ・ライトU
ネーミング変更をして登場します。
こちらは2月頃の発売予定です。

2017年モデルではバッテリーが新型に変更され
容量も6.6から一気に12Ahまで引きあがります。

ほんと、今年の8Ahバッテリーって何だったんでしょう。笑
個人的には8Ahでよかった気もします。



手元スイッチはランプタイプで
細かい表記は出来ませんが
ご年配には解りやすいもの
となっています。
こちらは前回ご紹介したFXにも採用されています。

LUは軽量モデルですので、パーツも各所が
他のモデルとは違う仕様となっています。
アルミリム、アルミキャリア(2017年より)を採用し
車輪もアルミリムですので、車体の軽さは驚愕的です。


毎年サイクルショップ・シンワで
この自転車がなぜ売れるかというと
坂の下の地域である事が故にです。
他のお店さんがどうかはわかりませんが
とにかくよく売れるのがこの自転車です。

主に主婦の方がお買い物用として
従来の6.6Ahでも全く問題なく使えていたため
余計な機能(最新機能)よりも使いやすさ重視
この自転車がとても好評いただいております。

2017年からは新たに、24インチには
シングル(ギヤなし)モデルが追加
され
より高齢者向けに特化したものとなりました。
子供乗せに対応していない事を考えても
12Ah分走る人がどれ程いるのかという点も含め
ですから個人的に、8Ahでも十分だと思いました。
(そうしたらもう少し安く作れたかな?なんて。笑)

もちろん、こちらのモデルは高齢者でなくても
使いやすい事には変わりありませんので
特にお買い物用として、女性にはお薦めの一台です。

そういえば余談なのですが
このLUが展示してある場所で、あるお店さんが

「軽量化って言っても、ちゃんとスタンドこれ(L字型)なのが
やっぱ解ってるよな〜。BSなんか軽量化って言ったら
ストレートタイプにしてくるから(笑)
そうじゃねえよ!っていうね。」


という会話をしていて、まさにその通りだと思いました。

価格は3段ギヤモデルが税別110,000円。
ギヤなしモデルは同105,000円
となります。

サイクルショップ・シンワでは
発売次第、店頭に24インチと26インチを
従来どおり在庫する予定です。
(24インチはギヤなしモデルになります。)


次に小口径のビビ・LSです。


<ビビ・LS>

2016年のビビ・ライト・20の後継車種です。
こちらは現ライトU(新LU・・名前、覚えにくいです。汗)の
20インチバージョンと思っていただけると解りやすいかと思います。

仕様としてはLSとほぼ同じとなっており
このサイズにして12Ahバッテリー搭載という事は
かなりインパクトがあるものでした。

最近では子供乗せ自転車が小口径が増えた事で
ご年配の方などでも小さいタイヤに抵抗がなくなってきており
20インチは見直されている認識でいます。

サイクルショップ・シンワでも昨今は
丸石サイクルのティータイムという
20インチの自転車がよく出ており
こちらの特徴は、20インチでありながら
車体をややゆったりめに作っている事で
小ささ=恥ずかしさを無くしており

そのため、大変人気が出ています。

スパンを伸ばしている事で
165cmくらいの方でも乗る事が可能で
ご年配の女性用に買いつつ
ご夫婦でご利用いただくなどのメリット
があります。

昨今は電動アシストでも、各社20インチなどに力を入れており
ご年配向けに特化したモデルでは
ブリヂストンのアシスタ・ユニ・プレミアが有名ですが
個人的にはこのパナソニックのLSも含め
もう少しロングスパンでもいいかなと思います。
車体の長さが24インチと同等くらいあってもいいかと。

話がまたそれましたが、LSの価格は
LUと同じで税別110,000円
こちらは内装ギヤモデルのみとなります。

その7へつづく
posted by シンワ店長 at 16:51| パナソニック展示会