2012年11月22日

BS2013発表会レポ その5

ブリヂストン2013年モデル・新車発表会
ラストのレポートその5は、電動と子供車です。

とは言いましても、電動アシストの方は
夏に切り替わっておりますので殆ど発表するものがなく
bikkeブースがメインでした。



9月末に発売されましたbikke(ビッケ)は
子乗せ自転車の新しいスタイルとして、
そしてそのカスタマイズの多様さからも
当店でも大変人気の自転車となっております。

上記写真の右上でもわかるように
多様なパーツを組み合わせる事で
オリジナルの一台を作り上げる事が出来ます。

そのバリエーションはなんと最大16億通り!

今回唯一新たに発表されたのはアシスタプラス8.9
こちらはその名のとおり8.9Ahのバッテリーを採用し
大容量の電動アシスト自転車となっております。
一充電当たりの走行距離は最大で44kmです。




子供車では従来どおりのbikkeの幼児用自転車(右上)と
人気のハッチ(左上)、レベナ(左下)に新色が追加。
どちらも秀逸なデザインを更に魅力的に見せるカラーです。

女の子向け自転車ではワイルドベリーという新車が登場しました。

これに伴い、ラビーナという自転車が廃盤となりましたが
ラビーナに比べると若干価格が上昇している事と
最低サドル高さ(適正最低身長)が2cmほど上がっておりますので
ご検討の際はご注意ください。


さて、長々とお伝えしてきました
ブリヂストン・2013年新車発表会レポートですが
全てご覧になった方には既に十分に伝わったとは思いますが

今回の発表会は正直、がっかり感が大きいです。

景気の悪いこの時代に、ユーザーの財布の紐を更に硬くするような
このような商売でいいのだろうかと疑問だけが残ります。

出来ればいい自転車に乗っていただきたいという思いで
出来る限りの割引はさせて頂いておりますが
ここまで高騰すると、小売店としてはもう
どうしようもありません。

長らくメーカー車をお乗りいただいた方ですら
安物自転車に走ってしまう気持ちはよく解ります。

今回ご紹介していない、一般的なシティモデルに関しては
夏に切り替わったためそこまで高騰しておらず
まだご提供できる自転車も多いのですが
正直言うと質としてはかなり低くなってきますので
満を持してお奨めするものがかなり少ないのも事実です。

一つの車種に幾つかあったモデルが統一され
価格の高いものだけが残ったというのが
正しい言い方かもしれませんが
ニーズに応えられているかという点では
果たして疑問が残る発表会でした


重ね重ねになりますが
もし関係者の方がこれをご覧になっていたら
是非次期モデルからでいいので
ユーザー視点に立った製品を開発してください。

切実に御願い申し上げまして
レポートのまとめとさせていただきます。
posted by シンワ店長 at 18:57| BS展示会