2015年07月16日

パナソニック展示会レポ 2015夏 その1



先日、都内にて行われました
パナソニックの新車展示会に行ってまいりました。



2015年夏の発表会では残念ながら
新車の発表はありませんでした。

どちらかというと、私たち技術者向けの講習や
電動アシスト自転車の推移などの統計等
様々な事例についての説明が多かったのですが
細かな部分も含めて、今後のお客様への
サポートに役立つ情報が多かった印象でした。


ところで、ブリヂストンが7月1日から値上げされたこと
既にブログでもご案内しておりますが
http://cs-shinwa.sblo.jp/article/153079265.html
パナソニックの自転車はこの夏に値上がりは致しません。
ご安心してお選びいただければと思います。

ただ、一般車に関しましては、値上げはないものの
一部自転車がカタログから無くなっておりますので
ご検討されていた方はご注意ください。


さて、展示会の内容でお客様の方へご案内できることで
特に目新しいというものは無いのですが・・



やはりメーカーも力を入れているこの3種の自転車に関しては
サイクルショップシンワでも推しているものですので
少し紹介させていただきたいと思います。


当店では人気No.1の電動アシスト自転車が
ビビ・ライトUです。
ライトUは26インチモデルにして
22.4Kgという、その驚異的な軽さが何よりの特徴です。



DXやEXなどの一般的なお買い物車と比べると
決してハイスペックではないものの
逆にお買い物メインで使う方には十分であり
若干ですがDXに比べると安く買える事
何よりやはり軽くて扱いやすいということが最大の売りです。


次にビビ・PXという特殊なモデルです。
こちらは以前ブログでも紹介させて頂き
http://cs-shinwa.sblo.jp/article/132739382.html
セール車でも登場したことがありますが
一般的なDXというグレードより性能が高く
最上位モデルのEXとの中間的な位置づけが特徴ですが
なんとこのモデルはカタログに乗っておらず
専門店でしか販売できないという特殊なモデルです!



ご覧のように、バッテリー容量はDXと同じ
価格もほぼ同等であるにも関わらず
パワーは最上モデルのEXと同等ということで
かなりお得なモデル
といえるのです。

実際、まだあまり利用している方は多くありませんが
当店でも密かに販売台数を増やしていこうと考えております。


最後にワタクシ、個人的に超イチオシ!自転車
シナモンJPです。
もうこれは前回の発表会でも書きましたので
このブログをご覧の方は今更感があると思いますが
本当に良い自転車です!ぶっちぎりです!!



”売る側”としてネックであった価格の問題も
ブリヂストンが値上げしたことにより
ほぼ変わらなくなったという点がプラスに働きました。
しかしながら、正直言って決して安くはありません
ブリヂストンの同等モデルを買うなら
500%こっちをオススメします。笑

モノが違いすぎます!

サイクルショップシンワでもジワジワと人気が出てきており
特にご年配の方々にご購入いただくケースが多いです。
というか、若い方にはあまりオススメしません。
このシナモンJPはがむしゃらに乗る自転車ではないからです。

『本当に大切に長く乗って頂く方にだけご購入いただきたい』
そんな風に思ってしまうくらい、素晴らしい自転車です。


さて、余談となりますが
今回も商品企画担当の方とお会いすることが出来
色々なお話を伺うことが出来ました。

前回のシナモンJPのネジに引き続いて
私の方でお願いしていた要望が改善された事も嬉しく思いますし
企画・開発中のお話など、ここでは話せませんが
表に出ない事も伺うことが出来て、また、
私の意見や考えなどもお伝えすることが出来まして
とても有意義な時間となりました。

このブログも閲覧して頂いているということで
改めましてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

あくまでブリヂストンとの比較になりますが
パナソニックの場合、ビジョンが明確にある
(この先どうしていきたいかが、私共にも解りやすい)ため
多少範囲を絞ってでも、きちんと良いものを作って下さる事が
私ども販売店としてもオススメしやすく
お客様にとっても安心してご利用頂けている理由だと思います。

電動アシスト自転車における
シェアナンバーワン企業は伊達じゃありませんね。

今後も期待をしております。
そして、みなさんも期待しましょう♪
posted by シンワ店長 at 15:34| パナソニック展示会

2014年12月15日

パナソニック展示会レポ 2014冬 その4

パナソニック展示会レポート、その4。
最後は一般車の紹介です。

まずは何といってもこちら
良質な国産車として評価の高いシナモンJPです。



モデルチェンジはありません。
ただ、このブログを読んでいただいている方には
おそらく解ると思います・・右上の写真をご覧ください。
前回の発表会の時に、商品企画担当の方とお話させて頂き
その時にお願いしていたネジパーツが
しっかりステンレスのものに変更になりました!


素晴らしい対応です!!
そしてこの場を借りて、お礼を申し上げます。

ありがとうございます!!

ギュットアニーズの前輪ブレーキの変更も
後で知らされて驚きましたが
やっぱり現場の声が届くというのは嬉しいです。

モデルチェンジはないものの、これでまた一つ
非の打ち所のなさに磨きがかかった国産自転車シナモンJP。

正直、まだそこまで沢山は販売しておりませんが
ご購入いただいたお客様からは大満足、大絶賛の声を頂いており
展示車をご覧になって「次に乗り換えるならこれがいい」
という方も数人いらっしゃいます。
2015年もイチオシで店頭展示車を増やしていく予定です。

2015年モデルからは、通勤通学用自転車にも国産車が復活しました。
やはり良質な国産車をという声は多いようです。



パナソニックが奨める通勤通学自転車、タフリーズのうち
タフベルト・JP・ガチャリンコは国産の最高品質モデルで、
パナソニックの伝統”ガチャリンコ”機能を搭載した
内装5段、ベルト仕様のフルスペックモデルです。

タフベルト・ガチガチロックタフチェーン・ガチガチロック
シティタイプとWループ(ママチャリ型)タイプの2ラインがあります。

2014年にデビューして人気の女の子向け通学車
カラーズ・ツインロックはカラーラインが統一されました。



2014年にはカラーズ・Fとカラーズ・Bという展開でしたが
あわせてカラーズ・ツインロックになり
カラーラインナップは減ってしまいました。
オシャレなデザインは健在で
ブルーとブラウンがなくなり、新色としてパープルが登場。

サイクルショップシンワでは、いち早く
展示車として入荷しております!


展示会の内容は以上になりますが、
最後に、講習会の時にあった内容で
バッテリーについてここで書かせて頂きます。

数年前から当店でも見かけるのですが
使用済みバッテリーのリサイクル品が出回っています。

主にインターネットなどで、新品とうたって中古を売りつける
悪徳商売のものもいくつか見てきました

実際に安く買って、それなりに使えるものもあるそうです。

しかし、そういったものは大変危険が伴っており
場合によっては発火などの事例もあるそうです。



このように充電中に爆発したという写真を見せてもらいましたが
焼け焦げた跡を見ただけでも、恐ろしいです。

メーカーでは純正品以外のバッテリーの使用は
絶対にしないよう注意書きをしており
また、もしそういったものを使用した場合
サポートが一切受けられない旨も説明はされています。


パソコンや飛行機などでニュースになったように
リチウムイオンというものは意外と不安定なもので
正しい使い方をしなければ大変危険なものです。
一つ間違うと大惨事になりかねない為
パナソニック製品に限らず、電動自転車のバッテリーは
必ず純正品を使って頂きます様お願いします。



さて、長々と書いてきましたパナソニック展示会レポートですが
今回は結構内容が多かったので、
全て伝え切れていないものもあります。

今回の展示会で、一番共感出来たことは
展示会場のBGMがブルースだった事です。笑
実は今年一年60年代ブルースにはまっていた私としては
この自転車展示会場にBBキングという、
本来とてつもない違和感だと思うのですが、
全然違和感なかったのです・・
むしろ何というグッドチョイス!

なんて思ったのは私だけでしょうね^^;

という冗談はさておき。

パナソニックには、他のメーカーと比べると
やはり力の入れ方が違うと感じました。
電動アシスト車では、駆動ユニットの一新や
新たなコンセプトの提案など
電動アシスト車を牽引するメーカーとして
成熟している印象を受けました。

また、全体的には落ちていますが、一般車の方でも
国産モデルを軸に展開するなど、今後のヴィジョンが明確で
メーカーがどうしたいかという方向性が
解りやすかったという印象を受けました。

円安など、コストの暴騰で物価の上昇が進むわりに
品質の低下が進んでいるという現状は
今後もしばらく続くと思われますが、
やや身を切る形でも国産の良質なものを出すことで
それら品質低下したものとの差は大きくなり
より価値を増していくのではないかと私は思います。

最終的に残るのは安物ではなく、ホンモノということを
多分、今回見た3社の中では
一番理解しているメーカーだと思いました。


サイクルショップシンワではここ数年
特に電動アシスト自転車に関しては
ずっとパナソニック製品を奨めてきましたが
年数が経てば経つほど、その汎用性などを含め
やはり間違っていなかったと実感しています。

今後も期待しています!

以上、パナソニック展示会レポートでした!
posted by シンワ店長 at 18:20| パナソニック展示会

パナソニック展示会レポ 2014冬 その3

パナソニック展示会レポート、その3。
今回は子乗せ自転車を中心に
電動アシスト自転車の紹介をしていきます。

まずは子乗せ自転車を牽引するギュットシリーズ。



2014年に革命的なチャイルドシートで
衝撃を与えてくれたギュットDX
その人気は間違いなくダントツで
特に主流のギュット・ミニ・DXの方は
発売直後に数ヶ月入手困難になるほどでしたが
2015年モデルでは更に進化を遂げました。

・・と、その前に仕様としまして
26インチサイズのほうに採用されていた
ブラウンサイドのタイヤが、オールカラータイヤに変更され
チャイルドシートはエアリーピンクのみ
ダークブラウンカラー
となっています。

さてチャイルドシートですが
最も変わったのは肩ベルトのパッド



ご覧の通り、かなり大きくなりました。
また、子乗せ部分のグリップバーですが
調節ネジが動かしづらい(硬い)というお話が多く
実際に、私自身も確かに硬いと感じておりました。
今回、つまみが大きくなり、スムーズに動かせる様になっています。

どんな商品の開発でもそうですが
作ってみないと解らない部分はあると思います。
ユーザーの声がいち早く採用された事は評価されるべき点ですね。

他に、ブラウンパーツ使用のタイプは
シートクッションカバーのカラー変更がされていたり
全体的なデザイン変更として、バッテリーカラーなども
車種カラーによって採用されています。

ギュット・ミニ・DXとギュット・DXは
新駆動ユニットが採用されており
よりパワフルな走りと走行距離を実現しています。


ちなみにちょっと写真を撮り忘れたのですが
フレームの溶接の処理がとても綺麗になりました。
この辺りも、メーカーのこだわりを感じますね。

新型ギュットは1月発売。 定価140,000円(税別)です。
ギュット・プラスとギュット・ミニ・Kのモデルチェンジはありません。

ギュットシリーズなどを含め、子乗せ自転車の流通についてですが、
増税前の今年ほどの動きはないとは思われますが
2014年は2月に発売した時点で、既にそこからの注文は
全て4月以降の納車となってしまっていた経緯があります。

毎年店頭に入荷してからの注文となると
既にセカンドロット以降になることも多く
特に4月に入ってからでは、一ヶ月ほど
お待ちいただくことになる可能性もあります。


既にブリヂストンのアンジェリーノが発売されているように
メーカーも今年の状況を踏まえて
ギュットシリーズも前倒しで1月となっております。
逆に言えば3月にもう在庫がなくなる可能性もあると言うことです。
子乗せ自転車をお求めの方は
2月中までに決めるのが一番オススメです。

ご予約、承っております。


お次はギュット・アニーズ



今回のモデルチェンジで一番の変更は、前にカゴが付いたことです。
価格は2,000円上がっていますが、カゴ代だと思えば
かなりお買い得ではないかと思います。
サドルはミニヒップアップサドルライトが採用され
やや柔らかめのクッションサドルで座り心地がUPしています。
フレーム設計では、やや高めだったサドル位置が下がった
背の低い方でもお求め安くなっています。(最低142cm〜)

サイクルショップシンワでは女性向け(お母さんメイン)というより
お父さんも乗るというスタイルで買われる方が多く
ラインナップも男性でも乗れるカラーが豊富なため
今後もそういう形での展開になる予感がしています。

ちなみに前が普通のタイプの前後乗せとしては
ブリヂストンのHYDEE2が人気ですが
正直、使い勝手の悪さを考えると
このギュットアニーズの方が断然オススメです。


なお、ギュット・アニーズには
新駆動ユニットは採用されておりません。


11月から発売しております。 定価129,000円(税別)
店頭展示車、ございます!

電動アシスト車、最後にその他を一気にご紹介します。



左上はene mobile(エネモービル)
これは新しいコンセプトの電動アシスト自転車です。
主に20代の若者ターゲットだそうですが
3Ahバッテリー(約12km)と容量は少ないものの
その走りはなかなかパワフルでした(試乗してきました)。

シングルギヤのためか、普通のビビシリーズなどと比べても
ややパワーモードよりの設定に感じました。
ちなみにスイッチはオンとオフしかなく
モードも1つしかないため、お手軽です。
価格が73,889円(税別)というのも魅力ですね。



カゴはオプションになるのですが
バリエーションもあるため
自分好みにカスタマイズ出来ます。

最大の特徴は、バッテリーを取り外すと
スマホの充電が出来るということですが・・

ここはノーコメントで。笑

特設サイトがありますのでリンクを貼っておきます→こちら

その他、ビビシリーズのシティタイプは
新型駆動ユニットになりました。
ビビチャージ、スポーツタイプなどは
今回のモデルチェンジはありません。

なお、カラーズの電動モデルに関しましては
リアキャリヤがクラス27に対応したため
子乗せが出来るようになりました。


その4、一般車に続く。
posted by シンワ店長 at 17:46| パナソニック展示会

パナソニック展示会レポ 2014冬 その2

パナソニック展示会レポート、その2です。
今回は電動アシスト車を一気に紹介していきます。

まず最初はビビシリーズから。

141215a.jpg
【ビビ・EX】

パナソニック電動アシスト自転車の中で
メインラインナップであるビビシリーズの最上位クラス
ビビ・EX最大容量の13.2Ahバッテリーを搭載し
ラクラクドライブユニット搭載で
パワーと走行距離、どちらもナンバーワンです。

今回、新モデルではほぼ共通ですが
バッテリーデザインが一新された事と
細かい部分ではモデルネームのデザインが変わりました。

新駆動ユニットに切り替わった事により
パワーモード・オートマチックモード時に
若干ですが走行距離が伸びています。
1月発売予定。 定価132,000(税別)
4,000円の値上がりをしています。

141215b.jpg
【ビビ・DX】

ビビシリーズのミドルクラスモデルのビビ・DX
一般的に電動アシスト自転車と言えば
この8.9Ahバッテリー搭載のクラスが
最もスタンダードといえるでしょう。
こちらも新駆動ユニット搭載で、走行距離が伸びています。

EXと共通して、ブラウンのサドルのみの変更点ですが
質感が大分変わっています。
また、こちらも新モデル共通で
ほとんどの車種でスイッチパネルのデザインが
マイナーチェンジしています。
目立つほど大きな変更ではありませんが
イメージとしてはソフトになった印象を受けました。

こちらも1月発売予定。 定価106,000(税別)
3,000円値上がりしています。

141215c.jpg
【ビビ・PX】

こちらはカタログにない商品です。
ビビ・PX専門店のみの販売になっています。
簡単に言えば、ホームセンターなどの
安物を並べる量販店では変えません。

基本はDXに合わせた形ですが
ドライブユニットがEXやギュットなどに使われている
ラクラクドライブユニットを搭載しているため
DXに比べるとパワーが違います。
また、同じくEXやギュットシリーズなどに先行採用されている
ハブ内蔵型ホイールセンサーを搭載しておりますので
防水性の強化や、駐輪時の破損などの心配もありません。

141215d.jpg
【ハブ内蔵型ホイールセンサー】

更に!充電器も急速タイプが付属するため
DXに比べると充電時間も格段に早いです。
ちゃんとしたお店でしか買えない
ワンランク上の電動アシスト自転車として
サイクルショップシンワとしてもお奨めの一台です。
定価111,000円(税別)

141215e.jpg
【ビビ・TX】

ビビ・TXは上記のPXとは逆のベクトル
量販店などでよく見かけるモデルです。
ビビシリーズの中では一番下のクラスで
6.6Ahのバッテリーを搭載しております。
(それでも数年前まではミドルクラスの容量!)

仕様としては廉価版的な位置づけになるため
3世代前のスイッチパネルや
ホイールセンサーも搭載しておらず
勿論2015年モデルの目玉である
新駆動ユニットも搭載しておりません。

とはいえ、他のビビシリーズ同様にちゃんと国産で
アレックスフレームを採用しており
クランクなどもアルミぱーつを使っているあたりが
パナソニックのものづくりへのこだわりを感じます。

定価85,000円(税別)なので、安いのが売りですが
私なら断然DXかライトU(下記)をお奨めします。
11月より発売しています。

141215j.jpg
【ビビ・ライトU】

サイクルショップシンワ的・2014年
ベストオブ電動自転車
といってもいい
ビビ・ライトUは、その名の通り軽さが売りです。

他のビビシリーズと唯一違う点は、フレームがアルミであること。
一般的な電動自転車(例:DX)と比較して
なんと5kg近く軽い電動自転車となっております。


容量は6.6Ahと、やや少なめに思われますが
このモデルをお求めになる方のほとんどが
ご年配の方で、お買い物に使うことが基本ですので
1充電で最大42kmも走れば十分すぎるほどです。

今回の新駆動ユニットの搭載はありませんが
車体の軽さだけでも価値のある一台。
来年もおそらく主力となってくれることでしょう。
※軽量タイプのため、チャイルドシートの取り付けは出来ません。

12月発売 定価102,000円(税別)
2,000円値上がりしました。

サイクルショップシンワでは2015年モデルとして
ビビ・ライトU(24インチ、26インチ)を展示予定です。
新色のラベンダー(上写真のカラー)はとてもおしゃれな色で
女性に特にオススメです!
(※24インチは入荷しています)

その3へ続く
posted by シンワ店長 at 16:25| パナソニック展示会

パナソニック展示会レポ 2014冬 その1

3週連続となった展示会
ラストレポートはパナソニックです。



パナソニックの展示会の場所はいつもと同じなのですが
今年は会場が少し開放的なイメージでした。

パナソニックの場合、他のメーカーと違い
新型の説明はもちろん、技術講習会、トラブルの事例、
また、今年の電動自転車の動向や今後の展開など
様々な情報がもらえる場となっており
毎年参考になる事も多く、期待をしています。

と言うわけで、自転車の紹介の前に
モデルチェンジで変わった点などをお伝えします。

141215i.jpg

まず2015年モデルの目玉とも言える部分ですが
駆動ユニットが新しくなります。(一部の商品を除く)

駆動ユニットは電動アシスト自転車の心臓部で
そこが新しくなる事は、大きな変化と言えるでしょう。
大まかには以下の3点

・スムーズなアシスト感
・パワーアップしたアシスト力
・剛性が73%UP


従来のモデルに比べ、平地走行時など
比較的ゆっくり走っている際に
アシストが弱まるような間隔が減り、
よりスムーズな乗り心地になります。

更にモータートルクも増やすことで
平均的なアシスト力が増しています。
一番驚きなのは、アシスト力が多くなったにも関わらず
バッテリーの消費が減る
ということでした。

そしてモーター自体の剛性(強度)が70%以上増えたことで
ハードな使用にもより耐えるものと進化するようです。

この他、チェーンカバーやバッテリーのデザイン変更、
カゴの大型化など、細かい部分もいろいろ変わったようです。

上の写真、右下ですが今回いくつかのモデルでは
サドルのマイナーチェンジが行われており
試乗?(笑)が出来てなかなか面白かったです。
個人的には後ほど紹介しますが
ビビ・ライトUやギュット・アニーズに採用される
ミニヒップアップサドルライトの座り心地が良かったです。

JIS規格改定に関するライトの仕様変更もありました、



従来はある程度バッテリー量が減ってきていても
(言い方は悪いですが)だらだらとライトを点灯していましたが
今後のモデルでは、明るさが極端に落ちた後
約1時間ほどで消えるようになるそうです。

やや早めのオフとなってしまうようなので
従来モデルから乗り換えなどの方は注意が必要です。

少し長くなってきたので、自転車の紹介は
その2以降に続きます。
posted by シンワ店長 at 14:40| パナソニック展示会

2014年08月04日

パナソニック展示会レポ 2014夏

少し前になりますが、7月9日に
パナソニックの展示会に行ってきました。
なかなか更新できず遅くなってしまいました。

ブリヂストンと同様に、例年この時期には展示会が行われ
いくつか新型が登場することも多いのですが
今回の展示会は新型が出るわけでもなく
マイナーチェンジ的なものが多かったため
正直、ぱっとしない印象でした。

ただパナソニック社の場合、単純に展示会だけでなく
色々な統計などの話を聞けるので
特に今の電動自転車の利用状況などは参考になります。

あわせて技術的なことも講習があるため
私たちお店側にとっては、非常に行く価値のある展示会です。
ですので今回は発表会・展示会というよりは
講習会のような印象でした。

今回一番の収穫は、電動自転車の不具合などのチェックが
今後、店頭で行えるようになるということです。
まだ少し先の話になるかと思いますが
バッテリーやスイッチなどの不具合や故障交換が
従来より詳細かつ、早い対応ができるようになりそうです。


詳細については、またこちらでご案内致します。

さて。

そんなわけで今回あまり新型がなかったので
実は写真をほとんど撮らずに帰ってきてしまいました。汗



たった一枚という、なけなしの写真です^^;

その他は公開できないものがほとんどなのでお見せできませんが
一つ驚いたのは電動アシスト自転車のテストを
私たちの街で行っていた
ということでした!



これはビックリ。

首都圏での坂道モデルは数多くあると思いますが
僅か数例のチョイスに入っていたとは。

ただ他の街と比べると起伏は僅かですよね。
しかし坂の下と坂の上では街の活気なども違いすぎて
たぶん住んでいる人にしかわからないこの不便さ^^;

こういうデータをしっかり出してくれるもの
パナソニックが電動アシスト自転車に関して
他社より間違いなく、本気で取り組んでいるなと思える証です。

テストを行ったのが前エリア担当の方だったりするということも
現在のエリア担当セールス等にも直接影響があると思うので
上が上が、というやり方より共感ができました。


さて、実は今回の展示会でちょっと驚くことがありました。

商品企画部の方にお話があるといわれて呼び出されたんですね。
(呼び出されたって言うとちょっとニュアンスが違いますが。笑)

お話しする前に、前任の方や周りの方にも
「どうも、ブログを見て〜」という話を伺ったので

何かヤバイことでも書いたかな

と、ヒヤヒヤしながら伺ったのですが、内容はその反対で
非常に興味を持って見て頂いていたとのことでした。

既に、以前よりこちらをご覧の方々は
私がストレートしか投げない事はご存知だと思います。

良いものは良い、悪いものは悪い。
物を売る仕事というのは物を売らなければ食べていけませんが
売るのは誰にでもできると私は思っています。
ただ、その中で私たちができることは
お客さんが欲しい情報を出してあげることであって
それは良いことばかりではダメだと思っています。

だからメリットだけではなくデメリットも伝える。
それが大型店やインターネットとの一番の違い
です。

万能なものなんてないと思います。
非の打ち所がないものなんてありえないんです。

例えば自分が何か高額なものを買おうとしたときに
やっぱりメリットだけでなくデメリットを知りたいと思うでしょう。
良い部分と悪い部分を知って初めて比較できるわけですから
ユーザーが一番知りたいのはデメリットだと私は思います。


そういう意味で、メーカー様には申し訳ないことなのですが
この自転車はここがいい、でもここがちょっと・・
というように、本当にいいものであればなおさら
粗を探すわけではありませんが、やっぱり伝えたい。
知った上で気持ちよく乗ってもらいたいのです。

そういう内容にもかかわらず
メーカー側の方から興味を持っていただいて
見ていただいているというのはとても嬉しく思うと共に
ちょっと書きづらいな、なんて思ったりしました。笑

一番驚いたのは私がここで書いた内容から
ある商品のある部分が改良されたというお話。
そんな影響力もっちゃっていいんだろうか・・なんて思いましたが^^;
実際にこちら側の意見もしっかり聞いていただいて
常に情報に多くの耳を傾けて、悪い部分を検討・改良するという
ユーザー目線に立ったパナソニック社のありかたは
とても評価できますし好感が持てるものです。


また、こちらも貴重なお話を聞くことができて
とても有意義な時間をすごすことができました。

そうそう、2014年モデルのギュットミニDXの
あの素晴らしいチャイルドシートを作ったという
OGK社の方にもお会いしてお話ができました。
思ったより若い方もいらしてビックリしましたが
革命的な素晴らしい物を作っていただいて感謝しています。

とても個人的な話になってしまったのですが
本編の講習会や展示会以上に
企画部の方とのやり取りがとても有意義で
改めて、しっかりとした仕事を続けていかなくてはと
身が引き締まる思いでした。

こちらのブログは、ユーザーだけでなくメーカーの方も
多く閲覧いただいていることが解りましたが
これからも変わらず、媚びずに前のめりで行きたいと思います。笑
posted by シンワ店長 at 18:03| パナソニック展示会

2013年12月13日

パナソニック2014発表会レポ その2

パナソニック2014発表会レポートその2です。
今回は新型をメインに紹介していきます。

早速ですが今回の目玉はこちら



カラーズというシリーズです。
ラインナップとしては電動と一般と2パターンで
カラーコンセプトが2種類あるため
4バリエーションと言ったところでしょうか。

大型のワイド籠風バスケットに
パイプキャリヤ(クラス18)と両建てスタンド搭載。
基本コンセプトは女子高生ターゲットで
最も簡潔に言うならば
ブリヂストンのカジュナのような感じです。



電動アシストモデルでは8.9Ahバッテリーを搭載し
くるピタ、ソーラーオートテールなど
基本的な装備も充実。
新型スイッチにも対応しているようです。

なお、カラーラインナップですが
上記写真にあるカラーズFの4色と別に
ブラックパーツ採用のカラーズBの方は
ブラック、パープルが一般車と共に採用され
電動アシストタイプではその他に
ピンクとホワイトがラインナップされます。

カラーズ電動アシストモデルは1月発売予定。
一般車モデルは11月末より販売されています。


もう一台の注目する新型ですが
こちらは一般車でミニサイクルになります。



写真左上、働く若い女性をターゲットにした
グリッター(キラキラ輝くという意味)は
人気の20インチ小口径で、チェーンやワイヤーの一部に
カラーパーツを採用してお洒落さを演出。

メーカーの発表では女性ターゲットでしたが
男性でも十分乗れると私は感じました。
むしろ説明を受けるまでは
女性ターゲットとは思いませんでした。


こちらは内装3段搭載のモデル1種類で
カラーはガーネット(赤)、ブラック、グレー。


完全な新型ではありませんが、復刻モデルとして
新たに加わるシナモンJP(写真右上)は
国内生産にこだわった一般車で
15年くらい前に当店でも主力で販売していた
シナモン/ミュールという姉妹車の復刻版です。

より質の良いものをお求めの方には
自信を持ってオススメできる自転車です。
これは間違いなく20年乗れます!


グリッターとシナモンJPも
実は11月末より既に発売されています。


当店でも人気のヴィアトーレ(写真左下)は
14年モデルよりパイプキャリア搭載になり
価格はちょっと上がります。

個人的にキャリアはいらないと思うのですが
パイプキャリア+両建てスタンドが
女子高生のトレンドだ(メーカー力説)
という事で
スタンドもあわせて変更となるようです。

右下の写真はシンフォニーライト
アルミパーツなどを多く採用し
従来に比べると格段に軽量化されました。
イメージとして、当店でも最近人気急上昇の
ビビライトUに近いコンセプトとのことです。

これらも11月より発売・モデルチェンジされております。


その他、モデルチェンジ等で
新たに14年モデルとなる自転車も多数ございます。
カタログがお渡しできるのは12月末になってしまいますが
来年1月のカタログより税抜き表示に切り替わるなど
若干流動的な掲載になるようなので

3月頃までは少しお伝えしづらい状況となるようです。
予めご了承いただければと思います。

なお、1月発売の商品に関しても
現在より予約は承っております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

以上、パナソニック2014新車発表会レポートでした。

現在サイクルショップシンワHPでは
パナソニックの特設ページを上書き・製作中です。
こちらよりやや詳しくお伝えできると思いますので
しばしお待ちください。
posted by シンワ店長 at 13:32| パナソニック展示会

パナソニック2014発表会レポ その1

先日、都内にて行われました
パナソニックの新車展示会に行ってまいりました。

2013年のパナソニックは中心となる
電動アシスト自転車が好評で
2012年度には前年比販売台数を下回った事で
少し話題となりましたが、盛り返したようです。

さてそんなパナソニックですが
来年もまた新たな要素が加わり
少しずつですが着実に進化を遂げています。

今回レポートその1では、当店でも主力の
お買い物自転車を一部紹介します。

なお、予めお伝えしておきますが
子乗せ自転車についてはまだ正式発表がされておらず
もう少し先になる予定です。



さて、パナソニック電動アシスト自転車の中でも
メインの商品と言っていいのがビビDX



これまでも、EX/DX/SXというラインナップで
グレード分けをしてきたビビシリーズですが
14年モデルでも同じようにEX/DX/TXという3種の中で
最も需要が高いと思われるのがこのDXです。

基本的な部分は殆ど変わりないのですが
スイッチの機能やボタンなどに改良がされ
より使いやすくなるようです。
また、急速充電器も改良されやや軽くなるようです。


右下の写真はファッションタイプのスタイルDXです。


それに対し最上級グレードのビビEX
一般電動アシスト自転車では最大容量を誇り
高級感漂うカラーも健在。



実はビビシリーズは11月末より
既に販売が開始されているのですが
当店でもこのEXをいち早く
ご購入いただいたお客様がいらっしゃいます。

毎年グリーン系のカラーが秀逸ですが
今年もダークエメラルドがとても綺麗で
他にはないカラーでとてもオススメです。

写真下の2台はビビバディビビSS20です。
共に1月発売予定ですが
ビビSS20は容量が3.1Ahから6.6Ahにアップして
より使いやすくなるようです。

次に新たにラインナップされるビビTXというモデル。
こちらは上記2種(EX/DX)と比較すると
一番小さい容量になりますが
当店では需要が結構あるので一番気になっていた商品。

2013年までラインナップされていたSX(旧SS)という商品と
当店でも再三お伝えしておりますが
NXといういわゆる量販店向けの廉価版商品の
丁度中間に当るモデルだということです。




全体写真を撮り忘れたのですが
具体的な機能としての部分は

・アレックスフレーム採用
・5Ahリチウムバッテリー
・アルミリム仕様
・旧型(2011〜)手元スイッチ




・くるピタ搭載
・ノーマルテールライト
・旧タイプのバスケット
・鉄クランク


と言ったところでしょうか。

オープン価格で売られていたNXというモデルは
フレームがアルミで、車輪もアルミということで
他のグレードに比べても全体的に劣り
また強度的にも比較的難のあるものでした。
スイッチなども旧タイプが使われており
本当に「何でもいいから乗れれば」という人向け。

ひきかえSXは、DXなどと同様の
アレックスフレームを採用し、リムもステンレスで
スイッチやライトなども最新型が常に搭載され
ソーラーテールライト等の出来る限りの機能はついていたので
容量だけ小さいDXという感じで
とても使い勝手も良い商品でした。

で、今回発売されるTXに関しては
アレックスフレームを採用してはいるものの
どちらかといえばやはり廉価版的なイメージが強い
ので
ちょっと残念な感じです。

お買い物だけの方でしたら8.9Ahも要らないので
5Ahでしっかりしたモデルを残してもらいたかった。
というのが正直な意見です。


アルミリムなので転倒などで車輪が曲がる可能性もあるし
クランク(ペダルの付け根)は錆びる
スイッチは旧タイプだけれども
クラス27に対応していてくるピタもついているので
アレックスフレームで少し頑丈になったから
とりあえず後ろに子供乗せたりもで来て
価格も比較的抑え目だからいいかな?
という人にはオススメです。

ビビTXは1月発売予定。
サイクルショップシンワでも
状況を見て在庫する予定です。

以上、お買い物車の主力
ビビシリーズをお伝えしました。

その2に続く。
posted by シンワ店長 at 12:54| パナソニック展示会

2012年12月16日

パナソニック2013年モデル特集!

先日12日の水曜に、都内にて
パナソニックの新車展示会が行われました。

これにあわせまして
新モデルの特集ページが出来上がりましたので
特に電動アシスト自転車などの詳細は
こちらでご確認いただければと思います。

パナソニック2013特集ページ

サイクルショップシンワ恒例の
発表会レポートはしばしお待ちください。
posted by シンワ店長 at 15:27| パナソニック展示会

2012年11月15日

パナソニック2013年モデル情報2

先日お伝えしましたパナソニック社の
電動アシスト自転車2013年モデルについての続報です!

前回少し触れました、リチウムビビSXについての
新しい情報が入ってきましたのでお伝えいたします。

こちらのSXに関しましては従来どおりの価格と容量で
定価97,800円 バッテリーは5Ahとなっております。
センサーの強化とパネルスイッチの変更となるようです。

あわせまして、廉価版のリチウムビビNX
新たにデザインモデルとしてスタイルNXというラインが追加され
従来DXSDのような少しお洒落なモデルとなっております。

なお、こちらのNXにつきましてはセンサー未搭載で
従来どおり3.1Ahとなりますので
一部のカラー変更の予定となっております。

当店では毎度お伝えしておりますが廉価版モデルは強度が弱い事と
パーツ単位でコストダウンを計っているため
錆びたりする部分も多少多くなります。

いわば量販店向けのモデルとなり
せっかく高い金額であれば、安心して長くお乗りいただける
リチウムビビSXを断然オススメしております!

その他のモデルに関しましても情報は入ってきておりますので
詳細につきましてはお問い合わせください。
店頭にて、簡易カタログをお見せできますので
カラーなどが気になる方は是非どうぞ^^
posted by シンワ店長 at 18:53| パナソニック展示会

2012年11月13日

パナソニック2013年モデル発表

先日、パナソニック社より
電動アシスト自転車の2013年モデルが発表されました。



こちら、当店でも売れ筋上位のリチウムビビDXです。

2012年モデルから大きく変わる点としては

バッテリー容量が約10%向上し、
 従来の8.0Ahから8.9Ahに増量

・手元スイッチに消費カロリーが表示されるエコナビスイッチ2を採用。
・センサーを強化し、従来より更になめらかな乗り心地に。

という3点です。

エコナビスイッチ自体は正直申し上げて無用の長物であり
電動自転車に乗るのに消費カロリーなんて更に蛇足なので
基本的に意味がないと個人的には思いますが

やはり何といっても注目はバッテリーの増量と
それに合わせた価格の上昇がないという事です!

要するに、お値段据え置き!
定価109,000円のまま
なのです☆

他にも従来どおり3年盗難補償が付き
LED高照度ライト、3段変速、
ソーラーオートテール等、充実の装備。


合わせてリチウムビビシリーズの上位グレード
リチウムビビEX従来より容量UPの13.2Ah
据え置き価格
となる予定です。

リチウムビビシリーズは、ホーム型の他に
シティタイプもラインナップされておりますが
そちらも同様の仕様変更となるようです。

なお、5Ahのバッテリー搭載で10万以下という
お求めやすい価格でご好評頂いております
リチウムビビSXですが、まだ情報が入っておりません。
来週中には多くの情報が入る予定ですので
しばらくお待ちくださいませ。

なお、今回お伝えした内容の商品は12月3日に発売予定です。
勿論!事前予約も承っております☆

※2013年モデルは未発売の製品のため
メーカーにより予告なく仕様変更になる場合がございます。
予めご了承ください。
posted by シンワ店長 at 00:00| パナソニック展示会

2010年12月12日

パナソニック2011年モデル発表!

待望の2011年モデルが続々と発売、発表されました。
サイクルショップシンワホームページでは
そんな数ある新車の中からオススメ自転車をご紹介しております。

詳細は→こちら
posted by シンワ店長 at 18:58| パナソニック展示会

2009年12月11日

パナソニック2010年モデル発表!

先日9日は、パナソニックの新車発表会でした。

既に12月より発売している車種も含め
2010年モデルが一同に揃う一番大きなイベントです。

サイクルショップシンワでは
この新車種の中から特に注目する自転車を
ホームページ内でいち早くご紹介しております!

詳しくは→こちら

また、こちらの特設ページ以外に
電動アシスト自転車の2010年モデルに関しまして
詳細情報が入り次第順次更新していく予定
です。

一部情報によりますと
4月より表記の改正が行われるということで
走行距離などが、具体的な数字に近くなるとのことです。

通学自転車も含め、出揃うのは2月ごろの予定です。
もちろん!セールなども予定しております。お楽しみに^^
posted by シンワ店長 at 14:43| パナソニック展示会