2016年11月01日

ぶつけすぎ



ここ一週間で交換したフロントフォークです。

フォーク交換は一ヶ月で4本でも多いほうです
一週間で4本というのは、かなり異常なことです。

しかも恐ろしいのは、自覚があって(事故にあって)
持ってきた方がこのうち一人だけだった
ことです。

他の3本は、別の修理に来られたり
何かおかしい気がするということでお店に着たら
フォークが曲がっていることが発覚しました。

そして、話を聞いていくと
だいぶ前に転んだりぶつけたりした
という自覚があったにも関わらず
皆さんそのまま乗っていました。


多くの方が認識が甘いと思うのですが
自転車で、何かにぶつかったときは
立派な交通事故なんです。
単独であろうと、壁でも電柱でも木でも
それは立派な交通事故なんです。


しかも正面衝突した場合は
ほぼ100%フロントフォークか前輪が曲がります。
ぶつかっているのですから、物理的に変化がないはずがありません。

走れるからそのまま乗ってしまう方がほとんどですが
それは事故車であり、整備不良車であり、道路交通法違反です。


転んだ時でも、同じようなことが起こる可能性があります。
むしろ自転車は横からの衝撃の方が弱いのです。

ぶつかったり、激しく転んだ時は
必ずどこかしらおかしくなるはずなので
そのまま乗ることが一番危険です。

なるべく早めに、お店に点検に持って行きましょう。

1万円くらいかかるかもしれませんが
あなたの命の重さと比べたら
たいしたことはない金額です。
posted by シンワ店長 at 00:00| 修理

2016年10月30日

テープで止めないで

よく、パーツが外れたのに
テープで止めてそのまま乗っている人がいます。



お店に持ってくる間だけ引っ張ってくる間だけ
応急で、絡んだりするのを防ぐためならいいのですが
このまま乗っている人が結構いるので
恐ろしくて目を疑うことがよくあります。



折れてますから。

パーツが折れるということはどういうことなのか
よく考えてから乗ってほしいものです。


たとえばこのケースだと
前輪のカゴ足が折れたわけですが
折れたということは支えが効きません。
反対側だけで支えている状況ですから
確実に反対側も折れてしまいます。




このように、ネジ止めする部分だけ薄くなっていますから
ここに負荷がかかって、折れてしまいます。

しかも前輪のパーツが外れることは
命の危険に関わる大問題なのです。


前輪にロックがかかると
自転車が180度回転してしまう可能性があり
搭乗者は数メートル前に飛んでいきます。


想像してみてください。

下り坂でスピードが出ているときにそうなったら。

まるでスキーのジャンプになります。
K点超えも夢ではありませんね。

・・私は超えたくありませんが。


さて、もうひとつ、頭に入れてほしいことがあります。
それは、このパーツ、鉄のパーツが
いきなり折れるはずがないということです。

必ず原因があります。



カゴです。

カゴを支えているパーツが折れるということで
原因は大体その本体であるカゴにあります。

ネジの周りの部分が底抜けになってしまっていますね。
下から見てみましょう。



完全に外れて浮いています。

この状態では荷物を載せなくても
カゴがガタガタと余計に揺れることになりますから
当然、先の写真でわかるように
一番薄い部分が左右に動かされれば
簡単に折れてしまいますね。

カゴが壊れているのに平気で乗っている人をよく見ますが
私には自殺行為にしか見えないんです。

たかだがカゴくらいとか思ってるんでしょうが
たかだかカゴくらいで大怪我したらただの馬鹿ですね。

いらないパーツなんてひとつもありません。
「たかだかカゴのたかだかネジひとつ外れたくらい」
そういう気持ちで乗っている人が
このように足が折れてもさらにテープで止めて
街中を乗り回しているんですよ。
恐ろしいですね。事故なんて減るわけありません。

家の柱が折れて、テープで止める人がいますかね?
車のサスペンションが折れて、テープで止める人がいますかね?


直るはずないんですよ。

テープで止めて直るなら
パーツは全部テープで止めて
くっつけているはずです。


それなら自転車屋さんなんて要らないです。

異常を異常だと思わない
その思考が異常だと気づいてください。


特別難しくない、子供でもわかる簡単な話なんです。
常識的に、考えてもらいたいものです。


修理完了
posted by シンワ店長 at 13:59| 修理

2016年10月17日

大体、出来てない

最近はインターネットの普及などもあって
自分で調べて自分で直そうとする片が増えていますが
ほとんどの方が、出来ていないと私は思います。

これは別に
「お店に来てください」「お店にお金を落としてください」
って言うわけではなく、逆に出来なくて余計にお金がかかって
時間も汚した手もすべて無駄になる方が沢山居る
ので
「お店に来たほうが早いし安いですよ」
という意味をこめて、お伝えしております。

自分でいじりたい理由はわかります
そのほうが安いから。
大体そう思ってみんな自分でやるんですが
元に戻せていない、戻せても締め付けが甘すぎ
こういうケースが大半です。

特に締め付けが甘い自転車は
走行中に崩壊する可能性もありとても危険です。


インターネットの情報をアテにする程度の方は
そもそもやってはいけません。
目で見た情報だけでは、修理は出来ないからです。

インターネットで寿司の握り方を見て
おいしい寿司が握れると思いますか?
そのくらいの差があります。
見た目が同じでも、中身は全く違います。

そして一番危険なのは、
自分でやろうとする方の考え方
だと私は思っています。
そういう方の「出来る」というのは
ちゃんと出来上がることと比べると本当に
子供の遊び程度のレベルですから
特に自転車という、生身で乗り
公道を走る乗り物としてそれをやられたら
無法地帯になってしまいます。

多少おかしくても、安いし乗れるから

みたいな考えで乗っている人が事故を起こします
不特定多数の人に迷惑をかける可能性があるわけで
そもそも完全に整備不良として違法であるのですが
常時無差別殺傷未遂を
起こしているようなものです。


そういう自覚がない人が多いんですね。
それは、自分でいじる方が壊して持ってきた際に
なぜ危険なのかを説くのですが
「でも」とか「それは」とかいう言葉が先に返ってきて
決して自分の非を認めようとしない方が多い
からです。
こういう方が、一番たちが悪いです。

説明してても「伝わってないな」とか
「ダメだこの人、話が通じてない」と感じるんです。

なので、ここでこう書いても
そういう人はやってしまうんでしょうから
意味がないのかもしれませんが・・

とにかく、自分でやろうと思わないでください。
そういう人が周りに居たら
危険だということを伝えてもらいたいです。

日曜日にご主人が直したという自転車がおかしくて
月曜日にこっそり奥様が持ち込まれるケースは
決して少なくないのです。


出来ることなら全部タダで直してあげられたら
それが一番だと思いますが、私も仕事でやっていますから
生活のために、相場程度の料金はどうしても頂く事になります。
それは仕方のないことなんです。

だからこそ、まとめて出来る作業のときは
工賃としての料金を重ねずに安くひとつにまとめていますし
大きな修理の際には、パーツ単位で割引をしています。
(最近はあさひやサイクルスポット、ヨーカドー等
全ての修理に工賃を二重三重に乗せて
高額請求するお店が増えていますね。)


でも修理って、値段じゃないんですよ。
手を抜いて、安くするって思うことは
自分の命を、家族の命を
安く済ませようと思っているのと同じです。


周りの方のためにも
自分で修理は、やらないでほしいです。
posted by シンワ店長 at 11:52| 修理

2016年09月08日

お金がほしくてたまらない

本日来店されたお客様の自転車が
スプレー油まみれになっていたので
お話を伺ったところ

サイクルスポットでやってもらって
店員に自分でもできるよ、といわれて
自分でスプレーをかけていた
そうです。

このブログ記事にも書いていますが
4月からとんでもない二次修理が多発している
サイクルスポット武蔵小金井店ですが
やはり以前と比べると別の店舗になったのかと思うくらい
目を、耳を疑うような事が起こっています。

自分でぶっ壊しておいて3万円とか吹っかけるのが
サイクルスポット武蔵小金井店です(事実です)


ある意味ヨーカドーのほうがマシなくらいです。

こんな無茶苦茶なことをやって
お金をもらえるんですから
私たち個人店がなめられるのも解ります。

でもねぇ

腕もねぇド素人と
個人店を比較されても困るんですよ。


子供の砂場遊びと
札幌雪祭りくらい違いますよ。笑


たとえば購入時にお店でやってる保険に入ったのに
点検で持っていってもちっともまけてくれないって。

当たり前ですよ

来たお客さんからお金をふんだくるための保険ですから。
難癖つけて「これは対象外です」って言えばいいだけです。
そもそも修理に来るなんて思ってないかもしれない。
そもそもその点検する人間ですら素人レベルですから。

自転車が売れたら自動的に
2,000〜3,000円儲かるシステムと思ってください


いい商売でしょ?

最近だとドンキホーテもやりだしましたね。
広告が入っていましたよ。手口は同じです。

お客さんにお金を払わせるのが素人の量販店です。
お客さんの負担(お金)を
最大限に減らすのがまともなお店です。

安易なエサに騙されて、尻尾を振ってついていき
簡単にお金を払ってカモられているのは
残念ながら「自転車なんて」と思ってる
無知なユーザーの方々です。

信じなくても構いません。
解らない人は、一生騙され続けてください。
私には何のデメリットもありませんから。
posted by シンワ店長 at 19:52| 修理

2016年09月06日

恐ろしい

自転車を購入いただいた際に、乗っていた自転車を廃車で
お預かりすることがありますが
この廃車は手作業である程度バラして
最終的には業者さんに持っていってもらいます。

当店はお店のスペースも大きくないので
ハンドルを曲げて、かごやペダルを取って
回収の日まで保管しておくのですが
たまにこれらのパーツが外れなかったり
動かなくなるものがあって厄介です。

よく触れますが、組み立て時に
グリスアップをしていなかったり
安い自転車でネジがさびさびになるものを使っていると
パーツを外す時に、とても厄介です。


ハンドルのポストが動かなくなって
曲がらないのが一番厄介なのですが
廃車ということもあり、自転車を倒して
ハンドルと前輪に乗っかって
強引に曲げることはよくあります。


私事ですが、とても小柄なタイプなので
体重は50キロもないので、なかなか大変なのですが
先日、そんな私が乗っかったところ
とてつもないことが起こりました

s160905a.JPG

フォークが曲がりました・・

s160905b.JPG

s160905c.JPG

確かに強引にはやっていますが
過去一度も、こんなことはありませんでした。
自慢じゃないですが力はないほうですので。笑

この自転車にはBAAマークがないため
フレーム強度の問題だったんじゃないかと思います。

フォークの修理の話はここでよく書きますが
車体より弱く作ってあり、衝撃吸収するために
車体より曲がるように作られている
のは事実ですが
この程度でこんなに曲がるのは驚きました。

やはり、安い自転車というのは
目に見えない部分で危険性があるんだなと
改めて実感した瞬間
でした。

ホームセンターや量販店の安物自転車なんて
ほとんどこんな感じなんでしょうね。
posted by シンワ店長 at 12:10| 修理

2016年09月04日

いつものヨーカドー

先日、持ち込まれた自転車の
調子が悪いということでお話を伺うと
ネットで購入して調子が悪いので
ヨーカドーで見てもらったら余計ひどくなった


ということでした。笑

・・いや、申し訳ないですが、笑うしかないです。

そりゃそうだ

素人が組み立てたものがおかしいから
素人がやってるお店に持っていくんですもん。
そりゃおかしくなるに決まっています。


調整してもらったのにタイヤが曲がってついていて
ブレーキは片効きしたままで
調整してもらった後のほうが自転車が重い


なんて、どんだけ素人なんだよっていう話です。
そんなクソみたいな仕事で、幾らもらったんでしょうね

「やらないほうがマシだった」なんて、とんだヤブ医者です。

お客さんが無知なのは仕方がないです。
こうやって覚えてもらえばいいんです。
お金払って、勉強になったと思えばいいんです。

問題なのは、いい加減な仕事をする販売店です。

まともに組み立てもできないのに通販で送りつけて
儲かって毎度あり。

まともな修理もできないのに、難癖つけて預かって
お金もらって毎度あり。



こういうお店のせいで泣いているユーザーが沢山います。
もちろん、何度も書きますが
見極められないユーザーにも問題はあります。

ホームセンターや量販店
デパートや電気店は
自転車屋さんじゃないでしょう?


わかりますよね?

プロがいると思いますか?
貴方の自転車ために親身になってくれると思いますか?
次行った時に同じ人がいると思いますか?


そんなわけ、ないじゃないですか。
売ってさよならはい終わりですよ。
貴方のお財布には興味があっても
貴方自身や売ってる商品には何の興味もないですよ。


それが大型店です。
もっと言えば、それが資本主義ですから


まあ、とりあえず

いい加減にしろよヨドバシ&ヨーカドー
posted by シンワ店長 at 18:22| 修理

2016年09月02日

チェーンの油

少しお久しぶりです。

冬場と比べると、夏場は皆様やはり
移動手段として自転車を活用されるので
修理の件数は増える時期でもあります。

修理というものは相変わらず様々なパターンがあり
実際、やっていて面白いのですが
「何故、こんなにまでしてしまうんだろう・・」
と思うものは少なくありません。

そういう中でも、この時期気をつけたいのが油切れです。

梅雨の時期から台風の時期へと移り変わり
雨が非常に多いのが夏場の特徴ですが
自転車における雨のダメージはかなり大きいです。

外面的なさびはさほど影響はありませんが
内部的な部分に水が入ると
あっという間に自転車は壊れてしまいます。


皆様が一番思い当たるのはチェーンだと思います。

s160902a.JPG

タイヤ交換などをする際に、このような状況をよく見かけます。

こいでいる時に、小鳥がさえずるような音が聞こえたら
チェーンの油が切れてきているサイン
です。
ガリガリいうほど使う方は末期ですね。
そこまで乗る人は最悪です。
道具の使い方を理解していない証拠です。

s160902b.JPG

これは交換したチェーンです。
以前にも同じようなケースをご紹介しましたが
油が切れたまま無理にこぎ続けた結果
チェーンがまっすぐに戻らなくなってしまいました。

s160902c.JPG

ピンと張っても、こんなに凸凹になっています
こうなってしまうとギヤにはまらなくなりますので
当然外れたり、乗っていてもギヤが落ちたりと
まともに走れなくなりますね。

油さえさしておけば、何もなく乗れていたのに。
チェーン交換って意外と高いんですよ。

残念ながら今年はこの手の修理が異常に多いです。

安物自転車が横行して、モノを大事にしなくなった結果
安いだろうといい加減に使って結局お金がかかるという
本末転倒になっていることに気づけない人は多いです。


こうならない為にも、定期的に
メンテナンスをすることをお奨めします。
もちろん無知な人が自分でやろうとすると
大惨事を招くので、お店でやってもらってくださいね。
posted by シンワ店長 at 14:38| 修理

2016年07月31日

致命傷に繋がるほどの愚行

安い自転車と高い自転車、一体何が違うの?
と思われる方も多いですが
高い自転車で同じ製品でも
売っているお店によって差がある

ということをご存知でしょうか?

それは、組み立てをしっかり行っているかどうか
この差は、例えば安い自転車をしっかり組み立てたものと
メーカーの高い自転車をいい加減に組み立てたもの
その立場が逆転するほどの差が出ます。

品質の良さも大切ですが
安全性や長く乗ることを重視するならば
何より出来(組み立て)の良さも
しっかり見ていかないといけません。

要するに整備の力量ですね。

昨今では、自転車をお店で組み立てていることを
知らない方が多いのですが
最近では、例えばこういう動画がありますので
どんな感じなのかは、文字で書くより解りやすいとは思います。

https://youtu.be/V_DYPQowREY

これを見て「凄いね」「しっかりしてるね」という意見は
素人なら誰でも思うことだと思います。

しかしプロの目から見ると
なんじゃこりゃ?というレベル。


よくもまぁ、全世界配信で
こんなのを出して恥ずかしくないなと思います。
コメント欄にもツッコミがありますが
私ならこういうお店では買いたくないですね。

指摘されている部分は地味ですが結構重要なポイントで
特に、ハンドルポストのグリスアップは
後になって泣くことになる可能性も出る
のです。

たまたま、最近あった事例があるのでご紹介します。

ブリヂストンの、40,000円近い自転車ですが
衝突してしまったという事で
フロントフォークを交換するというものでした。

フォーク交換は7,000円近くしますので高いですが
元々、しっかりした良い自転車ですから
突発的な事故で廃車にならないだけ良かったと思えます。

フォークを変えるためには、ハンドルバーを外さなければ出来ません
そこで問題になるのが、グリスアップをしていたかどうかです。

s160731.JPG

このグリスアップを怠っているとどうなるか。

組み立ての際に、実際フォーク交換なんて
いつやるのか予測なんて出来ませんね。
そもそも事故にあわなければ交換など起きません。
ただ、ここを開ける修理は10年くらい乗った時に
ベアリングのオーバーホールで必ずやってきます。


つまり、10年間、全く手をつけない場所と言ってもいいんです。
グリスアップをしないで10年経ったら
どうなるか・・・解りますよね?


動きません。
全く動きません。
お手上げです。


今回の事例は、フォークを変えるだけだったんです。
しかし、その手前の作業で断念せざるを得ませんでした。

廃車です。

40,000円する自転車を7,000円で直せたはずなのに
最初にグリスアップをしていなかったせいで
手の施しようが無く、廃車になるんです。

グリスアップがどれ程重要か、お解かり頂けたでしょうか?
こういう事は、量販店では日常茶飯事なのは勿論の事
(子供車のサドルが上がらないとかね・・)
動画にあるように、個人店でも普通にあるということです。

ちなみに付け加えると、動画の中では
車輪を取り付ける際にも
ハブナットを入れる前に油を入れてません
から
外す時に苦労する可能性もあります。
こういうお店があるから困ります。

修理を重要視しなくてはいけないものなのに
組み立て時から気を使えないお店はダメだと思います。

「販売する自転車=修理に持ってくる可能性が高い」
というのは個人のお店では当たり前に理解している事です。

大型店やデパート、量販店は「販売したらサヨウナラ」ですから
そんなことを一切考えていない可能性も高いです。
更に、そういう気持ちなのに下手に修理に手を出すので
とてつもない不の連鎖を招いています。


お店に戻ってくるのであれば(勿論そうでなかったとしても)
組み立て時からその時を想定して、自分が困らないように
しっかりグリスアップをするのは当然の事。
修理の際にだって、また戻って来て直す時の為に
しっかり注油をしてお渡しするのは、当然の事です。

基本がしっかり出来ていない人が、
応用を出来るはずがありませんよね?
組み立てがしっかり出来ないお店が
修理をしっかりやるはずがありません。


普段からそういう事を考えて仕事をしていなければ
どんどん怠慢になって、ただ組み立てるだけの”作業”と化し
クオリティはどんどん下がっていく
のです。
勿論、修理に関しても同じです。

ちなみに私が普段から、ダメな修理をボロクソに書くのは
他店を陥れたい訳でも、自分に腕があると言いたい訳でもなく
単純に、自分がそうならない為の戒めです。


だって、これだけ言ってる奴が下手な修理をやっていたら

「お前あれだけ書いてて何やってんの?」

って言われますよ。

それこそ只のアホじゃないですか。笑

考えていない人と考えている人の差は、
想像以上に大きいんですよ。

さて、今回ご紹介した自転車は
2008年製造ですので、まだ10年乗っていなかったのです。
市内のある個人店で販売されたものだったので
個人的に怒りを覚えたのと、非常にがっかりしました。

無責任に仕事をするのは、一番ダメですね。
posted by シンワ店長 at 12:13| 修理

2016年07月28日

最近増えてます・・

s160728b.JPG

子乗せ自転車のハンドル交換。

車重が重いため、転倒などでハンドルが押し付けられて
曲がってしまうケースが増えています。

しかし、実は半分くらいのケースの原因は
ご主人の酔っ払い運転だったりします。

自転車でも飲酒運転は違法行為ですからね。
しっかり違反切符を切られますので、ご注意を。
posted by シンワ店長 at 17:48| 修理

2016年07月26日

またヨーカドー

パンク修理に来られたお客さんのタイヤをあけると
チューブが内側から裂けていました。

チューブが内部で裂ける場合
原因の大半はリムバンド(リムテープ)ですが
開けてみてびっくりしたのがこちら・・

s160726a.JPG

謎の二重巻き。

ゴム製のリムバンドの上に
何故かリムテープを巻いてありました。

s160726b.JPG

車体はブリヂストンのbikkeだったので
こんなことは本来ありえない為
お客さんに聞いたところ、ヨーカドーで何度も修理していて
今年に入って3回くらいパンクしている
との事でした。

ちなみにお客さんは、信用できなくなり
当店に修理に持ってきた
ともお話下さいました。
半年で3回もパンクなんて尋常じゃないので
そりゃ、不信感も出ますよね・・

さて、原因としてはやはり、テープです。
特に細いタイヤのスポーツ車などでよくあるのですが
リムテープがしっかり巻かれて(くっついて)いなかったり
極度に劣化していると、めくれあがってしまい
チューブが膨らむ際に挟み込んでしまいます。

今回はゴムの上にテープを無理やり巻いたことで
接着面がしっかりくっつかなかったことが原因
です。

s160726c.JPG

簡単に剥がれました。

それにしても、素人作業過ぎます。
そもそもテープを巻く理由がわかりません。

巻くなら、下のバンドが剥がれて交換したとか
ニップルがはみ出すならもっと太く巻くなど
方法はあるはずですが、何の問題もないものに
壊れるようなものを付け足すという
最悪の行為
を行ってしまっています。

こんないい加減な事をやって
お金を頂けるんですからご立派ですね。
posted by シンワ店長 at 18:24| 修理

2016年06月28日

典型的

私が思う、最も自転車を壊す方法とは

@空気を入れないこと


A無駄に油をかけまくること


残念ながらこの両者は共存率が高く
空気を入れない人に限ってやたら油をかけたがります。

いや、やたら油をかけたがるの人ほど
空気は入れていない・・・?

いずれにせよ結果は同じですね。

勿論、上の写真は同じ自転車です。
posted by シンワ店長 at 11:46| 修理

2016年06月20日

あさひのバカ丸出し!

はい!早速きましたよー

サイクルベースあさひ 小金井店
が、いかに知識や技術がないかと言う証拠!

ブリヂストンから2008年頃販売されていた
マリポーサという自転車があります。

こちらの自転車は、現行で言うと
グリーンラベルの前身の
リラクシーバイクが出来る元となった自転車ですが
現在のマークローザなどと同じような
ちょっと変わったパターンのタイヤを履いています。

お客さんはあさひに行ってタイヤを換えてもらおうとしたところ
「このサイズは特殊だから普通のを入れると回らなくなる」
と説明されたそうで、純正がないからということで
当店の方へ持ち込まれました。

ちなみに当店で購入されてる自転車なんですけどね!

まあ、いいです。浮気には慣れてます。
だって浮気してもまた戻ってくるから。
大型店が無茶苦茶な仕事をしてくれるお陰で。笑

さて問題は上記の、タイヤのサイズの問題です。
確かにパターンが特殊なので
純正を入れた方が格好がいいし
元に戻るのは間違いないですが
別に普通のタイヤを入れたからって
何も問題はないのです。




26x1-3/8 インチ。
普通のサイズですね。

先日、新しく出来たばかりのこの
サイクルベースあさひ小金井店に
行ってきたという方がいましたが

「高校生アルバイト募集って
 書いてあったわよ。笑」


と仰ってました。

まぁそんなもんですよ。
ヨーカドーなんかもそうですが所詮はバイト。
ファミレスの店員みたいなもんです。
料理してませんから。

でもファミレスでチンしただけのものは食べられますが
高校生のバイトが直した
自転車に乗りたいですか?

しかもプロがやったのと同じお金を払って。

当たり前ですが、資格も持ってませんから。
だからこんな初歩的なことも解らない。
むしろ資格を持ってる人間がこれを解らなかったら
モグリか何かじゃないですか?

普通に考えられないことですからね。

今回は当店にもたまたま在庫がなかったので
(通常は26-27インチは1セット持っています)
お客さんと相談して普通のパターンのタイヤにしてもらいました。

ただ個人的な考えとしては
マリポーサのベルトシステムは普通のと少し違うので
下手にいじられて壊される可能性があったので
素直にこちらに持ってきて正解だったと思います。
ヨーカドーなんかでも以前ありました
間違いなくこのタイプは、壊されるので。

無知すぎるんですね。
知識のない人間がやる修理は破壊です。
何が怖いって、出来てると思ってるからタチが悪いんです。
ミスしたことにも気づかないからまた繰り返す。
お客さんも文句を言いに行かないから
(買うときばっかり遠くで買うのにねぇ・・)
のうのうと同じことを繰り返していられるんです。

ハッキリ言って、被害者が集まって訴えれば
先日の舛添都知事くらいの騒ぎにはなると思いますけどね。
全国427店舗もあるらしいですから被害者の数は相当ですね。
週刊誌なんかは面白がって食いつきますよ♪
全国の「パンク修理剤」被害者の方々、
やってみたらどうですかね?


しかしオープンしてまだ一週間ちょっとなのに
もうこんな事例が舞い込んでくるとは

さすがサイクルベースあさひ!!!

素人集団&悪徳商売で有名ですからね。
皆さんが被害に合いません事を願っております。
posted by シンワ店長 at 18:56| 修理

2016年06月18日

子供の命は5,000円以下ですか

修理をしている時にこんなものを発見しました。



何でしょう?

キャリヤ(荷台)の溶接が外れたものを
強引に止めてあるんです。



↑浮いてますね。

子供乗せをつけている自転車です。
これの上に子供を乗せているわけですが
溶接が外れたのに強引に使っているんですね。

メーカーのものですが、交換しても
5,000円くらいで新しいものが付く
のですが
人間というのは時に恐ろしいですね。

子供の命より、5,000円を払うのが嫌で
何とかテキトウにごまかしてみようっていう
頭の方が先に来てしまうのでしょう。


なんて思っていたらまた本日・・



ナニコレ(゜_゜)

流行ってるの?

どこかの店でやってるの?
・・ほぼ同じパーツなんですが。

これ、もしお店でやってるとしたら大問題ですよ。
応急処置ならまだしも
これで子供を乗せてるわけですから。
これでOKと思う人の気持ちも解りません。

親としてどうなんですかね・・。

ちなみにもっと凄いのがありました。



もうビックリ過ぎて言葉が出ませんでした。
キャリヤを支える付け根の取り付け部のネジが折れて
なんと針金1本で止めてありました。

子供の命を支えているのが
手で曲がるほどの針金一つです。


恐ろしすぎます。
よく無事でいたと思います。

どういう神経をしているのでしょう・・
壊したのは仕方ないにしても
そんな状態で乗れないなら買い換えなくてはいけません。
自転車なんて買い換えても高くたって5万くらいです。
勿論、そんなに高いものを買わずとも
子供を乗せることは出来ます。

子供の命はそんなに安いんですか?


私は子供を大切にしない親が一番嫌いです。
(大切にしすぎる親も嫌いですが)
子供の命を蔑ろにする社会はクズだと思うからです。

「大切じゃないわけ無い」なんて言うかもしれませんが
じゃあこの上の写真を見て大切にしているように思えますか?
少なくとも私には思えません。

次の世代を担う若い命を軽く見るような社会は
いつか崩壊すると思っています。
残念ながら現にそうなっていますが。

前後子乗せ自転車という定義が出来たのは
親御さんが無茶苦茶な乗り方をしていたからです。
前の世代の親御さんがいい加減だったために
次の世代の親御さんは自転車を買うのに苦労したはずです。
その世代の親御さんが、また無茶をしているので
どんどん規制が厳しくなっているのが、現状です。

せめて子供を乗せる自転車くらい
しっかり整備した上で乗ってくださいよ。

命を落としてからじゃ遅いんですよ。
posted by シンワ店長 at 18:26| 修理

2016年06月16日

ハイリスク・ノーリターン

最近フロントフォーク交換が多いと言うのは
ここしばらくの記事をお読み頂けると解ると思いますが
本日もフォークの修理を行おうとした所
パンク修理という方がいらっしゃいました。

しかし私が最初にその自転車を見たときに
「ああ、またフォークの修理か」と思いました。
そのくらい遠目で見ても曲がっていたのです。



これは以前行った別の修理のものですが
本当にこのくらい曲がっていました。

「これを直すつもりが無いのであれば
パンク修理は当店では出来ません」

と、伝えると、その方はきょとんとしていて
自分の自転車じゃないから解らないけど
事故にはあっていないと言うのです。

道路で自転車が何かにぶつかれば、それは事故です。
人でなくても単独で壁にぶつかっても事故です。
車がガードレールにぶつかったら事故ですよね?
自転車も道路交通法上では立派な車両です。
そういう認識が無さ過ぎる事に
私は常々愕然としていますが
今回も同じケースなのだと思います。

ですので、修理をしないと乗れないことを伝えると
(※乗ってはいけない状況です、という意味です。)
すぐに乗りたいようなニュアンスの事を言われたのですが
残念ながらそんなにすぐに直るものではありません。
勿論、当日中に直るケースもあるのですが
本日のお店の仕事内容の状況もあり
今日中には直らないと伝えた所
「少し考えて相談します」と帰られました。

その数分後

別の方(たぶん乗っているご本人)が
お店の前に、その自転車を押してきたのです。

そしてなんと、通り過ぎていきました。

おそらく、パンクだけ直すなら
他の店に行けばなんとかしてくれうかも
という考えで駅に向かったのでしょう。

私は断言します。
その方は、おそらくパンク修理をしてもらうでしょう。
そのお店は、間違いなくパンク修理をして
その代金だけもらってほったらかすでしょう。


残念ですがこれが現実です。

乗るほうも、直すほうもいい加減なんです。
だから事故が減らないんです。
「自転車くらいいいだろう」というその気持ちのせいで
どれ程の方々が事故に巻き込まれていることでしょうか。


そもそも自転車店というのは
安全指導も行うことが義務とされています。
自転車店の人間が、いい加減な自転車を見て
「大丈夫ですよ」なんて言っていたら大問題です

そもそも何か起きて責任を取れない事を
大丈夫なんて言うリスクが大きすぎますね。

そんなお店にあなたは行きたいですか?

お店でもし、これほどの曲がりに気づけないとしたら
それこそ腕の無い証拠になりますし
そんな危険な状態で何も言わないとしたら
信用や責任の問題になってきます。
私ならそんなお店は行きたくない。

そこも合わせて、パンクを直すのならばいいですが
直さないのであれば私は拒否します。
危なすぎて他の大勢の方に迷惑がかかる可能性があるものを
目をつぶって、一つ仕事だからとほったらかすことは
少なくともサイクルショップシンワでは、やりません。


それで別に私自身が嫌われても構いません。
そんないい加減な仕事を私はしたくないから。

逆に私は、そういう状況だと理解した上で
まだそんな危険なものを乗り回すような人間は
心の底から軽蔑します。

人としてどうなの?

今回のケースだってそうです。
娘か孫かわかりませんが
大切な肉親を、そんな危険と解っているものに
今日使いたいから?明日使いたいから?
たったそれだけの理由で
注意もせずまた乗らせるその神経が全く理解できない。


もはやルールやマナー以前の、倫理の問題です。
よく、まともに走れる状況じゃないのに
「乗れてます」という人もいますが
ピエロにでもなるつもりでしょうか?
それはただの曲芸であって、状態は整備不良です。

いつも書いていますが
もしあなたの大切なご家族や恋人が
そういう自転車に撥ねられて大怪我をした時に
「まあしょうがないよね」と済ませられますか?


もし事故を起こして訴訟になったら
何千万という金額を、支払うことが出来ますか?
誰かの命を奪ってしまった時
その責任を一生負い続けて生きていくことになるのです。

たかだか何千円かの修理で
たかだか一日二日我慢するだけの事で
それは100%回避できるのです。

今、自転車に問われているものは
そういう部分だということを、十分にご理解ください。
posted by シンワ店長 at 11:48| 修理

2016年06月12日

今度はサイクルベースあさひ

ヨーカドーが酷いという話に引き続き
今回はサイクルベースあさひの事例です。

あるお客さんの点検をしたところ
とんでもないものを発見してしまいました。


【こちら】

なんでしょう?
わかりますかね?

梱包材です。

自転車がお店に運ばれてくる時に
周りに傷をつけたり、箱を突き破ったり
塗装に傷が入らないように巻いておくものです。


【※イメージ図】

これが、3ヶ月前に購入して(勿論店頭購入)
今日まで乗っている自転車についていたのです。
・・考えられませんね。

お客さんが気づかないのはいいとして
これがついているという事は
どういう事を意味するのか、が問題です。


要するに、お店に入荷した時に
その自転車の点検をしていない
という事です。
だって、点検していたら絶対はがすでしょ?

例えば貴方がテレビを購入したとして
宅配で届いたものをあけて、クッション材をつけたまま
リビングに飾りますか?

ありえない!!笑

これをはがさないのは考えられない事です。

そして、お客さんにお渡しする際にも
点検を普通はしますが(まともなお店は普通しますよ)
それすらも絶対していないという事です。


量販店などはたいてい、お店で組み立てをしていないので
完成車で運ばれてくる自転車なのですが
つまり、工場からお店に来てお客さんに渡るまで
まともな点検を行っていないという事です。


工場で誰が組み立ててるか知ってますか?
資格なんて持ってない人ですよ?
深夜の工場アルバイトですよ?


あぁ恐ろしい!

案の定、色々おかしい所はありましたので
しっかりと点検しなおして調整しましたが
この方は3ヶ月で当店に来たのでよかったと思います。
まして子乗せ自転車です。
10万以上もする電動アシスト自転車を買ったのに
お店がこの体たらく
ですからね・・

さすがサイクルベースあさひ!

と言ったところでしょうか。
期待を裏切らない劣悪さに、呆れてものも言えません。
posted by シンワ店長 at 10:00| 修理

2016年06月11日

相変らずヨーカドー

さて、本日も酷い修理のご紹介です。

タイトルどおり、本日の事例は
武蔵小金井駅前のイトーヨーカドーです。

修理というものは、解る人が見れば
一発で下手なのが解ってしまいます。
何もいじらずとも、状態だけで解るものは
よっぽど酷いと言えるでしょう。

今回の件は、以前修理をしてもらったそうですが
まぁその修理が酷いもので、まずワッシャー。



ワッシャーにも、ちゃんと向きがあるんですよ。
プロならそんなこと常識中の常識。
入れ間違えるという方が逆に難しいです。
ですから、これを左右違う方向に入れてしまうとかいうのは
もう無知としか思えません。
もし知らないとしたら、両方さかさまとかなら解ります。
左右で違うっていうのは、普通にやっていても
それってありえないでしょう?

いかに何も考えていないで作業をしているかと言うことです。

本当に資格持ってるんですか?

まあ別にワッシャーで自転車は壊れませんけどね。
それすら出来ない人がいじっていること自体が
恐ろしい
って言う話を私はしているのです。

勿論それだけでは終わりません。
後輪のチューブ交換か何かを以前したそうですが
先日、サイクルスポット武蔵小金井店で
ぼったくられそうになったお客さんの事例


◆サイクルスポット武蔵小金井店はボッタクリ◆
http://cs-shinwa.sblo.jp/article/175241405.html

と、同じことが今回も起こっていました。



これは後輪の車軸、内装三段ハブですが
ブレーキがついている側の内部ナットです。
浮いて来て隙間が出来ていますね。

車輪を外した修理の歳には
稀にブレーキが緩んだりしてしまうことがあります。
これをほったらかして、戻してしまうと
タイヤをはめなおす時のハブナットを締める際に
車軸が外側からはしっかり止められますが
内側に遊びが出来てしまうので
自転車をこいで、タイヤが回ることで
内部のナットがどんどん緩んでいってしまいます。

車軸がガタガタになってしまって
最悪、ハブ軸が折れたりすることも起こります。
内装三段ハブはギヤなしより繊細なパーツですので
それだけで破壊してしまう可能性もあります。

ネジ一つ閉め忘れることが
どれ程の損害や危険性を生むのか
解らないような人は、修理なんてしないでください。

というかそれは修理ではなく破壊です。
お金を貰って破壊行為をしているだけです。

本当に資格持ってるんですか?

迷惑極まりない話です。


さてさて、今日はなんと
それだけでは終わりません!
もう今回は、酷すぎる修理のオンパレードで
お客さんに同情したくなるくらいでした。


お次はブレーキワイヤー。

後輪を外す時にはブレーキを外しますが
ローラーブレーキの場合だと
ワイヤーを完全に抜く必要があります。
その際に発見したのがコレです。



この写真だけで解る人はプロですね。



エンドキャップがないんです。
勿論、先の写真でわかると思いますが
元々ついていたっぽい痕跡があるので
間違いなくこれは、修理の際に無くしたわけです。
考えられますか?無くすんですよ。

100歩譲ってなくしたとしても
戻す時に換えのものをつけてあげれば済むだけです。
ほぼタダ同然のパーツですが無くしたなら自腹は当然。
このたった一つのパーツのせいで
ワイヤーがおかしくなる可能性があるのです。
ブレーキは命綱です。何か起きてからでは遅いのです。
それを解っていたら、戻す時に絶対入れるはずです。

パーツの役割を知らないのでしょうね。

とか思っていたら今度はブレーキレバー側が・・



写真の左側が前輪ブレーキ(右手側)
右側が後輪ブレーキ(左手側)です。
後輪ブレーキのキャップがないですね。
先ほどと同じですね。

本当に資格持ってるんですか?

これを見てハッキリ解ったことは
一度ブレーキワイヤーを交換しているという事ですね。
なぜなら交換していないのであれば
わざわざ頭の方のキャップまで
外す作業は考えられないからです。
そしてブリヂストンの自転車は
レバー側、ブレーキ側の両方、或いは片方側には
必ず埋め込まれたキャップがついていますから。
両方に無いという事は別のものに交換したという証拠でもあります。

それにしても両方入れないっていうのは
本当にもう、無知だとしか考えられませんね。
ハッキリ言って、あり得ないの一言。
何も考えずテキトーに仕事をしてるんでなきゃ
どう考えてもやらないミスですこれは。
恐らくはミスしたことすら気づいていないでしょうけれど。


ちなみにこの方は何度かヨーカドーで
後輪関係の修理をしているそうなので
ワイヤー交換でキャップを入れないことと
車輪を外した際にキャップをなくしたこと(入ってた痕跡)
は別件で2回起きているという事が推測できます。

そして呼んだんですが、個人的には
ブレーキワイヤーを換える理由もわからないんですよ。
お客さんのお話だと切れた事があるわけではないし。
なんかうまい事丸め込んで、修理の際に
「一緒に換えてお金もらっちゃおう♪」
っていう考えでしょうね。
非常に信じがたい事かもしれませんが、
残念ながらよくあることです。


本当に無茶苦茶ですね。信じられません。
でも、これが量販店や大型店の実態です。
イトーヨーカドーは自転車店ではありません。
「資格を持ってます」なんて看板を掲げてたとしても
所詮はこの程度の人間です。

本当に資格を取ったのかすら怪しいレベルです。

そうでなければ「買ったときからおかしい」とか
「修理してもらったらなんか変になった」
なんていうお客さんが当店に来るはずが無いです。


本当に酷いの一言。
武蔵小金井駅前のヨーカドーは
調子に乗って自転車販売スペースを増やしていますが
それと比例して、被害者も増え続けています。

いい加減にしてくれませんかね?
posted by シンワ店長 at 18:36| 修理

2016年06月03日

スプレー油かけてますね?



プロであれば、見た瞬間に解るんです。



見事というくらいスプレー油がかかっています。

こういう汚れ方、どこかで見たことはありませんか?
私がいつも例えるのは、台所の換気扇です。

台所の換気扇は他の換気扇にくらべて
黒くべったりとした汚れがつきます。
それは油が含まれているからです。

自転車の汚れも同じです。



車軸から外に向かってグラデーションになっています。
本来はこんなことには絶対なりません。
油がついているからこうなるのです。

スプレー油というのは霧状です。
赤い色が出ていると思っていただけると
想像がしやすいと思いますが
スプレーを吹いた所は、グラデーションになりますね。

霧状にグラデーションになった油の上に
土ボコリが吸着して真っ黒になっていくのです。



ベアリングも死にかけています。
スプレー油最大の弊害ですね。



本当はこんなに綺麗なんですよ。



もちろん、さっきのと同じものです。
「サビよけ」なんてのは嘘で
油ぎってるから錆びないだけです。

お陰で真っ黒に汚れて汚くなります。
こんなになるんだったら、かけない方がよっぽどマシ。



これは、スプレー油など一度も吹いていない自転車です。
我が家で7年使っている電動自転車の後輪です。
特別な手入れなどしていません。
恥ずかしながら、普段からそんなに磨いたりもしていません。
年中外に置きっぱなしで、雨にも当たっています。


でも黒くなんて、なっていませんよね。
これが普通の自転車の状態です。

勿論、ギヤ側はオイルをさしていますから
多少飛び散るのでグラデーションが確認できますが
車軸が黒く汚れる理由は全くないはずなんです。

勿論、拭き取ればいいっていう問題ではありませんよ。
スプレー油の弊害は山ほどありますから。
わからない方はブログを遡ってご覧ください。

「もういいよ、解ったよ」
っていうくらい書いてありますから。
posted by シンワ店長 at 15:55| 修理

2016年05月27日

やっぱり酷かったサイクルスポット

パンク修理にこられた方のタイヤを見たところ
タイヤのサイド(横)に亀裂が入っており
それが原因だという事がわかりました。



激しいリム打ち(※空気が入っていない状態で
段差に思い切り乗る等で起こる)や
刃物で切り付けないと起こらないような傷。

どうして穴があいたかは解りません。
色々と考えられることはあるのですが
今回の問題はそこではないのです。


まず最初に、タイヤをあけてチューブを調べる時に
このようなタイヤが切れたケースには
特徴的な穴のあき方がある
ので
(処理してしまったので写真がお見せできなくて残念ですが)

見た瞬間に「タイヤに何か起きてるぞ」と
気づけるのがプロの仕事
だと私は思っています。

さて、気づいた方もいるかもしれませんが
タイヤはまだ、結構新しいのです。

実はこの方、以前当店でタイヤを交換しているのです。
そしておかしな点がありました。
それは開けてすぐに気づきましたが
チューブのサイズが本来のものではなかったのです。



タイヤのサイズ(太さ)は 1-3/8インチというものが
通常のタイヤとしては一般的ですが
このタイヤは 1-1/2という、少し太いものを使っています。
ですから、チューブも太くなければ
”膨らます量が増える=薄くなる”
という事で、チューブの強度が弱くなるだけでなく
中でズレが起きてしまったりと、色々と問題が起きます。


私が換えたタイヤですから、こんなミスは絶対しません。
・・絶対なんてありえないので、あまり使いたくないですが
これは普通にありえないミスなんです。
後述しますが、どうやっても気づけるはずだから。

どういう事だろうと思っていると、お客さんから一言。

「数日前にチューブ換えてもらったばっかりなんですよ」

納得。

要するに、どこか他のお店でチューブを変えて
その作業をした人間が阿呆だったという事
ですね。

とても納得。

チューブのサイズなんて、タイヤを診たら解るんですよ!



むしろ、見ないと解りませんから。
チューブを交換する時は100%、毎回サイズの確認をします。
そして間違っていれば、作業している時に
明らかに違和感がありますし
サイズが違うことが普通なら解るはずです
から
それすらも解らない素人がやったという事でしょう。

しかし、そうなるともう一つ、腑に落ちないことがあります。

それは、何故チューブを換える必要があったか、
その原因が何であったからそうしたのか。
これを理解して作業していたかどうか
ということ。

チューブ交換と言うのは、よほどじゃないとありません。
タイヤごとダメになるケースが半分くらいあると思います。
チューブだけに何かが起こるという方が難しいからです。

私が思うに、原因はこの切れたタイヤだったはずです。
それなのに、チューブだけを交換したというのは
どう考えてもおかしいし、阿呆だとしか思えません。

タイヤやチューブ交換の代金が高いのは
作業工賃が殆どだからです。
ホームセンターなどでタイヤを見に行けば解りますが
正直、そんなに高い金額ではありません。
サイクルショップシンワでも、タイヤだけ欲しいと言われたら
普通のタイヤなら、1,500円くらいでお渡し出来ます。
もちろんチューブ込みで。

チューブ交換で3,000円かかったそうですが(高いよ・・)
もしタイヤとチューブセットでも5,000円くらいだったと思います。
しかし、後でタイヤだけ換えると、3,000円はかかってしまいます。

作業工賃を二回もかけるようなことを、なぜしたのか。
原因がわかっていながら、なぜ取り除かないのか。
全く理解が出来ません。

修理というのは、どうしてそうなって
何が原因で、どう直して、どう対策するか
その全てが出来なければ修理とはいえません。


少なくとも私はそう思って作業していますから
壊れた可能性は一つでも多く探りますし
今後、再発しないための対策や乗り方を
お客さんに説明しています。


チューブの穴を貼ったけど
ガビョウは刺さったままで
また穴があきました。

なんて、素人作業はお金を貰えるはずがない。

しかし、そんな素人作業でも
平気でお金をもらえてしまうのがチェーン店や量販店。

既にタイトルに出ていますが、今回もまた
サイクルスポット武蔵小金井店です。

「また」と書いた理由は
先日の記事をお読み頂ければ解ります。

正直に言いますと、個人的には
サイクルスポット武蔵小金井店は
そこまで酷いお店という印象は
今まではなかったんです。

そこいらの、あさひや、ヨーカドーに比べたら
比較的ですが、まともな方かなと思っていました。

前回の件と今回の件、どうしても理解しがたかったのです。
しかし、今回のお客さんの話で、解ったことがあります。

お店の人が変わったそうです。

その一言で、全ての疑問も解決しました。
今のサイクルスポット武蔵小金井店は
相当酷い人間がやっている
という事です。

修理もロクにできず、判断も素人レベル。
挙句自分で壊したものを直せないと言い
3万円も吹っかけるような
ろくでもないお店に変貌したようです。


サイクルベースあさひ
ドン・キホーテ
オリンピック
ケーヨーデーツー
イトーヨーカドー武蔵小金井店

と同じように今後は
サイクルスポット武蔵小金井店も
自転車関係が酷いお店の一つに
加えなければならないようですね。
posted by シンワ店長 at 15:46| 修理

2016年05月23日

フォーク、そしてフォーク

5月に入って、フロントフォークの修理が増えています。



毎年この時期になると増えるのですが
理由は新生活に慣れてきて
ちょっと気が緩むことだと考えています。

特に学生さんは今くらいの時期から
突っ込んで壊してくるケースが多くなりますが
今年は主婦の方だったり、年齢層が比較的高いのが
気になる点ではあります。


うっかり壁にぶつかっても事故は事故です。
乗れるから乗ってしまうのが一番危険です。
当然、人とぶつかったりした時は
すぐに警察を呼んで事故の処理をしてもらいましょう。


ちなみに今月は既に4本のフォークを交換しました。
GWにお休みを頂いていたので営業は6日からです。
一ヶ月に3本換えたら多いかなと思いますが
2週間ほどで4本は、相当多いです。

気をつけてください。
posted by シンワ店長 at 00:00| 修理

2016年05月15日

久々のご紹介

このブログをご覧の方は
見飽きたと言うほど見たと思いますが
私自身もお店で一日に何回も話をするので
最近はここに登場することは減りましたが
相変らず空気を入れない人というのは多く
せっかく換えたタイヤをすぐにダメにされてしまいます。

今日は久々に空気とタイヤの話です。



パンク修理をしました。
このブログをよくご覧の方は
この写真だけで全て納得されると思います。

そうです
あくはずのない場所に穴があいていますね。

ちなみにタイヤはほぼ新品状態。



普通に日常的に乗っている方だとしたら
半年乗ったかな?くらいですね。

しかし・・



既に一度パンクをしています。
注目するべきはバルブの位置。
つまり、今日貼った場所の反対側ですね。

この近辺にダメージが多く集まっています。



次に穴があくとしたらこの辺りでしょうか。
とにかく酷い状況です。
次にパンクしたらチューブは100%ですが
最悪、タイヤ交換かもしれません。


原因はいうまでもなく
空気を入れないことです。


当たり前ですが、何も刺さっていません。

空気を入れないことでタイヤが潰れて
潰れたタイヤに挟まったチューブがすり潰されて
ぐちゃぐちゃになって穴が空きます。

一度ついた傷は消すことが出来ず
磨り減った部分も戻すことは出来ず
タイヤの周回、両サイド360度傷が残り
いつどこがあいてもおかしくない状況を作り上げます。




このように、タイヤの内側も磨り減り
なめらかでなくなりますから
チューブをこすりつける原因にもなります。

今から空気を入れて乗るようになっても
穴が開く状況が完全に出来上がっていますので
もう無理かもしれません。

少なくとも、一度でも空気を入れ忘れたたら
すぐに穴があく可能性が十分にあるという事です。

空気を入れない人は確実にパンクします。
パンクに来る人の7割はこの状況で
パンクしてくる人はほぼ
「空気を入れてない人」
といえます。


これは紛れもない事実です。

もしパンクばかりするという人
もし自転車がしょっちゅう壊れるという人は
それはほぼ100%、貴方の管理の問題です。
壊れるのは自転車のせいではありません。

自転車に、不要なお金(何千円単位)を
何度も何度も、一生、かけ続ける人生になるのか
殆どお金がかからずに長く乗ることが出来るのか。

全ては使う人次第という事です。
posted by シンワ店長 at 13:39| 修理