2017年06月20日

ぼったくりが主流?

昨今、駅前のヨーカドーやサイクルスポットなどで
ちょっと耳を疑うような酷い対応をされている事が増えています。

本日も、パンクをしたという方が
駅の方からわざわざ修理に来ていただいた際に
サイクルスポットに持っていったら
さわりもせずに「もうこれはダメだ」と言われたらしく
「タイヤ交換で5000円、あるいはもう買い替えれば?」
と突き放されたそうです。


このお客さんは、いつも来られている常連の方で
緊急だったためにスポットに行ったそうですが
買い替えるならそんな訳のわからない店ではなく
当店でという事で、わざわざ暑い中
自転車を引っ張ってご来店いただきました。

しかし、どう見てもタイヤを交換するような状態ではなく
確かに空気の量が少なく乗られていたので
タイヤのサイドに傷は入っているものの
換えてまだ1年ちょっとしか経っていないため
パンク修理で十分対応できるものでした。

5000円どころか1000円で
10分足らずで直ってしまったのです。


冒頭で書いたように、先日もそうでしたが
量販店やチェーン店、ここではヨーカドー
サイクルスポットを挙げますが
お客さんが知らないことを逆手にとって
無理な金額を吹っ掛けたり
(実際、3万や5万という事例もありました)
換えなくてもいいのに交換させられたりと
やりたい放題されていることがとても気になります。


あまりにも酷く、詐欺まがいの事をしている為
消費者生活センターに
連絡した方がいいレベルかもしれません。


何ならいずれ私が通報します。

ユーザーの方々は
自転車を預けたり、修理に持って行った際には
必ずいくらまでの金額の範囲で直すかを伝えたり
実際にどうして交換になるのかという説明や
実物を見て本当に交換するべきだったか
ご自身で判断するような習慣
をつけた方がいいです。

以前も書きましたが、自転車業界というもの自体が
とても閉鎖的な文化ですので
丸投げ、言い値という印象が今でもとても強く
本当にぼったくりをやる個人店も実際にあります。

先日お客さんから、国分寺の方で
パンク修理で2900円取るお店があるという話も聞きました。
超ボッタクリですね。
できる事なら私もそのくらい頂きたいくらいです・・。

日本経済が沈み、景気が悪く、売り上げが落ちている昨今
量販店やチェーン店が売り上げを伸ばすために
強引な商法に走っている可能性
はとても高く
騙されないようにするためには
ユーザーも賢くなるべきだと私は思います。

サイクルショップシンワでは、修理前に説明をしますし
お預かりしたもので、途中で修理箇所が増えたりした場合
一度ご連絡を入れて確認をしたり
最悪、二度手間になってでも、お客さんが戻るまで
修理をいったん止めて相談するようにしております。


直そうと思えばいくらでも直せますが
それには料金が伴ってきますから
お客さんがそこまでかけるつもりでないものを勝手に直したら
大きな問題になるのは明白で
確認をするのは当たり前のことです。

このような当たり前のことをできなくなっているお店は
すぐに辞めていただくしかないのですが
こういうお店をなくすためにも
ユーザーの方々も目を厳しくもち
そういうお店を利用しないという選択をお勧めします。

毎週の様に被害者が訪れるこの状況
私はとても心が痛いです。
posted by シンワ店長 at 17:16| 日記