2018年06月04日

1万円も払ったのに

よく、安い自転車に乗っている人は
安からダメだとか、中国産だからとか
ドンキで買ったから、とか言います。

あるお客さんは、ハンドルがクルクルなって
まともに走れなかったとぼやきます。

それって、1万円だからだと本当に思っていますか?

確かに安い自転車は、錆が出やすかったり
弱いタイヤのせいですぐにパンクしたり
勝手に爆発したりするのは事実
ですが
ハンドルが曲がるのは自転車のせいではなく
組み立てた人間のせいです。



そもそも1万円も払って買ったものがおかしいのに
「安物だから」と諦めて不良品を手にして
店に文句も言わず、他で愚痴るというのは
私には理解できないことです。

日本人の悪いところですね。

確かにメーカー車に比べたら1/3くらいかもしれない。
でも1万円も払ってるんですよ?

そういう方が、自分で選んだにもかかわらず
安いせいにして鳴き寝入ることによって
次の被害者が出てきている、あるいは自分がそうである

なぜ気づけないのでしょうか。

仮にミスだったとしても、文句を言わなければ
店の方もそのミスに気づけません。
ずっとそんな状態が続いて被害者が増えるだけです。

だから次から次へと、ヨーカドーで買った電動自転車が
ハンドルがグラグラする
といって当店に来られたり
ギヤの調整ができてないまま走ってしまう事で
ギヤを破壊して大きな修理に持って来られるのです。

安い自転車じゃないですよ?
15万くらいするメーカーの子供載せ電動自転車ですよ?

解らないからとか
安かったから仕方ないとか
ネットで買ったからとか


そんなのただの泣き寝入りですよ!

貴方のお金がむしり取られてるだけです。

買ったものがおかしかったら
きちんと文句をいうべきです
購入者にはその権利があるのですから。
posted by シンワ店長 at 11:04| 日記

2018年05月20日

要求と義務

最近は多様化の時代のせいで、個人解釈が強すぎるのか
義務を怠っているのに主張だけををする方が増えて
困ってしまう事が多々あります。

メーカー登録していなければメーカー保証は受けられません

当たり前ですが、当たり前の話です。
当たり前すぎて日本語がおかしくなります。

サイクルショップシンワでは
他のテキトウなお店と違い
自転車販売時に必ず書類のお話をします
し、
他のお店では絶対教えてくれない
自転車を長く使うための秘訣を書いた用紙を
同封させていただいています。

それだけでなく、自転車の使い方
空気の重要性、点検の重要性
盗難補償の件、鍵の再発行の件など
必ず口頭でもお伝えしてからお渡ししています。

電動自転車であればバッテリーの使い方や寿命など
細かい部分まで、おそらく「もういいよ(笑)」
ってくらい説明をしています。

修理に関しても、どうして壊れたかをきちんと伝え
次につながらないようにアドバイスをしています。

その時にはっきりわからない修理の際は
今一度様子見ということを伝えて
お金を頂かないこともありますし
例えばパンクが見つからない場合も
調べる料金は頂きますが、万が一があるので
10日以内くらいであればレシートをお持ちいただいて
その分差額で修理することは必ず伝えています。


これはプロとして当たり前の事で
仕事はすべて完了して初めて報酬が発生するものであり
中途半端な修理に正規の金額は頂けない
というのが私のポリシーです。


他の人は知りませんし、強要もしませんが
少なくとも私は、そういう気持ちで仕事をしています。

しかし、こちらの説明を聞かず
メーカー登録をしないでサポートが受けられなかったり
こちらの話を聞かず「そんなの聞いてない」
と言われたり
理不尽な主張を受けることがとても増えて困っています。

伝えた方と別の方が来店され
「そんなの聞いてない!」と言われても
その方に話していませんから当然です。

このように全く話が通じないケースもたまにあります。

それでいて「なんて傲慢な店だ」とか
「態度が悪い」と言われても
私は本来できるはずのサービスが
お客様のミスで出来ない方が、よっぽどもどかしいです。

メーカー保証だから無料で直せるって
本当に無料だと勘違いしてませんか
その仕事に誰が報酬を払うか、その仕組みがどうなってるか
考えたことがありますか?
メーカー登録してあるからこそ、当店に紐づけられて
メーカーから手数料を頂けるんです。
だから無料で修理ができるんです。

本当にタダ働きならただのブラックですよ

お店は、毎日帳簿をつけています。
当店で修理をしたもので、レシートさえあれば
伝票の変更は後からでも可能ですが
その紐づけができなければ、帳簿がおかしなことになります

最悪、帳簿操作で脱税で疑われる可能性まで出てきます。

ですから、口約束だけではなく
こちらが(100%直っているのか)
疑わしいと思った修理に関しては
もしもの際の対応の説明と共に、
必ずレシートをお渡しするのです。

多様化している時代ですから、どこで買ってもどこで直しても
ユーザーに選ぶ権利がありますが
こちらの説明や話を聞かずに、やる事をやらないで
自己主張だけ強く言われても、残念ですが対応はできません。

それはどのお店に行っても同じ事ではないでしょうか。
posted by シンワ店長 at 13:45| 日記

2018年05月18日

一番高いのは技術料金

3-4月〜5月くらいに特によくある話なのですが
他店で買ったもの、主にネットで購入したものや
懸賞か何かで貰ったものを点検してほしい

というご相談を受けることがあります。

例えばパナソニックの電動自転車があるとします。
「さっきヨーカドーで買ったんだけど
ハンドルが曲がってしまったので直してください」

みたいなお話は結構よくある話ですが
同じものを買っても、どんな整備をしてお客さんに渡したかで
そのモノの価値は全く違うものになります


もちろん、だからと言って自分のところで売ってるもので
わざわざ付加価値として高い金額を取るわけではなく
まともな自転車店はお店で整備士が組み立てていますから
普通にそれが当たり前の仕事として販売していますし
無償でお客さんに安心して乗っていただける状態になるわけです。

「インターネットで買ったものを点検してくれ」
というのは、その作業をもう一度行うことになります。
当然当店で購入いただいていないわけですし
組み立て終わったものをわざわざ
そういう点検をしなくては行けないという事は
とても手間のかかる話
ですし
点検をした当店に責任が乗ってくるわけですから
とても重要な作業となります。

1000円くらいでできるだろう

なんて軽い気持ちで持ってこられるのでしょうが
そこまで重要な責任を負うわけですから
そんな安い金額でできるはずがありません。

なぜへたくそな組み立てをしていい加減になった完成車を
いちいちねじの増し締めや組付け不具合がないか
わざわざチェックしなくてはいけないのか!?
その手間が安いはずありません

何でもそうですが、専門家がチェックするのに
手抜きするはずがありませんし
責任もって最善を尽くすのがプロです。

そもそも私から言わせてもらえば
出荷時点で点検がしっかりできてないものを
商品として出しているとしたら
取引として公正といえないのではないでしょうか?


お客さん自身がなぜそう思ったのかわかりませんが
どうして商品として購入した物を
もう一度点検しなくてはいけないのでしょう?

それほどに信頼のない場所で何故買うのでしょう?


あっちで安く売ってるものを買って
こっちでちょっと見てもらえれば
得だよね、私天才!


とかいう考え方は間違いです。

スーパーで買ってきた寿司を
寿司屋に行って握りなおしてくれというようなもんで
大変失礼なことをしている事にも気づいていないのは残念
ですし
そのような行為を行ってしまうと、その人はその後
そういう人だという目でずっと見られることになる事にも
気づいてほしいなと思う部分ではあります。
印象の悪いお客さんほど記憶に残りますから。

少なくとも、自転車に関しては
同じものを購入するのであれば
ちゃんとしたお店で購入するのが、一番安いです。

もちろん、アフターケアも含めて。
posted by シンワ店長 at 16:28| 日記

2018年05月12日

ブリヂストンがガチでヤバい!

ここ数年は、自転車の価格の高騰を先導し
意味不明な価格で自ら首を絞め
売り上げがた落ちで瀕死の状態のブリヂストン
ですが
この春からパーツの在庫をかなり減らしたことにより
従来までのサービスが出来なくなる可能性
があります。

そんな中、6月にまた値上げを行なう予定で、
一体どこまでユーザーのニーズとかけ離れるのか
もう笑ってみるしかない状況なのですが
また面白いニュースが飛び込んできました。

ダイキャストフレームの生産を辞めるという話ですが
お得意の原材料の価格高騰や、円高の都合ではなく
小学校の工場見学の際に事故を起こし怪我をさせた事だそうで
何とも信じがたい理由で生産を終えるそうです。

長年培ってきて誇れる技術じゃなかったんですかね?
トップブランドとして実力を見せるために
フレーム5年保証とかやってたほど
国産ダイキャストにこだわっていたはずなのに
そんな簡単に辞めるものなんでしょうか?

ブリヂストンはもう随分前から自転車にやる気がなくて
少し前に経営陣が刷新されて
さらに自転車を切り捨てる方針が
目に見えて明らかになっているので
ちょうどいいから生産中止にしてやろう
というのが丸わかりなのが悲しいですね。

私はもう5年くらい前からこの会社ヤバいと言っていましたが
腐ってもブリヂストンだと思っていました。
しかし本当に腐ってしまったようですね。

担当セールスもクソみたいなのをよこして
顔も出さない、来たと思ったら何も話さず帰る。
何のために仕事してるんだろうこの人?って思うほど
クズのようなセールスには呆れます。

そして悲しいことに2011年頃まで扱っていた
ヤマハ製のユニットのサービスも終了
するという事で
まだ7年しかたっていないものが、サービス終了します。

メーカーの強みは、生産終了してから10年くらいは
普通にパーツがあるというのが当たり前ですし
自転車はそのくらい乗るのが普通ですから
ちょうど壊れた辺りで買い替えさせて
自社のしょぼいデュアルドライブ
乗せ換えようという魂胆が丸見えですね。


これに関してはヤマハの都合もあるでしょうが
ヤマハに喧嘩を吹っ掛けたことから始まった
今のブリヂストンの急降下の道
ですから
あの時喧嘩を売らなければこういう事もなかったかもしれません。

私は子供の頃から家が自転車店なので
年齢の割に自転車業界を長く見ていますが
ブリヂストンがここまで落ちたのは正直呆れています。
60年以上けん引してきたメーカーが
ポンと丸投げでブランドを捨ててしまうのですから。

現在の自転車業界を落としている原因は
ブリヂストンであると言わざるを得ません。

このように平気でサービスを終わらせるようなメーカーで
この先何年、会社が存在するかも危ういようなメーカーは
主力として取り扱う気にはなれません。


ここ数年は丸石サイクルが頑張っているので
なんとかメーカー車という位置づけは保てていますが
ブリヂストンがこのまま自転車業界を潰す形になれば
良い自転車というものが存在しなくなる恐れもあります。

とても残念ですが、近い将来そうなる可能性は高いです。

これからは電動自転車の時代かもしれませんが
電動自転車を薦める間違いなくパナソニックです。
国産ですし、電気メーカーである強みと
サポート力や、良いものを作ろうとする姿勢がダントツです。

残念ながらパナソニックも一般車からほぼ撤退しているので
一般車を作るメーカーは丸石や
ミヤタくらいになるかもしれません。

頑張れ丸石サイクル!
posted by シンワ店長 at 11:00| 日記

2018年05月11日

かける天秤を間違えないで

昨今、驚くような修理やお話を聞くことがありますが
先日も唖然とするようなお客さんがいらっしゃいました。

会社に行く途中でブレーキが切れて
そのまま会社に行ったと
いうお話だったのですが
なんと両方のブレーキが切れているのです。

信じられますか!?

全くブレーキが利かない状況で
会社に行き、行くだけじゃなく帰ってきて
さらに次の日お店まで乗ってきてしまう
という
このとんでもない行為を
50歳を超えるような主婦の方が平然とやっており
あろうことか平気な顔で説明するわけです。

世の中どうなってるんでしょう・・・

私は常々思っているのですが、
物事にはたいてい、メリットとデメリットがあり
行動にはリスクが生じる場合が多々あります。


この方は、ブレーキが切れた自転車で走行する事と
会社に間に合わないという事を天秤にかけて
なぜか暴走運転を選んでしまったわけですが
事情を説明すれば多少の猶予はあったと思うんです。

このケースは突発的な事故です。
実際、飛び出してきたことに反応した急ブレーキで
両方切れたという話でしたから
下手したら本当に事故にあってたわけです。

事故にあって、怪我してるのに
遅刻するからと会社に行ったら
なんで病院行かないのと言われるでしょう。

事故に合わせて、逃げる人がいたら
それは犯罪になるかもしれません。

何より、ブレーキがない状態で乗ることの
リスクがあまりにも高すぎます。


この例は極端なケースかもしれません。
こんな話は殆ど見たこともない事例です。

しかし、よくあるケースで言えば
パンクして、そのまま乗って帰ってきてしまう場合。
これは結構ある話ですが
殆どの場合、タイヤとチューブにダメージを受け
高確率でタイヤ交換やチューブ交換になります。

自転車は人間が動かそうと思えば
ガタガタでもなんとか動いてしまうものです。
おかしい状態で乗れば、そのまま症状が悪化します。
人間と違って、寝て起きて直ってることは2000%ありません

スーパーで買い物して、パンクしてたから
家まで乗って帰りました。
家からお店まで乗ってきました。

タイヤ交換5,000円。


こんなバカな話はないですが、結構ある話です。

タクシー使った方が安いですよ。

学校から家まで30分乗って帰ってきました。
スポークが半分以上折れて
ハブにダメージを残して
タイヤとチューブも交換で
18,000円かかりました。


呆れるしかないです。

タクシー使った方が安いですよ。

もう少し、物を大事に使ってあげて下さい。

なによりまず、もう少し
道路を走る車としての自覚を持って下さい。
posted by シンワ店長 at 16:27| 日記

2018年03月02日

春先あるある

3月に入りました。
昨日はとても暖かく春を予感させる陽気でしたが
この時期に注意することが一つあります。

寒い時期に、暖かい日がぽんと突然やってくると
温度上昇が大きくなるため
タイヤに空気を入れ過ぎている場合
いきなり爆発するとこがある
のです。

実際、昨日はそれで2件、タイヤ交換をしました。

タイヤの爆発と言えば夏場が一番多いので
夏場におこるという印象が強いですが
春先も、夏場に次いで多い時期です。

また、寒い間に乗っていなかった自転車を
春先になって乗ろうと空気を入れた際に、
バルブが弱っていたことで逆に全部抜けてしまう

という事もあるので、しばらく乗っていなかった自転車は
バルブを交換することをお勧めします。
posted by シンワ店長 at 10:40| 日記

2018年02月23日

結局安いものは安い

メーカーの自転車は高いですが
何も高ければ絶対に良いかと言われると
私個人としての意見では絶対的にそうだとは思いません。

しかし、万が一の時の対応サポート
長く使うという部分での安心感を含めると
メーカー車を買うメリットは大きいとは思います。

「自転車=使い捨て」という誤った情報が蔓延して
それを真に受けてしまう方々は
メンテナンスもせず乗り回して
自分で壊したのにモノのせいにして
とっかえひっかえするから
お金がかかっていることに気づいてない
ようですが
本来長く乗るものですので、そこさえしっかりしていれば
安いものを買っても長く乗る事は可能なのです。

・・と、ここまで話したところで
仕事をしていると「やっぱり安いのは。。」
と思ってしまう事も多々あるのは事実です。

え?何でここ壊れちゃうの?と思うくらい
本来長持ちする部分がガタガタになるのは
大体、組付けが悪かったりするのが原因
根幹に関わる事が多いので廃車率も上がります。

ちなみにメーカー車でも組み立てが下手くそだと
同じような事で早く壊れることは普通にあります。
なので量販店や大型チェーン・インターネットで買うと
早く壊れることがよくあるのです。


さて、本日預かった自転車の場合



クランクがガタガタになってしまったとのことでしたが
カセット式のシャフトがここまでガタガタになるのは
最初の組付けが甘かったんじゃないかと疑わざるを得ません。

そして修理しようとしたところ
最悪の状況が待ち受けていました。



写真のネジが切ってあるところに
特殊な工具をはめ込んで押し出す仕組みになってるのですが・・・
ネジ山の一番手前側が潰れてしまっているのがわかりますか?

こうなるともうお手上げです。
工具がはまらない=パーツが外せない

つまり廃車です。

安い自転車はコストダウンのために
出来の悪いパーツをよく解らないメーカーから取っていたり
もし一般的なパーツだとしても
そもそもその自転車を作ってるメーカーや
販売してるお店で不具合を受けてくれるかというと
答えはほぼ確実に不可能
です。

もし2年くらいでこの状況になったら?
最初に買った金額を考えてみてください
年間いくら払って乗った自転車になるでしょう

メーカー車なんて比じゃないくらい
べらぼうに高い自転車になりますね!


例えばブリヂストンの製品でこのような事になった場合
シャフトの事はさておき、交換できない状態の不良品として
私ならメーカーに強く言って交換してもらいます。

こういうありえない事態が起きた時にこそ
メーカーの力が発揮される部分です。
そもそもメーカーの場合、こういう事はほとんどないですが。

安物自転車が横行したりしている昨今では
こういう事例は決して少ない訳ではない
という事を
自転車を選ぶときに頭の隅に入れてほしいと、私は思います。
posted by シンワ店長 at 16:40| 日記

2018年02月05日

フォーメーション Wループ

サイクルショップシンワがお薦めする
通勤通学向け自転車をご紹介していくコーナー

今回は丸石サイクルのフォーメーション Wループです



こちらの自転車は27インチのいわゆるママチャリ
これといって特徴があるわけではありませんが
近年、中高生の男の子といえばママチャリが主流
そういう中で、前回のお薦め記事でもご紹介したように
ブリヂストンで選ぼうとすると
べらぼうに高い金額になってしまう現状

一石を投じる自転車としてご紹介させていただきます!

三段変速、オートライト搭載で
盗難補償もついて定価税別38,800円


高いと思われる方も多いでしょう

ブリヂストンの同等のスクリッジWでは
オートライト搭載、三段変速がなしで同38,800円
オートライトなし、三段変速搭載で同39,800円
フォーメーションと同じオートライト、三段変速搭載だと
なんと同43,800円もしてしまうのです!!


これは高い!

フォーメーションがいかにお薦めか
お解りいただけたでしょうか。

丸石サイクルはあまり有名ではないかもしれませんが
国内ではブリヂストン・パナソニックという双璧に次いで
ミヤタサイクルと並ぶ第三のメーカーです。

子供のせアシスト自転車を世に定着させた
ブリヂストンのアンジェリーノ
それを小口径としてスタイリッシュに進化させた
パナソニックのギュットはご存知の方も多いでしょう。

しかしこれらに使われている、ハンドルの中心に
子供を乗せるシステムの自転車を
「ふらっか〜ず」
として最初に開発し世に出したのが
丸石サイクルだという事を知らない方は結構いると思います。

つまり丸石サイクルが無ければ
上記2種もなかったかもしれないのです。


そのくらい偉大なメーカーであると私は認識しております。

サイクルショップシンワでは
入荷した自転車を全て念入りにチェックして
お客様の体格に合わせたセッティングで
最初から気持ちよくお乗りいただけるよう
万全の整備で安心してお乗り頂く事を心がけております。


量販店やインターネットで買うのとは
同じ物でも出来が違います。
あなたに合ったお気に入りの一台を探してみませんか?
posted by シンワ店長 at 12:00| 日記

2018年02月01日

プルミエール

春に向けてお薦めの自転車を紹介していくコーナー
今回は丸石サイクルのプルミエールです。



こちらは既に12月より販売されており
店頭にも在庫があるものですが
非常に人気の高い自転車の一つです。

ブリヂストンのカジュナに代表される
オシャレなフレームに、ワイドバスケット搭載
流行りのパイプキャリアというモデル
ですが
私がお薦めする理由はその価格です。

近年、ブリヂストンの自転車が価格高騰というか
もう暴騰といっても過言ではないほど
高くなってしまっていることは常々お伝えしておりますが
その本家のカジュナに比べて丸石サイクルのプルミエールは
定価税別で39,800円ということで
カジュナの定価税別56,800円(書いてて驚いた!!!)
を大きく下回る価格でお求めいただけるのです。

勿論機能としても充実しており
三段変速、オートライト搭載
スペアキーも2本付属し、3年の盗難補償付き

何らそん色のないものとなっています。

2017年モデルより26インチも登場し
その人気の高さも伺えますが
主に新入学を迎える女子中学生、女子高生にお薦めです。
勿論、大人の方でも積載量が多いため
通勤やお買い物用としてもお薦めの一台です!
posted by シンワ店長 at 14:40| 日記

2018年01月12日

知る事の大切さ

昨今、子供乗せの電動アシスト自転車が主流ですが
若いお母さんたちは、本当にありえない壊し方をしてきます。

殆どの原因が、メンテナンスを一切せず
とにかくがむしゃらに乗り回した結果
なのですが
本来10年くらい乗っても壊れないであろう部分を
2年ちょっとで破壊
してきたりと
びっくりするくらいの壊れ方をしてきます。

若いお母さん方だけではなく、だいたいの方がそうですが
お話を伺っていて驚くのは
自転車が壊れないと思っている事です。

このような事態が増えていることに杞憂する中
原因は何だろうと色々考えてみたのですが
その多くは、量販店やインターネットで購入して
使い方の説明を一切されずに乗っている

という事は間違いないでしょう。

ただ、そもそも自転車の使い方をまともに知っている人が
どのくらいいるのでしょう?

と考えてみた時にある結論が浮かびました。

若いお母さん方が電動アシストに乗る際に
それまでに乗っていた自転車がどういうものだったか。
です。

おそらくほとんどの方が、安い自転車を
壊しては買い、の繰り返しで乗り継いでいるのでしょう。

今まで安いものを安物だからと
ガタガタになるまで乗りつぶしたり
空気を入れずに乗り回して壊したり
そういう乗り方をしていた方が
15万近いメーカーの自転車を乗ったからといって
壊れないという方が無理な話ですね。


私はここでいつも書いているように
1万円の自転車でも、大切に扱えば
イレギュラーな事態さえ無ければ
基本的に10年は絶対に乗れるのです。
つまり逆もしかり。

良いものを買っても壊れるかどうかは
結局、使う人の問題だからです。

せめて10万を超えるような買い物ですから
もう少し、知ることが大切なのではないでしょうか。
少なくとも、壊れて数万かかってしまう状況で
買い替えるという選択は10数万円との比較になります。
今までの数千円と1万円の比較とは桁が違います。


しかしその修理、本当は数百円で直ったかもしれないんです。
そもそも壊れなかったかもしれないんです。

今の日本人に圧倒的に足りないのは家庭教育です。

自転車の乗り方やルールを
学校で教えてくれると思いますか?

ありえない話ですね。

子供がおかしな乗り方をして壊すのは
親の教育が出来てないからです
親(大人)が自転車をガタガタに壊すのは
その親にしっかり教わらなかったからです。

自転車を壊す家系は、脈々と受け継がれます。
大きな出費になって気づくまで、永遠に変わりません。
壊さないご家族は、孫の代までずーっと壊れません。


これは事実です

ただ、知っているかどうか。
それだけの問題なのです。

自転車の扱い方を知らない世代が多くなり
管理不足で壊れた事を、品質のせいにしたり
生産国のせいにしたりする
のは
とても滑稽な事で悲しい状況ですね。
posted by シンワ店長 at 13:32| 日記

2018年01月08日

壊れる前兆

自転車は通年、いつどんな状況でも
摩耗や劣化が原因で修理などになるものが殆どで
いつという時期が決まっているものは、あまりありません。

しかし、この時期になると、症状がでるものがあります。
それは後輪のローラーブレーキの音鳴りです。


ローラーブレーキを採用している自転車の場合
100%とは言えませんが、数年に一度のペースで
大半の自転車が、ほぼ冬の時期に音が鳴り始めます。
これは、乾燥が原因といわれています。

実際にサイクルショップシンワでも
ローラーグリスの注入の件数は
4月頃から11月くらいまではほぼ皆無ですが
秋頃から徐々に増えていき
2月中頃には、一週間にグリース2本使い切る事もあります。
おおよそですが、1本で10台分くらいは使えるものです。

街中で

「ギャギャギャギャギャーーーー!」

という異音が聞こえたら、その自転車は
ローラーグリス切れを起こしています。


そのまま乗り続けると、ローラーブレーキ内部の
ローラーが摩耗して削れてしまい
どんどんブレーキレバーの握りが甘くなり
最終的に全く効かなくなり本体交換となります。


グリスの注入は1,000円もかかりませんが
本体交換は5,000円くらいかかる修理です。


本来、明らかに異常なボリュームで、異常な音が出る為
販売時に説明などしなくても普通は気づくほどの
ありえないような異音が出るので
気づいてお店に来るだろう
という感覚で私たちは居るのですが
恐ろしい事に、近年では
これを破壊してくる方が増えています。


自転車の異音に気づけない人
異音を無視して乗り続ける人
そういう方は、間違いなく、大きな金額の修理
或いは買い替える羽目になります。


全く問題なく乗れるものでも
たった1,000円程度で直せてしまう物でも
それを無視することで5,00円とか10,000円とか
とんでもない金額に跳ね上がります。

「殆どの自転車は壊れるのではなく、壊してる。」
というイメージの方が、私にとっては強いのです。
もっと早く来ていれば、大したことなかったのに。
そういうものが実は大半です。

おかしいなと思ったら、すぐにお店に来てください。
それが一番お金のかからない方法です。


1,000円もかからない修理を5,000円近いものにして
挙句の果てに「買い替えた方がいいね」なんて言う人は
きっと凄くお金持ちの方々なのでしょうね!

すぐに壊してとっかえひっかえ乗ってるソコのアナタ!
他の人よりも何倍もお金がかかっている事、
実は誰よりもお金をドブに捨ててる
という事には勿論、気づいてませんよね?
posted by シンワ店長 at 14:07| 日記

2018年01月06日

悲劇

新年早々、サイクルスポットによる悲劇を目の当たりにしました。

年末にチューブ交換をされたという方が来店され
後輪シャフトがガタガタになった状態で持ってこられました。

まさかとは思って伺うと
案の定サイクルスポット武蔵小金井店
いや、もはやまさかではありません。
後輪がガタガタになってる事例は
ここ数か月ほとんどのケースが
サイクルスポットで修理したお客様なんです。


2017年最後に来られたお客様の自転車も
別件で修理だったのですが
当店が休みの為に一か月くらい前にスポットで直して
なんかおかしいという事で見てみたら
やはり後輪チューブ交換された後に
ネジの締め付けが甘い、組付けがおかしいという事で
様々なトラブルを引き起こしている状態
でした。

なぜこんな事が許さるのでしょうか。

修理に出したら
余計におかしくなるなんていう事が
あっていいのでしょうか?


しかも今回のお客様は、11月頃に
バッテリーを新規に購入されていて
4万近い金額をその自転車の為に支払っている
のですが
その状態では危なくて乗れないとの事で
どうしても1月4日に使用したいという理由で
なんと新車を一台購入したという驚愕の事実を伺いました。

たった2,500円ほどで直る修理で
新しいバッテリーでまだまだ乗れる自転車を
10万以上払って新車を購入してしまう状況に追い込んだ

サイクルスポットの罪は甚大ではないですか?

何もできない無力感で
自分自身に憤りを感じます。

私なら絶対訴えますけどね!!

一体、何人の自転車を壊せば
気が済むんですか!?


こんなのプロの仕事ではありません。
お金を取っていいレベルじゃありません。
むしろその後の修理代まで全て
被害者にお金をちゃんと返してあげてください。

サイクルスポット武蔵小金井店で
後輪の修理をすると
ほぼ100%破壊されます。


この件で私が一番許せないのは
まだ使えるものを、買うより少ない金額で
修理してしっかり使えるように仕事をしているのに
いとも簡単にそれをゴミの様に捨てさせた事です。

捨てるのは簡単な事です。
しかしそれは間違った選択です。
自転車は直すものだから。
直した方が圧倒的に安いものだから。
それを理解しているからこそ
私は買い替えではなく修理を薦めるのです。

お客様の為に。

だから私は物を直すことに常に全力です。

物を直す事を生きがいとしているので
昨今のサイクルスポットには心底憤りますし
今回のような事は本当に腹立たしく許しがたいです。

いい加減にしろよサイクルスポット!!!!
posted by シンワ店長 at 13:19| 日記

2017年08月03日

多発しすぎる

8月になりましたが、7月中も二次修理が相次ぎました。
ここのところ何度も記事に書いていますが
やはりサイクルスポット武蔵小金井店
何かおかしな方向に向かっているようです。

月末には、とても理解不能な事がありました。

ご来店いただいたお客さんが
「ガタガタだから買い替えようと」とおっしゃるので
自転車を見てみると、結構綺麗に乗っていらっしゃるようで
ぱっと見た感じ「え?」というくらいでした。

そして実際見てみると、タイヤはまだ摩耗しておらず
車輪も歪みはなく、フォークが曲がってるわけでもなく
ペダルもしっかり動くし、カゴもハンドルも異常なし。

話を聞けば、サイクルスポットに持って行ったところ
「タイヤはもうだめだし、車輪もガタガタで
これはもう直すとお金がかかるから
買い替えた方がいい」


と言われたそうです。

お客さんは、音がするという事で持って行ったそうですが
その音の原因はチェーンのたるみによるもので
チェーン引きをすれば直ってしまうくらい
普通の調整で終わるもの
でした。
ちなみに500円です。

一体、どこをどう見て
タイヤがダメで、車輪がガタガタなのか
説明を願いたいと思うくらい意味不明

しかも、気けばその自転車は
サイクルスポットで購入していたもので
まだ2年しか乗っていないというじゃないですか!

どうりで、まだ新しい感じに見えたわけです。
十分まだ新しいじゃないですか!

理解不能すぎて呆れて言葉がでません。

自分のところで販売した自転車でも
どうでもいいと考えているんでしょう。
そこが量販店の特徴ですね。

販売した時の事なんて覚えていないでしょうし
人も変わってしまっていれば思い入れなどありません。
仮にお得意さんの相手でも誰だか解らないのでしょう。

そんなことより
来たお客さんからお金をいくらとれるか
買い替えさせて売り上げを上げるか

という事しか考えていなんでしょう。

別の、東小金井の方から来られたお客さんは
スポットがおかしいという記事を見て
はっと思い立ってわざわざ坂下の当店までいらっしゃいました。

点検をすると異常な場所が見つかり
その事を説明すると、なんと先日
その部分はサイクルスポットで直した場所だと解りました。


そんなにピンポイントで出るものかと私も驚きましたが
お客さんはわざわざ来てよかったと仰っていました。

当店でもこんなに来るわけですから
修理ミスはもっと多発していると
言えるでしょう。


本当に、被害者が出ない事を願うだけです。
posted by シンワ店長 at 15:05| 日記

2017年07月06日

Jコンセプト

パナソニックが提案する新たなシリーズ
Jコンセプトに、電動自転車が加わりました。

<Jコンセプト>特設サイト→こちら
<Jコンセプト>電動アシスト自転車→こちら


コンパクトな軽量電動アシストとしてリリースされた
今回のJコンセプト(名前ないんですかね?笑)。
手元スイッチの簡易化・文字の拡大などを含め
主にご年配向けのようなイメージとして紹介されていますが
バッテリー容量が12Ahでデザインもスタイリッシュの為
ご年配以外の層にもうけるのではないかと
個人的には思っています。
何よりやはり、とても軽いのが印象的ですね。



カラーは松葉(エバーグリーン)が一番人気だそうです。
渋くて格好いいですね!

サイクルショップシンワでも早速ご注文がありまして
ご購入いただいたのはご年配の方だったのですが
もともと折りたたみ自転車に乗っていたこともあり
違和感なく快適にお乗り頂けました。

ちょうどオプションパーツもセットでしたので
比較写真も載せておきたいと思います。



本当はスタンドも両足タイプでのご注文でしたが
メーカー欠品しているという事で
とりあえずこの状態で納車しました^^;
(ちなみに現在車体も含めかなり欠品しているそうです)

このようなコンパクトタイプの自転車で前にかごを付ける場合
フロントキャリアをオプションで取り付ける必要があり
その分重心やバランスが変わってくるので
個人的にも両足スタンドに変更することをお勧めします。


リアキャリアと専用バスケットを付けると
なかなかの容量になるので
意外と使い勝手はいいのかもしれませんね!
posted by シンワ店長 at 18:06| 日記

2017年07月03日

自転車屋さんの在り方

自転車屋さんとお医者さんは似ているところがあります。
お医者さんほど多くを学んでいませんし
お医者さんほど偉そうにはしませんが
命を預かるという部分でも共通点はありますね。

お医者さんに行くと、いろいろと聞かれると思います。
どんな症状ですか?
いつごろからですか?
などなど。

なぜこういう事を聞かれるのでしょう?

なんて、わざわざ言わなくとも、多くの方は解るはずです。
症状が解れば、対策が打てるからですね。
いつ頃から、どんな感じなのか
それが解らなければ薬も選べませんし
大きな病気かどうかの判断もできません。

では、自転車屋さんはどうでしょう?

いつ頃壊れましたか?
どのくらい前からおかしいですか?

お店の方は、ちゃんと聞かれているでしょうか?
少なくともサイクルショップシンワでは
この質問は必ずします。

私が他の仕事をしていて、この仕事に戻った時
自転車屋さんという業種はとても閉鎖的で
あまりこういう事を行っていないのが印象的だったのです。

お医者さんに行って
何も聞かれずに薬だけ出されて
安心してお金を払えるでしょうか?


私なら別の医者を探します。

自転車屋さんも、作業だけしてもらって
お金を払うだけというやり取りが
結構行われているのではないでしょうか?


物が壊れるというのは、必ず原因があります。
これは人間の体も同じです。
物と人間が違うのは、自己再生しない事です。
いずれにせよ、原因が解れば、対策ができます
ですから私は必ず、お客さんに尋ねるのです。

知ることはとても重要です。

いつからなのか
どんな状況なのか
どういう音なのか

それが解れば、早く修理を終わらすことも可能ですし
どうしてそうなったかを説明できます。

運が悪かったのか
扱いが悪かったのか
モノが悪かったのか

何が悪かったのかという事が解れば
次に壊れないようなアドバイスもできます。


これがあって、初めて
長く乗るという事につながると私は思っています。


しかし残念ながら、最近ブログでも書いていますが
ユーザーが解らないことを逆手にとって
見もせずに法外な金額を吹っ掛けたり
あろうことか、修理の際に自分でミスをしているのに
おかしいからと改めて持っていくと
多額の金額を請求されてしまうという
とんでもない事態が増えているのです。

こんなことをやっているようでは
自転車屋さんの未来はありません。

というか、こういう事をやっているのが
自転車屋さんではない
と、まず皆さんが理解することが大切です。

量販店は、自転車屋さんではありません。
ホームセンターは、自転車屋さんではありません。
ヨーカドーは、自転車屋さんではありません。
大型チェーン店は、自転車屋さんではありません。

これらのお店と、個人でしっかりやっているお店を
一緒くたに考えてしまう方が多い事がとても残念です。

大体、プロがやっていますとか
資格所有者がいますとか
そういう事が書いてあるようなお店ほど眉唾です。

プロがいるなんて当たり前じゃないですか?
あなたは、食事に出かけた時に

「当店は資格を持ったコックがいます」

なんて書いてあるのを見た事がありますか?
ありませんよね。そんなの当たり前だからです。
勿論、全員が持ってなくても営業は可能なのですが。

表示するという事は、それだけ
自信がない、信頼がないという表れではないでしょうか?

出来て当たり前なんです。


もうひとつ、お医者さんと似ている部分のお話をお伝えします。

例えば事故にあったりしたケースの場合
どんな状況で、何とぶつかって
どっち方向にぶつかって
どっちがわに倒れたかなど
出来るだけの情報はお聞きします。

こういう話は、当然ですが当事者でなければわかりません
先に書いたように、原因や状況が解らなければ
しっかり直すことができない場合もあります。

お母さんが一人でお医者さんに行って
「娘が熱を出してしまって」と言ったら
間違いなく「本人を連れてきてください」
と言われるでしょうね。

必ずとは言いませんが
事故に限らず、壊れた場合において
状況が解らない第三者がお店に来ると
二度手間になってしまう事も結構あります。


自転車屋さんも、本人が持ってくるのが一番なのです。
posted by シンワ店長 at 12:09| 日記

2017年06月25日

サイクルスポット武蔵小金井店がヤバすぎる

先日から、サイクルスポット武蔵小金井店
ボッタクリのような被害にあっている方のお話を
いくつか載せていますが
ここ数日、被害者が後を絶えません。

どう聞いても、やらなくてもいい修理を強要され
金額も通常考えられるより1.3〜1.5倍くらい高い金額で
更に他の部分もダメだと言われる
など
ちょっと考えられないようなことをやっているようです。

昨今、景気が悪く、客足が減って
どのお店も苦しいのは事実ですが
ユーザーが知らないことを逆手にとって
更に、困っていることを逆手にとって
ふっかけてぼったくるような商売は許せません!

このボッタクリサイクルスポット武蔵小金井店
去年の4月から中の人が一部変わったと聞いています。
副店長さんが変わったとか、そういった事で
それ以前はそこそこ普通のお店だった印象だったのですが
2016年の4月以降の対応がとても酷く
更に今年度に入ってその酷さが増しているように思えます。

修理は下手
値段は高い
いらないところまで交換させられ
挙句の果てに直っておらず
それどころか余計壊されて
それをもっていくと
更に高い金額を請求されるようです。

(※実際に3万ふっかけらっれた方の話は以前書きました)

例えば本日あった事例ですと
チェーンを交換したという話でしたが
チェーンはよほどのことがなければ換えません。
チェーンが外れただけだったら調整で済むのです。

もし換えなくてはいけなかったとして
その換えたチェーンがきちんと採寸されておらず
換えたばかりなのにたるんでいました。ありえません。
好感した場合、チェーンはやや短くなるはずなのに
チェーン調整をするパーツ(チェーン引き)も
最初から結構引っ張っているという状態。
つまり伸びた長さに合わせてチェーンを付け替えたという事です。
これでは全然意味がありません
以前より早くチェーンが伸びて
調整できないところに来てしまいます。

こんなの100%素人作業です。

しかも3500円くらいで出来るのに5000円も取られ
挙句、壊れていないライトまで壊れていると言われ
2000円程度で直るものなのに3000円かかると言われ
お客さんは納得いかないので断ったそうです。

こんな事が平然と行われているのは異常ではないでしょうか?
真面目に消費者センターに通報しようと思います。

これ以上被害者が出ない事を願うだけです。
posted by シンワ店長 at 12:12| 日記

2017年06月20日

ぼったくりが主流?

昨今、駅前のヨーカドーやサイクルスポットなどで
ちょっと耳を疑うような酷い対応をされている事が増えています。

本日も、パンクをしたという方が
駅の方からわざわざ修理に来ていただいた際に
サイクルスポットに持っていったら
さわりもせずに「もうこれはダメだ」と言われたらしく
「タイヤ交換で5000円、あるいはもう買い替えれば?」
と突き放されたそうです。


このお客さんは、いつも来られている常連の方で
緊急だったためにスポットに行ったそうですが
買い替えるならそんな訳のわからない店ではなく
当店でという事で、わざわざ暑い中
自転車を引っ張ってご来店いただきました。

しかし、どう見てもタイヤを交換するような状態ではなく
確かに空気の量が少なく乗られていたので
タイヤのサイドに傷は入っているものの
換えてまだ1年ちょっとしか経っていないため
パンク修理で十分対応できるものでした。

5000円どころか1000円で
10分足らずで直ってしまったのです。


冒頭で書いたように、先日もそうでしたが
量販店やチェーン店、ここではヨーカドー
サイクルスポットを挙げますが
お客さんが知らないことを逆手にとって
無理な金額を吹っ掛けたり
(実際、3万や5万という事例もありました)
換えなくてもいいのに交換させられたりと
やりたい放題されていることがとても気になります。


あまりにも酷く、詐欺まがいの事をしている為
消費者生活センターに
連絡した方がいいレベルかもしれません。


何ならいずれ私が通報します。

ユーザーの方々は
自転車を預けたり、修理に持って行った際には
必ずいくらまでの金額の範囲で直すかを伝えたり
実際にどうして交換になるのかという説明や
実物を見て本当に交換するべきだったか
ご自身で判断するような習慣
をつけた方がいいです。

以前も書きましたが、自転車業界というもの自体が
とても閉鎖的な文化ですので
丸投げ、言い値という印象が今でもとても強く
本当にぼったくりをやる個人店も実際にあります。

先日お客さんから、国分寺の方で
パンク修理で2900円取るお店があるという話も聞きました。
超ボッタクリですね。
できる事なら私もそのくらい頂きたいくらいです・・。

日本経済が沈み、景気が悪く、売り上げが落ちている昨今
量販店やチェーン店が売り上げを伸ばすために
強引な商法に走っている可能性
はとても高く
騙されないようにするためには
ユーザーも賢くなるべきだと私は思います。

サイクルショップシンワでは、修理前に説明をしますし
お預かりしたもので、途中で修理箇所が増えたりした場合
一度ご連絡を入れて確認をしたり
最悪、二度手間になってでも、お客さんが戻るまで
修理をいったん止めて相談するようにしております。


直そうと思えばいくらでも直せますが
それには料金が伴ってきますから
お客さんがそこまでかけるつもりでないものを勝手に直したら
大きな問題になるのは明白で
確認をするのは当たり前のことです。

このような当たり前のことをできなくなっているお店は
すぐに辞めていただくしかないのですが
こういうお店をなくすためにも
ユーザーの方々も目を厳しくもち
そういうお店を利用しないという選択をお勧めします。

毎週の様に被害者が訪れるこの状況
私はとても心が痛いです。
posted by シンワ店長 at 17:16| 日記

2017年06月18日

事故は減らせる

今月に入ってから、車輪の交換が相次いでいます。
オーバーホールや長年使った車軸の交換というのもありますが
大半が事故による交換です。

毎年こういった内容の記事を書いていますが
この時期、特に4月末頃から増えてくるのが
自転車の事故です。

新生活に慣れて、裏道を使ったり
ちょっと気が緩んで飛び出したり
そういった事が増える時期になるからですね。

中でもほとんどと言っていいのが
学生と衝突したというケース
です。

お客さんの話を聞いていると
曲がり角をブレーキをせず飛び出してきた
優先道路ではないのに飛び出て来た
など、出会い頭での事故がほとんど。

はっきり言ってしまえば
自転車の乗り方が一番酷いのは学生です。

これは、特定の層をターゲットして
悪い意味で言っているわけではありません。

若い故の無茶というものが多いかと思いますが
自転車のメンテナンスをしていても
学生の自転車というのは結構ガタガタになっており
力が有り余っているという事も含めると
やはり、どの方も、人生で最も激しく乗る時期が
学生時代ではないかと私は思っています。


しかし、学生が突っ込んでくるケースが最も多いという事は
逆に言えば、あなたのお子さんが
加害者になる可能性があるという事
です。

学生の事故が多い理由のもう一つは
ルールを知らないからという事があります。
しかしこれは学生に限った話ではありません。

大人でもルールを知らない人は沢山おり
自動車の免許を取っていない人間は
ほとんどの方が、ルールを理解できていない
と私は思っています。
ですから、学生が曲がり角を止まれない理由は
実はそういう部分にあると思っています。
(※勿論、止まれない大人もですよ!)

なぜ止まらないといけないのか
知らないんですね。

止まらなくても大丈夫だった事例が多すぎて
大丈夫だと勘違いして(というか考える事すらない)
普段から、かなり危険な運転をしているわけです。
しかし事故にあって初めて気づくのでは遅いのです。

ですから、ルールを知ることが
一番の事故防止策になるわけです。


自転車の乗り方は学校では教えてくれません
ご家族が教える、いわゆる家庭教育です。
合わせて、自転車を乗る時のルールも
ご家庭で教えるものではないでしょうか。

小学校で6年間の間にたった一回
自転車教室があったからって
その次の日から突然、お子さんが
ルールを全部理解して乗れると思いますか?


ありえない話です。

残念ながら日本の教育では学校教育として
交通ルールを学ぶことがほとんどないわけですから
少しずつでいいので、ご家族で普段からの会話などで
教えて覚えてもらうしかないわけです。

実際こういう事を怠ってきたツケが
今の日本の自転車問題に直結していると思います。

実際これを読んでいるあなた自身
どのような自転車教育を受けてきましたか?
ご家族でそういった事を話して教わりましたか?

あまり覚えがない方が大半だと思います。
そこが最も大きな問題なのです。

だからルールを守れない大人になってしまうわけです。
意識していない方がほとんどですが
その無意識=無関心という事です。

意識できなければ、興味がなければ
いいことも悪いことも全く気づけないままです。

意識が出来ていれば、右側通行することが
どれほど危険なのか知るでしょう

意識が出来ていれば曲がり角になぜ
止まれ表示がある方とない方があるのか
そしてなぜ街頭にミラーがあるのか
理解することができるでしょう


いきなり全部覚えろとは言いませんが
ほんの少しでも意識が出来れば
全く違う行動になるはずです。

そんなに難しいことではありません。
なぜなら自動車に乗る方は、それができているからです。
それを理解できていなければ免許は取れないからです。

知らなければ学べばいいのです。
ご家族などで普段から自転車のルールについて
今一度、再確認していただき
お子さんと、話しながら、考えながら
親も一緒に覚えていけばいいのです。


そうやって、少しでも
無駄な事故を減らせるような努力を
日頃より心がけていただきたく思います。
posted by シンワ店長 at 10:48| 日記

2017年05月22日

珍しくカスタム!

お客様より、面白いカスタムのご依頼がありました。
想像以上に格好良かったので写真を載せておきます。


ギュット・ミニ・DX お犬様カスタム!?

パナソニックの電動アシスト子乗せ自転車
ギュット・ミニ・DX
丸石サイクルのペット用自転車
ペットポーターのパーツを取り付けたカスタムです。

なぜこのような事になったかというと
単純に、ペットポーターに
電動アシストモデルがなかったからです。

それにしても、思っていたよりスタイリッシュで
予想以上にコンパクトにまとまりました。

車体をブラウンにした事で、タイヤもブラウンになり
ブラックパーツも相まって
とても落ち着いた雰囲気でありながら
オシャレな自転車に仕上がりました。

イメージしていたか解りませんが
お客さんのカラーチョイスに脱帽。笑



ペットポーターはとてもニッチな商品ですが
あまり知られていないだけで
実は意外と需要はあるのではないかと思っています。



小物入れのポーチも付属します。

本体のバッグの中にはリードフックもついていたり
クッション性も高い内装をしている
ので
しっかりと考えられて作っていることが解ります。

勿論、バッグは取り外して移動することができ
その際は大きなバスケット付きの自転車として
お買い物などでも大変便利に使う事が出来ます


実はこちらのカスタマイズは、半分見切り発車だったのですが
元々OGKの製品を使っている丸石サイクルと
同じく子供乗せを共同開発しているパナソニックで
取付金具が共通のタイプであったため
行けると判断して承りました。

最悪、ハンドルバーを交換する可能性があったのですが
そのまま取り付けられたので料金が若干抑えられました。

ちなみに丸石サイクルのペットポーターは
電動アシストモデルがありませんが
定価52,800円で取り扱いしております。

当店はあまりカスタムをやるイメージがないと思いますが
ご相談いただければできる範囲のカスタムは可能です。
勿論、状況次第で料金は変わりますので
簡単な見積だけでもお気軽にお尋ねください。
posted by シンワ店長 at 14:32| 日記

2017年05月15日

"本当のプロは個人店"のはずが…

本日、修理に持ってこられた方の自転車で
あまりに酷いものを見たので
写真はありませんが、書いておきたいと思います。

お客さんは、状態を見てほしいという事で
ご来店いただいたのですが、話を伺うと
「チェーンあたりから何か音がする」という事でした。

チェーンのたるみか何かだろうと思って見たところ
後輪に油をかけた痕跡がありました。
それも、かなり雑に、べとべとした油がついていました。

更にお話を伺うと、最近、ある個人店(購入店)で
点検をお願いしてもらった
という事でした。

鍵や後輪のスプロケット(ギヤ部)に注油したと思われますが
鍵にオイルはナンセンスだし
スプロケットやハブ軸に油がついているのに
チェーンに全く油がついていない状態

一体何をしたのか?と目を疑うほどでした。

スプロケットに油をさすと
内部的に破壊される可能性があるという事は
ご行く最近の記事でもここで書いたばかりです。


しかも、”雑に”油をかけている為
スポークのあちこちが油まみれになっており
飛び地の様に油がまだらについていました。

どうやったら、こんなに
粗ぶった油のかけ方ができるのか
再現するのが逆に難しいレベルでした。


例えば、水鉄砲の様に、1mくらい離れた場所から
油を飛ばして狙い撃ちしたんじゃないか?
というくらいでした。
いやそんな事ありえない話ですが…とにかく呆れます。

もはや点検ではなく破壊しているわけですから
できそこないの量販店レベルの仕事です。

ちなみに小平のお店だそうです。

素人が勝手に油をさしたならまだしも
プロが、点検と称して1,000円も頂いて
こんなアホな事をやっているようでは
非常に悲しいことですが、個人店にお客さんが来なくなるのも
なんだか納得してしまいますね…。
posted by シンワ店長 at 11:49| 日記