2012年11月22日

BS2013発表会レポ その3

ブリヂストン2013年モデル・新車発表会
レポートその3です。
今回と次回では通学・通勤向け自転車をメインにご紹介します。

まずはデコレッタロココ
そしてモデルチェンジをしたロペタです。



デコレッタ(左上)とロココ(右上)は
当店でも数年前まで主力であった自転車です。
特にデコレッタはカジュナの登場で
完全に影を潜めてしまいました。

それどころか、売れないことでコスト削減され
ダイナモモデルやギヤなし等
比較的手に入りやすい価格帯を撤廃したため
いつの間にか定価44,800円という
(価格だけ)上位グレード車になってしまい
当店では見向きもされず、ここ2年全く売れておりません。


元々、今のカジュナまで続くこの手のデザインの
源流ともいえる自転車がロココであり
10年近いロングセラーなのですが、
当時はやはり多様なグレードが存在し
定価30,000円前後で手に入るモデルとして
価格・質・デザインと三拍子揃った自転車でした。

しかし現段階では最上位に位置するロココは
デコレッタが出た直後くらいから
現在のデコレッタ同様に価格がどんどん上がり
いつの間にか定価46,800円という
ハイエンド自転車になりました。

これではさすがに良い自転車であっても
なかなかお勧めも出来ませんし売れません。


メーカーが一体何を考えているのか。
ここ数年、首をひねるばかりです。


さてそんな中、今年もやらかしたブリヂストン。
(※当店では事実のみをお伝えしております!)
それは上記写真の下の段、ロペタです。

ロペタといえば、主に小学校高学年から
まだ体の大きくない中学生くらいのお子様に
「子供っぽい自転車を卒業する」という事で
大変人気の自転車であります。

最大の特徴はそのサドルの低さで
133cmほどから乗れる26インチ自転車として
小学生の時に買って高校卒業まで乗れる
という点で非常に扱いやすい自転車です。

更に、どちらかといえばまだ体が出来ていない
お子様が乗ることを前提としているので
14.8kg(ギヤなしモデル)という驚異的な軽さが売りでした。

2013年モデルでは上記の例に漏れず
カジュナ同様にダイナモモデルが消滅。
価格としては従来のオートライトモデルより更に上がり
2,000円上昇の定価36,800円(ギヤなし)
3段変速モデルは定価41,800円となります。。


従来3段変速モデルはダイナモタイプで
定価36,800円でしたので
実質5,000円も上昇した事になります。

しかもリムをアルミからステンレスにしたことで
最も軽いギヤなしモデルで15.6kgと
1kg近く重くなりました

この酷さは、正直言葉に出来ません。

改めて書きますが

メーカーが一体何を考えているのか。
ここ数年、首をひねるばかりです。


ニーズを全く理解していない

としか思えません。

もし関係者の方がこれをご覧になっていたら
是非次期モデルからでいいので
ユーザー視点に立った製品を開発してください。
切実に御願い申し上げます。


なお、ロペタに関しましてはカジュナ同様、
ギヤなし、3段変速モデル共に
ダイナモタイプを1種類ずつ在庫しておりますので
2012年モデルをお求めの方はお早めに。
posted by シンワ店長 at 17:44| BS展示会