2017年02月23日

アシスタDX 入荷!

ブリヂストンの電動アシスト自転車
アシスタDXの2017年モデルが入荷しました!



先々週、一週間の休業をしていたので
他店に遅れての入荷となってしまいました^^;

アシスタDXの「DX」は、パナソニック製品と同様に
この「DX」という名を冠したモデルは
そのメーカーの最もスタンダードな車種です。
電動自転車といったら、これ。という基準の自転車です。

電動アシスト自転車を選ぶ際には
このモデルを基準に、スペック比較をしていくと
自分にマッチしたものが見つかると思います。


アシスタDXは、以前ここで少し書いたように
ヤマハ製のシステムを採用しておりますので
従来どおりの設計コンセプトのままです。

価格は定価114,800円(税別)

なにより・・

スマートコントロールブレーキを採用せず
通常のWピボットブレーキですので
安心してお乗り頂けます。


パナソニックとの大きな違いは
フレームがアルミですので、車体重量は
パナソニックより全体的に軽く出来ています。


先日ご紹介した、ミハル君により
空気圧チェックが目視で出来るのもポイントですね。

2017年より強化ハブを採用したことで
よりパワフルな走りに耐えうるものになりました。

店頭では春らしいグリーンを展示しております。
posted by シンワ店長 at 17:08| お知らせ

2017年02月19日

油で壊れる

油は危険です。

というお話をこれまでも何度かしてきましたが
本当に、よくなると思って使ったものが
とてつもない金額の修理に発展する
ため
油の取り扱いは、知識が無い方はおやめください。

本日の修理はこちら



もう見た目から油ぎっていますね・・
クレ5-56をかけまくった結果
埃などが大量に付着してしまっています。



真っ黒ですね。
本来はこんな色になりません。
クレ5-56のせいです。
車輪にもボタボタ落ちるくらいでシミが出来ていました。
サロンパスのような独特な香りが漂います。

それだけならまだいいんです。汚いだけだから。
まあ、私たちにとっては修理する時に
大変なんで出来れば辞めてほしいんですけどね。


問題なのは内部に入ってしまっていることです。

私個人の見解なのですが、なぜか解りませんが
油を注したがる人というのが一定数おりまして・・

いくらお話しても聞かずに注してしまう方や
もうほとんど中毒と思うくらい定期的に注さないと
気がすまないという方が、実際いるのです。


クレ5-56の信者様なのかもしれませんが
自転車にはやめてください。本当に。



内部にスプレーが流れて入ってしまったことで
ベアリング周りのグリスを洗い流してしまい
車輪の回転をおかしくしていました。

しかも、この内部は3段内装ハブのシステムがあり
ハンガー(ペダル軸)と合わせて
自転車の最も重要な駆動部の一つです。

そこもホワイトグリスという特殊なグリスが塗ってあり
ここに5-56が入ってしまうと、内部がカラカラに干からびて

最悪、内装ギヤを破損して1万円近い修理
になってしまうのです。

実際、この自転車もそうなりかけていました。
今回は大丈夫でしたが、近いうちに交換になる恐れがあります。

前輪のハブ軸、クランク軸、後輪の軸、そしてハンドル軸。
なぜかクレ5-56を注したい衝動に襲われる方が多く
無駄な修理(しかも内部なので全て大きな修理です)
が増えてしまいます。

勿論、クレ5-56以外でも
絶対に注さないでくださいね!


その衝動、ぐっとこらえて、一度お店に持ってきてください!

そもそもそこに油を差すことは出来ません。
内部のグリスを塗るためには分解して
グリスを塗布するという作業以外は
緊急の応急処理くらいにしかなりませんし
やればやるほど、本来のグリスがいなくなるからです。

グリスがいなくなればベアリングが破損し
ベアリングが破損すればシャフトが破損し
最悪、車輪が折れて脱輪ということも起こります。


自転車をこいでないのに、走らせているだけで
カリカリカリカリカリカリ・・
ガシャガシャガシャガシャ・・
そういう音が出ている自転車は
ベアリングが悲鳴を上げているので
早急なメンテナンスが必要という事です。

壊れてからだと大変です。
乗れなくなるまで乗ってはいけません。
何万かかるかわかりませんよ。


ちなみに修理に持っていくと、所構わず
スプレー油をぶっかけるお店があるとかないとか・・・

そんなお店はクソですね。
絶対行かないほうがいいです。
posted by シンワ店長 at 13:00| 修理

2017年02月18日

わかってない

今日はタイヤのお話です。

昨今、20インチ等の子供乗せ自転車が増えてきた事と合わせて
各メーカーで様々なタイヤを採用しているため
お店的には、それに対応するために
多くの種類のタイヤを持たなくてはいけなくなり
在庫がちょっと増えて大変になってきています。

そういう中でも代表的なのが
ブリヂストンの4.5気圧対応のタイヤです。

通常の自転車では、一般的にはほとんどのタイヤが
3気圧が上限なのですが
ブリヂストンとして考察した結果
高気圧にすることでタイヤの凹み時間を少なくし
それにより快適に走ることが可能
という事で
ブリヂストンの電動アシスト自転車には
この4.5気圧対応のタイヤをはいているものが多いのです。

しかし・・



これはどこかのお店でタイヤ交換をしているようで
パナソニックの国産タイヤが入っていました。
勿論、このタイヤ自体は良いタイヤで
他の車体につけているのなら全く問題ないのです。

問題なのは、この車輪が4.5気圧対応で組まれているという事。

ブリヂストンでは、ハイグレードの車種ほど
空気チェックが目視で確認できる空気ミハル君
システムを採用しており
空気がどのくらい減っているか、あるいは
空気がどこまで入れれば良いのかが
目で見て解るスグレモノ
なんです。



ただし、このミハル君は
対応している気圧によって形が違うんです。



頭の方にちょっと、段差があるのが解りますでしょうか?
上のミハル君の絵とちょっと違いますね。
これが4.5気圧対応のミハル君です。

そしてパナソニックのタイヤの上限気圧は・・



3気圧までなんですね。
この状況で空気を入れるとどうなるか。

ミハル君の使い方としては、赤いゲージが消える所まで
空気を入れると満タンというサインです。
しかし4.5気圧で満タンになるようにセットされたパーツですから
このミハル君の通りに空気を入れると、タイヤは爆発します。

これは、完全にタイヤを換えた人間のミスです。

たまたま在庫が無かったのか
お客さんが急いでたので了承を得たのか
その辺りは定かではありませんが
これほど良いタイヤを在庫しているのであれば
そこまで小さいお店とも思えませんし
4.5気圧ということを知らないということも考えづらいです。

これではせっかくの素晴らしい機能が使えなくなりますし
本当に説明無くお渡ししていたとしたら、爆発させて
タイヤ交換(5,000円程度の出費)になってしまいます。


普通に考えて、こんないい加減な事はやりません。

ちなみに4.5気圧対応のブリヂストン「eマイティロード」は
タイヤのサイズがやや太めで、1-3/8"ではなく1-1/2"
ですから
タイヤが細くなってしまったことで
走行時の安定感もなくなっているはずです。

せっかく国産の良いタイヤをはいていても
これでは満足に乗ることが出来ないかも知れません。
ナンセンスの一言。

きっと、そういう事を理解していないお店なんでしょうね。
知識の無い人間が修理をやると
困るのはお客さん
という、いい例です。
posted by シンワ店長 at 12:58| 修理

2017年02月17日

16日から通常営業しております

しばらくお休みを頂いて、ご迷惑おかけしておりましたが
昨日はおかげさまで沢山のお客さんにご来店頂きまして
感謝の気持ちでいっぱいです。

忙しすぎて更新が出来ず、情報が遅れてしまいましたが
パナソニックのティモ・Sとヴェロスターが入荷しております。


ティモ・S


ヴェロスター

当店の長期休暇の関係上、配送との兼ね合いで
入荷が遅れていた人気車種です。
どちらも通勤や通学にうってつけの一台ですので
新シーズンに向けてますますイチオシです!
posted by シンワ店長 at 15:05| お知らせ

2017年02月15日

長期休業のお知らせ

誠に勝手ながら

2月8日(水)〜15日(水)の間は
長期休業となります。


いつもサイクルショップシンワをご利用いただいている方々には
大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解くださいませ。

1月に新車をご購入の方で、一ヶ月点検などがある場合は
販売時にお伝えしておりましたように
上記期間の前後で行いますので
日程をずらしてご来店頂ければと思います。
posted by シンワ店長 at 00:00| お知らせ

2017年01月31日

ビビ・LU 入荷!

パナソニックの電動アシスト自転車
ビビ・LUが入荷しました!



ビビ・LUは昨年までライトUという名前だった車体で
昨年・一昨年と共に、サイクルショップシンワでは
年間で一番売れた電動アシスト自転車です!


ネーミングだけ変わりましたが基本スペックは継承されており
その名の通り軽さが売りで、他社も含め
全車種の中でも最軽量クラスの軽さを誇ります。


2017年より新バッテリーシステムを採用し
従来の6.6Ahから一気に12Ahへと大容量化しました。

また、24インチにギヤなしモデルが追加されたことで
このモデルをお乗りいただいている多くの方が
当店でも、実際にご年配の主婦層がほとんどという事で、
より取り扱いやすくなったとも言えるでしょう。
フレームも再設計されて、より低床になり
乗り降りしやすい形になりました。


今回入荷したのは26インチの3段変速モデルと
24インチのギヤなしモデルになります。

なお、軽量モデルということで
クラス27には非対応ですので
お子さんを乗せることは出来ません。


26・24インチ共に3段内装モデルが 定価110,000円(税別)
24インチのギヤなしモデルが 定価105,000円(税別)


2017年、サイクルショップ・シンワでは
電動アシスト自転車の在庫を大幅に増やすことを掲げ
お客様が、店頭で、価格と性能の違いをご覧いただけるよう
力を入れて行きたいと思っております。

メーカーのリリースと共に、在庫もだんだん揃ってきました。
現段階で在庫まちのものもありますが
これが揃って9台とまりました。

最終的には10台の在庫を目標としておりますが
2月上旬にブリヂストンから新しくリリースされる
アシスタ・DXも早い段階で在庫予定です
ので
あっという間に10台になってしまいそうですね^^;

個人店でアシスト10台展示は、ちょっとないですよ〜。笑

入荷の情報は随時更新していきますので
今後もご注目ください!!
posted by シンワ店長 at 17:54| お知らせ

2017年01月30日

ティモSについて

大変ご好評いただいております
パナソニックの電動アシスト自転車 ティモ・Sですが
メーカー在庫がやや少なくなってきており
あわせまして、当店の2月の長期休業の関係上
次の入荷が2/16以降となります。



その他の商品につきましても、日程の関係上で
16日以降になる可能性がございますので、予めご了承ください。
posted by シンワ店長 at 13:29| お知らせ

2017年01月28日

ブリヂストン2017「アシスタ DX」リリース!

ブリヂストンから、電動アシスト自転車
アシスタ DXのリリース情報が入ってきました。

<力が弱いシニアや女性でも安心>
従来モデルよりアシスト出力を向上させた
ホーム系電動アシスト自転車「アシスタ DX」2017年モデル新発売


http://www.bscycle.co.jp/news/release/2017/3794

DXシリーズは、他社でも出しているように
最もスタンダードな電動アシスト自転車の一つ
メーカーのその年の電動自転車の
スペックの基準といってもいいものです。
今回は、その2017年モデルが発表されたわけですね。

驚いたのは、ヤマハのシステムを採用していることで
昨年末に行われた発表会では
ビッケの新型にパナソニックのシステムを使っていたため
今後はヤマハとの提携が終わりに向かうと思っていましたが
何とか持ち直しているようで、少し安心しました。

・・そうでなければブリヂストンは電動撤退するくらいに追い込まれますからね

パナソニックとの違いは車体の軽さで
アルミフレームを採用していることで
重量がパナソニックに比べると軽い
です。

容量も12.3Ahと、大きくなっているので
ようやくこれで追いついた形となりますね。
ブレーキもまともなパーツなので
安心して販売することが出来そうです。
posted by シンワ店長 at 00:00| お知らせ

2017年01月26日

壊すのは、あなたです。

最近、とても気になることがあります。

それは、特に電動自転車で、メンテナンス不足による
異音が発生しているにもかかわらず
何も考えていないのか、乗り続けている人が
とても増えた
ということです。

私事ですが、昨日は定休日
用事で市内を少し、自転車を走らせたのですが
まあ、ガチャガチャバチャバチャ
ガリガリバキバキ
激しい音を立てている自転車が多いこと・・・

基本的にはチェーンの油ぎれなのですが
ペダルを踏むたびに、バリバリッ!バリバリッ!
という音が鳴っている自転車は
チェーンが悲鳴を上げている音で
そのまま乗り続けることで駆動部に
かなりの大ダメージを受ける結果となり
1万円コースになる可能性を秘めています。




昨年、修理をしていて一番気になったことが
チェーンの注油を怠り、乗り回した結果
チェーンを短期間(2年前後)で交換する方が
飛躍的に増えた
ことでした。

基本的にチェーンの交換なんて、そうそうしません。
しかし、電動自転車の場合、通常の自転車に比べ
倍近い力が加わるため、滑らかに動かない状態で乗り続けると
甚大なダメージを与えることになります。

タイヤの空気にしかりなのですが
電動自転車で最も恐ろしいのは
普通こぎ辛い、乗りづらい状態なのに
乗れてしまうということ
です。



このように、まっすぐに戻ってこなくなったチェーンは
交換するしかありません。
このまま乗り続けると、他のパーツを破壊します。


昨年、一番びっくりした修理は
電動自転車で、注油を怠って乗り回した結果
チェーンを破損し、スプロケット(ギヤの歯)を破壊し
電動の駆動体の本体についていたスプロケットを破壊するほど
負荷をかけ続けたことで、そのスプロケットを支えるシャフトが
内部で破損し、モーターユニット内部を破損。

メーカーに出して、内部クリーニングするという
今まで経験したことの無い修理がありました。

モーターユニットを破損するということは
最悪、5万くらいの出費になります。
そして、それだけでなく
チェーンやスプロケットなども一式交換となりますので
とてつもない金額になります。

しかも、一ヶ月くらい乗れません。

お子さんを乗せている自転車がこのような事態になった場合
その修理金額だけでは終わらない大損害を招きます。

どうですか?5万、ポンと払えますか?
それとも、やめて新しいのを買いますか?
また15万出せますか?

ただ

そもそも私には理解で来ません。

なぜ10万以上も出して買ったものを
ほったらかして、いい加減に乗り回して
壊れてるのに、悲鳴を上げているのに
平気で乗り回せるのか。


さらに言えば、そこに子供を乗せているのに
そんな状態で何とも思わないことが
私には理解で来ません。

大丈夫か日本人!?

信号待ちの向かいのお母さんが
信号が青になると同時に、立ちこぎをして
バリバリと音を立てながら走り出しました。

電動自転車で立ちこぎをするということは
全くアシスト力を無視して自力でこぐのと同じです。

電動自転車は、力を加えれば加えるほど
そのアシスト力は弱まり、わざわざ重たい自転車を
自力で頑張ってこがなくてはいけない状態になります。

そんな、ナンセンスな乗り方をしている上に
チェーンが錆びついて、上手く回らなくてバリバリ音が出て
それを放置してスプロケットが引っかかって
テンショナーにひっかかって大暴れして
バチャバチャ音が出ているのに乗り続ける。

思わず

「あーあーあー・・・」

と言ってしまったくらい、唖然としました。


自転車は力を加えて動くものですから
当然、乗った分だけ壊れていきます。
というか、自転車が壊れないと表いる方は
頭の構造が普通と違うんでしょうね。


動いているものが壊れないという発想が
私には全く理解で来ません。
自転車が壊れないなら車も壊れないはずですから。

動けば細かいズレが起こり、油切れなどの状態変化が起こり
異音が発生し、放置することでパーツ破損が起こります。

ハンドルとかネジとか、パーツ周りの錆びなんて
正直どうでもいいんです。動かないから。

動く場所が錆びたら、取り返しがつかなくなります。

どの段階で直せるかで、金額は100倍近く跳ね上がります
初期の段階で手を入れておけば、防げるものがほとんどです。

音が出ているのに乗り回すということは
力いっぱい、壊しているという事です。


音が聞こえない方は、危険です。
そういう事が、わからない方は、危険です。

聞こえないはずが無いのです
すれ違う人々には、聞こえていますからね。

壊れるのではなく、壊しているということに気づけない方は
他の方に比べると数十倍から数百倍のお金を
無駄に捨てているということです。
そしれそれは、今後もずっと続きます。

あなたが変わらない限り、変わりません。

音が出てからではダメージが大きくなるため
3ヶ月程度でのスパンで
定期的なメンテナンスをお薦めします。


電動自転車に関わらず
それが、最もお金がかからず長く乗れる方法です。
posted by シンワ店長 at 14:47| 日記

2017年01月22日

ビビ・FX 入荷!

パナソニックの電動アシスト自転車
ビビ・FXが入荷しました!



ビビ・FXは2017年より登場したモデルで
一般的なスタンダード車であるDXと
量販店向けモデルの安いSXの間に位置づけられます。

量販店向けのビビ・SXは10万を切る価格帯ですが
旧バッテリーシステムを採用したり
スイッチパネルも5年くらい前のものを使っている
など
随所に廉価版であることが確認できるものです。

対して、こちらのビビ・FXは、最新バッテリーシステム搭載で
しかも容量が12Ahという部分がポイント

他社の平均的なモデルよりも性能が上という事実!
ただし、あくまでビビ・DXの廉価版である位置づけなので
車輪がアルミリムだったり、スタンドがL字型でないなど
いくつかの部分でコストカットを図っています。

よい点で言えば、大人気の大型バスケットを採用していることと
ハンドルロックは手動ですが、くるピタ搭載という事です。
個人的にはスタンド連動型のスタピタより
くるピタの方が壊れにくいのでお薦め。


なお、クラス27対応ですので、片側だけであれば
お子さんを乗せることも可能です。


2017年モデルではビビ・DXの価格が上がってしまい
定価114,000円(税別)という事で、およそ12万弱。
容量が大きすぎるとか、「ちょっと高いな」と思われる方には
このFXというモデルをお薦めします。

価格は定価105,000円(税別)です。

ただ、個人的には
これを買うならもうちょっと頑張ってビビ・DXを、
そしてDXを買うならビビ・PXのご検討をお薦めします。

モノが違いすぎますからね^^


2017年、サイクルショップ・シンワでは
電動アシスト自転車の在庫を大幅に増やすことを掲げ
お客様が、店頭で、価格と性能の違いをご覧いただけるよう
力を入れて行きたいと思っております。

メーカーのリリースと共に、在庫もだんだん揃ってきました。
2月には、当店イチオシのビビ・ライトUの後継車種である
ビビ・LUがリリースされます。

こちらは26と24を在庫予定ですので、これが揃って8台。
最終的には10台の在庫を目標としております。

個人店でアシスト10台展示は、ちょっとないですよ〜。笑

入荷の情報は随時更新していきますので
今後もご注目ください!!
posted by シンワ店長 at 11:58| お知らせ