2012年11月22日

BS2013発表会レポ その4

ブリヂストン2013年モデル・新車発表会
レポートその4は、前回に引き続き
通学・通勤向け自転車のご紹介となりますが
今回はハイエンドモデルの自転車と
シマノ社から新たに発表される内装5段変速についてです。
(前回のがハイエンドじゃないのかという突っ込みはご遠慮くださいませ。汗)

まずはアルベルト



言わずもがなのブリヂストンのトップブランド車。
最高級グレードです。

これまでのレポートをご覧頂いている方であれば
価格をご覧いただいて、あえて私から
もう何も言う事が無い事はお察しかと思います。

メーカーが何がしたいのか解りません。

ちなみにロイヤル8は内装8段のモデルです。

ちなみに当店では同社の3.1Ahの電動アシスト自転車を
79,800円で販売しております。苦笑



2013年から追加されるアルベルトロイヤル5
新たに発表された内装5段変速の仕様となります。

・・ちなみに当店ではパナソニック車の
量販店向けモデルリチウムビビNXという
3.1Ahの電動アシスト自転車を71,800円で販売しております

上記写真の右上と左下にありますスターノヴァ
2012年まで発売しておりましたスターロードの新モデルで
全モデルで内装5段変速を採用され
とうとう50,000円の大台に乗りました。

スターロードと言えば4年ほど前までは
実売価格で35,000円ほどで販売する事ができ
当店でも手に届く範囲の高級車として
多くの方にお奨めしていた自転車でありますが

・・以下同文。

右下は超高級ママチャリのタフループです。
もう説明は要りませんね。失笑


新車の情報をお伝えしているだけなのですが
なんだか、書いていて段々悲しくなってきます


さて、ハイエンド車の話はこのくらいにして
先ほどから連発しております内装5段という仕組みについてです。



後部ユニットが旧4段変速のようなものになっておりますが
一般の方には見てもよく解らない部分だと思います。
基本的には従来どおり普通の自転車として
グリップにて操作する部分が5段になっているだけで
特に難しい操作もなくお乗りいただけます。

ちょうど解りやすい表記が展示会会場にありましたので
こちらに載せておきます。



・・と思ったのですがこれはどうやら
ベルトモデルでの比較のようです。汗
ベルトモデルは5万近いため
殆ど乗っている人が居ませんね。
こんなに役に立たないものを展示してあるとは。。

実は通常のモデルのものもあったのですが
写真を撮り忘れたので文字でお伝えしますと

従来の1-2-3という3段変速に対して
内装5段の(1&2)-(3&4)-5というイメージです。
間に一つずつ入る感じですね。


ベルトモデルと違うのは、3段よりに行く訳ではなく
あくまで分割される
という点でしょうか。

シマノ社の技術者曰く

「2年間及び5,000kmメンテナンスフリー」

だそうですが・・

正直いうと従来の内装3段でも
1〜2年で壊れるというイメージはありませんので
何が凄いのかはよく解りません。


・・一体いつからメーカーに対して
毒づくブログになったのでしょう。汗


しかしながら、実のところ内装ギヤに関しては
自転車業界では既に暗黙の了解とも言えるような
黒歴史が過去にありまして・・

15年ほど前に流行った(流行らせた?)
内装4段というものは車重が重いことと
メンテナンスが大変ということで
徐々に扱うお見せが減っていき
シマノ自身もパーツの供給を止めたことで
10年足らずで闇に消えたのであります。

そしてインター5という内装5段ギヤも一時期ありましたが
やはり4段のことがあり、自転車屋さんから相手にされず
殆ど流通しなかったという経緯があるのです。

今回説明を聞いたり実物を見たところ
仕様に関しては4段とほぼ変わらず
細かく分けられただけのように思えるため
私がお奨めしても全国の自転車屋さんがそっぽをむいたら
結局サポートしきれないものになる恐れがあり
それだけが一番不安であります。


現在スポーツ車などでベルトの内装8段がありますが
こちらも同様の仕組みであるため
敬遠するお見せも多いように思えます。

私個人の考えとしては総合的に見ても
内装3段で困る事はあまりないと思うので
3段で物足りない方だけ、試しにどうぞという感じです。

ただ

”試しに”で50,000円も出せる人が居ればの話ですが・・
posted by シンワ店長 at 18:31| BS展示会