2012年10月29日

安い電動自転車の”なぜ”

先日、ラオックスサイクルというところからDMが届きました。
名前で解るよう、あのLAOXのようで
内容は電動アシスト自転車のご案内でした。

過去にはYAMAHA同様に発動機に強いHONDAや
SANYO社などに代表されるような
電機メーカーが電動自転車に参入するケースはありましたが
正直まともに成功したと言えるメーカーはありません。

現在YAMAHAはブリヂストンと共同開発をする事で
なんとかその体をなしています。
パナソニックは元々ナショナルブランドでの自転車の実績に
電機メーカーとしての技術力があるため
独自の開発で今や業界を牽引するメーカーです。


さて、そんな中登場したLAOXの電動自転車。

こんな記事もみつけましたが
http://cyclist.sanspo.com/12724


果たして実際はどうなんでしょう??

tsk001.jpg


・・私はこの写真だけでダメだと解ります。

なぜなら、カゴの取り付けが曲がっているからです。
商品の顔とも言えるカタログのトップの写真にして
既にカゴの取り付けさえろくに出来ないようなメーカーでは
自転車としての最大の重点である
安全性が十分とは到底思えません。

インターネットなどでも
どこのメーカーだかよく解らない商品を
安いからと言う理由で購入する方は多いようですが
大抵、つくりがいい加減で壊れやすかったり
バッテリーの持ちが悪かったり
バッテリーが切れて買い換えようと思ったら
もうその会社自体がなくなってしまっていたりとか

そういう話は後を絶ちません。

安いと言ったって5万以上は出しているのですから
ろくに使えないようでは話になりません。

さてこのTASKALですが、定価59,800円という安さで
その部分を大いに売りにしているようですが
仕様を見てみるとなるほどと実感できます。

tsk002.jpg
クリックすると拡大します。

まず、やはり一番気になるのはカゴの曲がり方と
サドルの角度がばらばらなところです。
こういう何でもないことが出来ないというのは致命的です。

「どうせこんなもん付いてりゃ同じだ」
くらいにしか思ってないんだろうと思います。

不安な点としてはサークル錠が安物というところですね。
昨今の自転車では切断できないようなサークル錠が多いですが
特に電動自転車の場合は頑丈なものが一般的です。
このサークル錠は防犯上問題があると思います。

次にアルミリム。
電動自転車は重たい自転車ですので
走行することでフレームにかかる力も強くなります。
しっかり使ってもタフでいてもらうためには
何より車輪がステンレスである方が良いに決まっています。

電動自転車業界では、軽量化を求める時代は
10年前に過ぎ去っています。

その他、最も安いパーツである外装6段ギヤに
最大の不安要素であるよく解らないバッテリー
昨今では10%ずつ表示されるパネル表示ですが
未だにランプ3つというアバウトなスイッチに
バッテリー本体に表示も無い
という不親切さ。

未確認ですがおそらく上記にリンクしたページを見る限り
バスケットはステンレスではなく
よくある安物自転車についているのと同じ
ビニールコーティングか塗りですのでボロボロになります
同じく未確認ですが後輪サーボブレーキというのは
キーキーと音が鳴る一番安いものだと思います。

どこをとっても安かろう(以下略)です。

でも例えばパナソニックやYAMAHA&ブリヂストンだったら
もっと良いグレードで同じくらいのものを作れるでしょうね。

という訳で、当店では取り扱いは絶対あり得ません。

SANYOの電動アシスト自転車ですら危ないと
自転車店では敬遠したことが多かったのに
これはSANYOよりもっと不安要素満載の自転車です。

自転車の良し悪しというものは素人目ではまずわかりません。
見た目ではどれも綺麗ですから
何となくどれも同じと思われがちで
失敗したという話は山ほど聞いております。

逆に言えば私たち見慣れている人間からすれば一目瞭然。
ですから、特にこういった高い買い物をするときは
しっかりと自転車のエキスパート(量販店じゃダメですよ)
に話を聞いてから検討した方がいいと思います。

大型自転車量販店やインターネットで
なぜハズレを引いてしまうかという原因の殆どは
ちゃんと資格を持った人間が
責任を持ってやっていないから
です。


常々書いている事で、やや一部例外もありますが
安い自転車や量販店などで売られている自転車は
自転車そのものが悪い訳ではなく
その殆どが売っている人間の質が悪い
のです。

だから、同じメーカーで同じ自転車を購入しても
まるっきり違うものになってしまうのです。

そして電動自転車は電気製品ではありません。
自転車です。

道路を走る自転車です。

値段ではなく、何が重要なのかを
まずしっかり考えるべきです。

何より、もし失敗して買い直しになったら
それこそメーカーの最上級グレードを買っても
お釣りが来るくらいになっちゃいますからね。
posted by シンワ店長 at 17:42| 日記