2018年07月03日

あさひ商法

タイヤ交換に見えたお客さんのタイヤは
爆発寸前で変形していました。
この時期は本当に爆発が多く、注意が必要です
お話を伺うと、つい最近
反対のタイヤを変えてもらったばかりとか。

その際に空気を入れてもらったという事で
お店で入れ過ぎてたら世話ないですね。。



やっぱり、サイクルベースあさひのタイヤ。
量販店や大型店は素人同然の人間が
「金儲け」だけのためにやってますからね。
空気の量がシビアになってる時期なんてことは解らないはずです。

しかもバルブが緑色になってるのが
気になったので調べてみたところ
パンク修理材が入ってました。

何というか・・・ご愁傷さまです。

パンク修理材を入れたタイヤは
パンク修理ができなくなります。
修理は一発チューブ交換です。


パンク修理材ではほとんどのパンクは防げません
あさひのやっている事は嘘ではありませんが
事実上詐欺みたいなもんです。

お店に来たお客さんから、より多くのお金を奪い
更にそのお客さんは後で
更にに多くのお金を払う羽目になる。

サイクルベースあさひお得意の商法です。

この方はまだまだ使えるタイヤをダメにされて
タイヤ交換と同時にパンク修理材を入れられてしまうという
あさひでタイヤを変えたばっかりに
トータル8000円くらいの被害を受けている
わけです。

まさに悲劇ですね。
posted by シンワ店長 at 11:00| 修理

2018年06月29日

その次にどうなるか、を考える



こういうの、結構見るんですが
危ないっていう認識がない方が多くて
いつもびっくりしています。



何故危ないのかっていう事自体が理解できてない
これに限らず、ぞっとするような状態でも
平気で乗っている方は結構多いんですが



例えばこれなんか、ペダルを回したときに
つま先に余裕で当たる位置なんですね。
走行時に絡んだらどうなるでしょうか。

別に難しい事じゃないんです。
簡単に想像できることだと思うんですね。
ちょっとした考え方、意識の違いです。

日本人は危機管理が無い方が多く
一歩先に何が起こるかの想定を
頭の中に描かない場合がほとんど
です。

自転車のように気軽に乗れるものが
一歩間違うと大惨事を招くという事も
頭の中に入れて、おかしい状態を見過ごさない
という思考を持ちながら
楽しく乗って頂けたらと常々思っています。
posted by シンワ店長 at 11:00| 修理

2018年06月28日

がっかりあるある



こういうのを見ると本当にがっかりしますね。

どんなにメーカーの良い自転車でも
こんなことをされたら台無しです。


量販店やホームセンター
大型電気店やインターネットで買うと
こうなるんですよね。

これ

輸送・梱包時のための
クッション材ですからね!?
posted by シンワ店長 at 11:00| 修理

2018年06月26日

パンクに強いタイヤの末路

最近安い自転車に多くみられる
「パンクしにくい」といううたい文句のタイヤ。



どういう構造になっているのかと言えば
ただ単純に外側を分厚く堅く作っているだけ

しかし実際にパンクする多くの原因は空気を入れてない事
それは当店でも体感しているのと同じデータを
自転車メーカーであるブリヂストンも出してきています。

http://www.bscycle.co.jp/cycletire/

タイヤのパンクの原因は空気圧の低下によるものが
なんと全体の74%も占めています。


つまり空気を入れるだけで
パンクはほとんど防げるわけです。


なので、上記のリンクにあるブリヂストンの
空気を入れればパンクしないと言いながら
パンクに強いタイヤを作りましたっていう
新しいタイヤの宣伝はちょっと矛盾してます
ね。笑
(だからそのページの下半分は見なくてもいいです)

さて、話を戻します。
つまり結論から言えば、パンクに強いタイヤなんて
無理に履かなくてもいいのですが
ブリヂストンのロングレッドと違って
安物タイヤは本当にただ分厚くしただけで
欠陥品ばかりです。

一番の欠陥は、固くし過ぎたことで
空気が入っていると勘違いして
潰れまくってタイヤ交換になる事です。


本末転倒ですね!笑

しかもこの手のタイヤはとても出来が悪いので
外側を無理やり分厚くした事で強度にひずみが生じて



このように壊れます。

どうでしょう、まだまだ山はたくさんありますね。
こうなる原因は空気を入れないで乗ってしまって
潰れたことによるひび割れ(1枚目の写真参照)を誘発し
そこから厚みの差がある部分に影響して
はがれてしまったという形です。





相変わらずケンダのコスモスは酷い作りですね。


空気を入れるのがめんどくさい人が
パンクしないタイヤだと思ってまた空気を入れないと
更に壊れてしまって、タイヤ交換までの
道のりが最短距離になります。

これがパンクしにくいタイヤの全貌です。

タイヤ交換は一番お金がかかる修理の一つです。
ちゃんとしたタイヤを履いていない自転車は
要するに、一番お金がかかるんです。
posted by シンワ店長 at 18:42| 修理

2018年06月15日

タイヤクラッシャー



買って一年くらいの電動自転車のタイヤです。

空気を殆ど入れないで乗っていたので
まだ新車に近い状態なのに
タイヤの中身は削れたカスが溜り
チューブも削れてボロボロですね。

空気を入れなければタイヤはすぐに壊れます。
いつもお伝えしているように
パンクの原因はほとんどが空気を入れてない事です。


タイヤが潰れれば、中のチューブが潰されて
そこに体重がかかって地面とこすりあわされて
どんどん削れて穴が開きます。


この状態になるともう手遅れで
タイヤの中は傷だらけ、チューブも削れて薄くなり
いつどこからでも穴が開いても
おかしくない状況が整っているので
次のパンクを誘発させる
のです。

よくパンクする人は、ほとんどがこれです。

画びょうやガラスが刺さったのと違い
ずっと中に悪影響が残り続けるため
あっという間にタイヤがダメになります。

勿体ないですね。
posted by シンワ店長 at 13:22| 修理

2018年06月10日

理解力が足りない





こういうの、ありえないんですよね。
見た瞬間に呆れます。

ワッシャーがどういう役割をするかなんて
ネジを扱う仕事をしていれば嫌でも理解する
はずです。
ですから、ナットの下にワッシャーがいないという事は
基本的にありえない状況なのです。



前輪は正しく組み立てられていますが
後輪は、痕跡を見れば、元々は正しい位置に
ワッシャーがいたことは容易に想像がつきますね。
なので、大体は開けてみた時にその所在が解ります。



ほらね。

そもそも組み立てをしている中で
こういう意味不明なパーツの扱い方をすること自体が
私的にはまったくもって理解不能です。

パーツとパーツの間に要らないものを挟んだら
そのパーツがガタついてしまいます。
ナットで止めるという事は固定する為であるはずなのに
その意味を一切理解できていない。



基本的に左右対称であるはずですから
このような状態にすることも理解不能。

第一、外す前の状態を覚えていないことも論外

最低の仕事ですね。
posted by シンワ店長 at 12:00| 修理

2018年06月07日

選び方

パンクだと思ったらタイヤがダメで
交換になるというケースは幾つかありますが
組付け不良により交換となる場合
とても残念な気持ちになります。



今回のケースもそれですが
タイヤの脇が削れて穴が開いています。

本来こんな部分に何かが刺さったりするはずはないので
チューブを出してパンクを調べようとした時に
内側よりに穴があった場合はタイヤを疑います。

このケースはブレーキが犯人です。



こちらは、まともに取り付けてあった場合の写真ですが
先のような穴が開くのは、ブレーキが車輪ではなく
タイヤにかかっていた場合
になります。

一番多いのは、Wピボット式ブレーキの場合で
組み立てる際にちょっと注意すべき点があり
これは組み立てをやる人間なら
絶対知っておかなければいけない事で
逆に言えば当然の事
なのですが
知識のない人間が組み立てたりチェックするようなお店では
こういう部分の組付け不良のせいで
数年たってから破損
という事が普通に起こります。

また、ブレーキシュー交換をした際にも
このことを知らない人がやった場合
同じようなケースになる可能性はかなり高く
ヨーカドーやオリンピックなど大型店の自転車は
結構な確率でこうなってる事が多いです。

何故なら素人みたいな人が
働いているからです。


私はここで何度も何度も書いている事ですが
ヨーカドーやオリンピック、JマートやケーヨーD2などの
ホームセンターは自転車屋さんではありません。

ホームセンターにおける自転車は釣りの餌のようなものです。
お客さんを呼び寄せる為の餌です。

また、サイクルベースあさひや
サイクルスポット、ダイシャリンのような
自転車を大量に売っているいかにも自転車屋さん風な大型店
自転車だけを売っているホームセンターだと思えば
自転車屋さんではないという事が理解できると思います。

少なくともプロはいません。

プロとは、本気でお客さんの事を
考えてくれる人の事です。


あなたの自転車を選んでくれた人はいつもそこにいますか?
何年たっても毎回その人が見てくれますか?
営業している時には必ずその人がいますか?
何かミスをしたときにその人が誤ってくれますか?
その人が責任を取ってくれますか?

売る事だけを考えている
利益優先のお店に本当のプロはいません。


このタイヤは本来ならあと1〜2年は使えたでしょう。
タイヤの溝はまだまだありましたから。
本来今回パンクなどしていないはずです
パンクどころかタイヤ交換になってしまった事は
大きな損害と言えるでしょう。

とても残念な事です。

お客さんは「ヤマハの自転車なんだから安心して買った」
と言っていましたが、ヤマハがいくらいいものを作っても
組み立てる人間が素人ではどうしようもありません。


とても精巧に出来た数万するプラモデルを
幼稚園児に組み立てさせたらどうなるでしょう?

誰にでもわかりますね。

一番大事なのは、誰が組み立てて
誰がチェックしたのかです。


それが解らないようなお店で買ったり修理すれば
当然、こういう結果を招く確率は高くなります。

モノを選ぶときに、値段や名前ばかりに気を取られていると
結果的に多くの金額を払う羽目になり

信頼を裏切られてがっかりする事になります。

しかしそれを「お店が悪い」と決めつけて終わるのではなく
お店選びを失敗した自分の反省にしてほしい
と私は思います。

特に自転車の場合は技術が一番重要ですから
そこを見極められなければ
失敗を繰り返すことになるでしょう。

ユーザー側が賢くなり、このような被害者
一人でも減ることを願うばかりです。
posted by シンワ店長 at 11:38| 修理

2018年06月04日

1万円も払ったのに

よく、安い自転車に乗っている人は
安からダメだとか、中国産だからとか
ドンキで買ったから、とか言います。

あるお客さんは、ハンドルがクルクルなって
まともに走れなかったとぼやきます。

それって、1万円だからだと本当に思っていますか?

確かに安い自転車は、錆が出やすかったり
弱いタイヤのせいですぐにパンクしたり
勝手に爆発したりするのは事実
ですが
ハンドルが曲がるのは自転車のせいではなく
組み立てた人間のせいです。



そもそも1万円も払って買ったものがおかしいのに
「安物だから」と諦めて不良品を手にして
店に文句も言わず、他で愚痴るというのは
私には理解できないことです。

日本人の悪いところですね。

確かにメーカー車に比べたら1/3くらいかもしれない。
でも1万円も払ってるんですよ?

そういう方が、自分で選んだにもかかわらず
安いせいにして鳴き寝入ることによって
次の被害者が出てきている、あるいは自分がそうである

なぜ気づけないのでしょうか。

仮にミスだったとしても、文句を言わなければ
店の方もそのミスに気づけません。
ずっとそんな状態が続いて被害者が増えるだけです。

だから次から次へと、ヨーカドーで買った電動自転車が
ハンドルがグラグラする
といって当店に来られたり
ギヤの調整ができてないまま走ってしまう事で
ギヤを破壊して大きな修理に持って来られるのです。

安い自転車じゃないですよ?
15万くらいするメーカーの子供載せ電動自転車ですよ?

解らないからとか
安かったから仕方ないとか
ネットで買ったからとか


そんなのただの泣き寝入りですよ!

貴方のお金がむしり取られてるだけです。

買ったものがおかしかったら
きちんと文句をいうべきです
購入者にはその権利があるのですから。
posted by シンワ店長 at 11:04| 日記

2018年06月01日

6月の営業について

今月の臨時休業はございません。

通常営業10:00-19:00
日曜祝日10:00-17:00

水曜定休です。
posted by シンワ店長 at 13:12| お知らせ

2018年05月20日

要求と義務

最近は多様化の時代のせいで、個人解釈が強すぎるのか
義務を怠っているのに主張だけををする方が増えて
困ってしまう事が多々あります。

メーカー登録していなければメーカー保証は受けられません

当たり前ですが、当たり前の話です。
当たり前すぎて日本語がおかしくなります。

サイクルショップシンワでは
他のテキトウなお店と違い
自転車販売時に必ず書類のお話をします
し、
他のお店では絶対教えてくれない
自転車を長く使うための秘訣を書いた用紙を
同封させていただいています。

それだけでなく、自転車の使い方
空気の重要性、点検の重要性
盗難補償の件、鍵の再発行の件など
必ず口頭でもお伝えしてからお渡ししています。

電動自転車であればバッテリーの使い方や寿命など
細かい部分まで、おそらく「もういいよ(笑)」
ってくらい説明をしています。

修理に関しても、どうして壊れたかをきちんと伝え
次につながらないようにアドバイスをしています。

その時にはっきりわからない修理の際は
今一度様子見ということを伝えて
お金を頂かないこともありますし
例えばパンクが見つからない場合も
調べる料金は頂きますが、万が一があるので
10日以内くらいであればレシートをお持ちいただいて
その分差額で修理することは必ず伝えています。


これはプロとして当たり前の事で
仕事はすべて完了して初めて報酬が発生するものであり
中途半端な修理に正規の金額は頂けない
というのが私のポリシーです。


他の人は知りませんし、強要もしませんが
少なくとも私は、そういう気持ちで仕事をしています。

しかし、こちらの説明を聞かず
メーカー登録をしないでサポートが受けられなかったり
こちらの話を聞かず「そんなの聞いてない」
と言われたり
理不尽な主張を受けることがとても増えて困っています。

伝えた方と別の方が来店され
「そんなの聞いてない!」と言われても
その方に話していませんから当然です。

このように全く話が通じないケースもたまにあります。

それでいて「なんて傲慢な店だ」とか
「態度が悪い」と言われても
私は本来できるはずのサービスが
お客様のミスで出来ない方が、よっぽどもどかしいです。

メーカー保証だから無料で直せるって
本当に無料だと勘違いしてませんか
その仕事に誰が報酬を払うか、その仕組みがどうなってるか
考えたことがありますか?
メーカー登録してあるからこそ、当店に紐づけられて
メーカーから手数料を頂けるんです。
だから無料で修理ができるんです。

本当にタダ働きならただのブラックですよ

お店は、毎日帳簿をつけています。
当店で修理をしたもので、レシートさえあれば
伝票の変更は後からでも可能ですが
その紐づけができなければ、帳簿がおかしなことになります

最悪、帳簿操作で脱税で疑われる可能性まで出てきます。

ですから、口約束だけではなく
こちらが(100%直っているのか)
疑わしいと思った修理に関しては
もしもの際の対応の説明と共に、
必ずレシートをお渡しするのです。

多様化している時代ですから、どこで買ってもどこで直しても
ユーザーに選ぶ権利がありますが
こちらの説明や話を聞かずに、やる事をやらないで
自己主張だけ強く言われても、残念ですが対応はできません。

それはどのお店に行っても同じ事ではないでしょうか。
posted by シンワ店長 at 13:45| 日記